英語の勉強法一覧

スポンサーリンク

スウェーデンの大学院ではほとんどのプログラムが英語で実施されます。そのため高度な英語力がないと授業についてくことも文献を読破することもできません。もちろんTOEFLでも高い点数が必要とされます。ぼく自身がそん中で身につけた、英語の勉強法を紹介した記事をこちらのカテゴリーでまとめています。参考にしてください。

30日デュオリンゴチャレンジはじめました!意識低めの目標こそ持続可能。

誰か #30日デュオリンゴチャレンジ しません? ルール①1日最低1回デュオリンゴやる ②毎日やるレベルや回数は自分で決める ③毎日完了したらのハッシュタグつけてツイートする④いつもやってるあの人がやってなかったらリプ飛ばしてリマインドしてあげる どうでしょう?

留学前に知っておけば良かったTOEFLの勉強法のこと|そもそもTOEFLよりも…

ここで紹介しているのは、実際にぼくがやっていた勉強法と、今から思えばこうやっておけばよかったという勉強法の両方が混ざっています。このように自分なりに勉強法をまとめましたが、今思えばTOEFLの受験中にこれだけはもっと早く知っておけば良かったと思うことが2つあるので紹介します。

まだ留学会社に頼ってるの?これからは自前で安く海外留学する時代ですよ!

留学エージェントとは、海外留学を手伝ってくれる会社のことで留学先の学校の手配や手続きなどを進めてくれます。その分、仲介料などを支払うことになります。中にはぼったくりともとれエージェントもあります。だからやっぱ自分で手配してしまうのがいいんですよ

海外の大学への願書・履歴書の書き方がわからない人におすすめ!オンライン添削サービスを実際に使ってみた

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。

英語の翻訳・記事作成をオンラインで外注できるおすすめサービス8選

英語の記事を量産しているメディア多いですが、その中で外注サービスを効率良く利用しているのは限られているでしょう。しかし今では、「クラウドソーシング」を通じてこれまでになく簡便に仕事を頼めるようになりました。英語の翻訳・記事執筆が外注できるサービスをまとめたので、ぜひ活用してみてください。

北欧留学するまでに受けたTOEFLの点数をすべてさらしてみる

今回はこれまでの過去に受けたTOEFLの点数を晒してみたいと思います。この点数の推移をみれば、「こんな凡人でもなんとかして北欧留学できるようになるんだなw」「TOEFLって勉強すればするほど本当に点数があがるわけではないなw」とほっこりすること間違いなしです。

TOEFLでも英検でも通じる!現役海外大学院生が教える英語のスピーキング力をつける方法

これまでスピーキング力が試されるTOEFLを突破し、スウェーデンの大学院に通って多国籍の企業で働く中で、どうしたら日本にいながらスピーキング力をつけることができるか考えてみました。その前にまず英語におけるスピーキング力とは何か、考え直す必要があります。

現役海外大学院生が教えるTOEFL攻略法:ライティングで使える参考書と活用したいウェブ添削

TOEFL IBTで80点を取るために必要な点数配分の理想は、リーディング 23点、リスニング 22点、スピーキング 15点、ライティング 20点ですが、真っ当に訓練をしていればたいていの場合、日本人はライティングでは20点以上はとることが可能です。しかし、スピーキング、リスニングで点数がとれない場合も考えると、ライティングで20点以上を稼いでおき、25点以上を目指すのが得策でしょう。

海外に仕事を発注・依頼するなら Freelancer.comがおすすめ!登録方法を解説

特に、海外に進出を検討している製品、アプリのローカライズ、単純に英文校正、翻訳、通訳、英語記事の作成など、日本人のクラウドワーカーにはできない仕事をやってもらうには、freelancerを利用するといいでしょう。

学校で英文添削は古い?ネットで英作文を添削できるおすすめアプリを3つを紹介!

英文ネット添削が完全に初心者という方は、まずは無料でできるLang-8でお試しをするといいです。それで要領をつかみTOEFLやIELTSなどの試験勉強のために、本格的な英語添削を必要するレベルになったらアイディー、留学して論文などを書くレベルになったらGrammarlyへと移行していくのがいいでしょう。

日本人が海外で「英語を使わないで」できる仕事はこんなにある!

海外に暮らす日本人は、英語などの何かしら現地の言語を使って仕事をしようとします。しかし、今は時代が違います。発想を変えましょう。今はインターネットとパソコン一台さえあればできる仕事がごまんとあります。場所も時間も問わずにできる仕事があるものです。それも日本語だけで。

スペル・文法チェックができる英文校正アプリGrammarlyが高精度でおすすめ!論文のチェックにもぜひ。

Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。

TOEFLの必要点数が下回っても北欧留学する方法

僕が初めてスウェーデンのストックホルム大学に私費留学で来たのは2012年の1月でした。それまで約一年半以上前から留学を決心して、毎日TOEFL IBTの必要点数を獲得するために英語漬けの日々を送ってきました。スウェーデンの大学はTOEFL IBTの最低点数は基本80点が必要でした。

【保存版】ヨーロッパ在住4年目がおすすめする海外旅行・留学で必須のアプリ・ウェブサービスまとめ

ヨーロッパ在住4年以上が経ちましたが、その間お世話になったウェブサービス・アプリをまとめました。前回は語学系でまとめましたが今回は、旅行や生活で利用したものです。 ほとんどが今でも利用してます。

スポンサーリンク