TopAdmitで実際に使った英語の志願理由書を添削してもらいました。志願理由書のビフォーアフターを公開。

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

こちらの記事でも紹介した、英文の志願理由書・カバーレターの添削サービスTopAdmitで実際に添削してもらった英文のビフォーアフターを有料記事限定で公開します。

関連記事

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。

提出した書類は、この夏にアプライしたUNESCOの志願理由書。パリの本部に勤めている友人が、求人情報を送ってくれて志願を勧めてくれたので重い腰を上げて志願理由書を作成しました。ぼくは学校外教育が好きで、公式的なインスティチューションにはあまり興味がありませんでしたが、友人と知り合ったのは何かの縁だったのでアプライすることにしたのでした。

その時に作成した志願理由書(Cover Letter)がこちら。

UNESCOに務める友人に添削してもらったものです。結局、受からなかったのですがこのやり取りの過程で英文がいい感じでブラッシュアップされたことは確かです。

しかし彼女もネイティブではないし、プロの添削者ではありません。そういうわけでたまたまみつけたTopAdmitという英文添削サービスを利用してみたのです。

 

ビフォー:添削される前の文章

こちらがTopAdmitで添削される前のカバーレターの内容です。

続きはこちらのnoteの有料記事で公開しています。 もしくはTatsumaru Timesのプレミアム会員(350円/月)に登録し、ログインすると、全文が読めるようになります。有料会員(プレミアム・サポーター)は、その他の会員に限定公開している記事もすべて読めるようになるようになります。 なお会員限定記事は、転載・漏洩一切禁止しています。
ログインは以下からどうぞ。
この続きを見るには有料会員としてログインする必要があります。会員について

関連記事

スポンサーリンク







   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学で必須のサービス3つ!

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。
Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
英文の履歴書がないことにはいくら海外で仕事を探そうにも、仕事がみつかるわけがありません。そんな中、発見したのがこの英文レジュメ添削サービス「My Perfect Resume」だったのです。実際に作成してみて、とてもよかったので紹介します。