大好評!ブログでは書けないぶっちゃけ記事を有料メルマガ限定で配信中➡️詳細こちら
コラム

社会を変えていく日本の若者と過ごしたある日のボヤキと涙

3月は、若者系のイベントづくしであった。国レベルの若者政策のへ参画、地域における若者の教育・余暇活動、そして若者の政治教育という異なる3つのテーマで、うち2つ招待をいただいた。どれも重なりそうなテーマだが、自分と同じように全てのこれらのイベ
DJ

スウェーデンの世界的DJ、Aviciiが突然死。彼の何が世界を熱狂させたのか?

2018年4月21日、早朝。ひさしぶりに仮想通貨が高騰し、塩漬け状態だった通貨をいくらか売りさばいてしまおうか考えているとき。スウェーデン在住の友人から知らされたのは、Aviciiの訃報でした。 スウェーデンの伝説のDJ、Aviciiが突
ブログ運営方法

プラグインなしで可!WordPressで過去の投稿を複製する方法が簡単すぎた…!

過去の記事のひな型を使って新しい記事を書きたいときってありますよね。 それこそ僕だとこちらの旅行記事では毎回、出だしが同じだったので、複製したところから始められたらいいなと思っていました。 もちろんそのようなプラグインは既に存在し、
ブログ運営方法

ヨーロッパ留学、海外移住の情報の宝庫!Tatsumaru Timesの掲示板をリニューアルしました

掲示板をリニューアル! たっぺいです。4月になって毎日がっつり働いています。身の上話は、また今度させてください。 サイトのリニューアルに伴い、これまで運用していた「フォーラム」も新調しました。 きゃー! 北欧留学、海外移住のレア
ユースワークと若者政策

高校生のプロジェクトを大人が審査できようか?

先週は、「全国高校生マイプロジェクトアワード」の審査員を努めさせていただきました。スウェーデンの若者政策の研究者としてその時に感じたこと、考えたことをまとめます。 全国高校生マイプロジェクトアワードとは? 「全国高校生マイプロジェクトア
ユースワークと若者政策

なぜスウェーデンは子どもの権利条約を法制化するのか?|スウェーデン子どもオンブズマンに聞いてみた

子ども・若者の生活状況をよくするために重要な役割を果たす第三者機関として、「子どもオンブズマン」というものがあります。「オンブズマン」という言葉は、もともとスウェーデン語で「代理人」を意味し、市民の権利を行政機関が侵害していないかを「監視」
キャリア・生き方

沈みゆく日本の大学業界をこれからの若手が生き抜いていくには?

この3月上旬、オスロはノルウェーへひとっ飛びしてきました。何気にノルウェー入りは初でちょっとだけワクワクしました。今回、オスロへ旅立ったのは国際学会で発表のためです。Nordic Educational Research Ass
ブログ運営方法

海外では海外では〜はうざい?「海外出羽守」の発信者も批判者も気をつけたいこと。

海外出羽守とは? 海外出羽守(かいがいでわのかみ)とは、「〜の国では」と何かにつけて海外の事例を引き合いに出して語る人のことです。 ぼく自身、ヨーロッパに住んで学問的にも、時にはただの雑感としても多くの海外事例を紹介してきました。し
フリーランス

【秘伝】失敗しない海外視察のコーディネート術を徹底伝授!

日本からスウェーデンへの視察は盛んです。様々な分野から視察団が渡欧するが、私はその中でも、若者支援、教育などの分野で視察のコーディネートをお願いをいただきます。先日もNPO法人わかもののまち静岡という、まちづくり系のNPOの視察のコーディネ
会員限定記事

奨学金も仕送りもなしでこうして北欧留学しきった! スウェーデン留学時の収入を完全公開

有料メルマガの配信から1ヶ月が経とうとしている。 この間、有料記事ではどのようなコンテンツを配信しようか慎重にテーマ選びをしている自分がいることに気づいた。なぜなら、有料メルマガはお金を頂いていること、クローズドであるということ、そし
キャリア・生き方

不確実性の高い時代の根を張らない生き方のすすめ:その2〜「やりたいこと」との向き合い方

2017年の暮れに、母校である静岡県立大学にて講義をしましたのでその講演録をシェアします。キャリア概論という授業で、ぼくの師匠である津富教授に招かれて授業をさせていただきました。題目は「根を張らない生き方」。というわけで今回は前回の講義に引き続き、この授業の後半の座談会の様子をお届けします。
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

なぜ生徒会の活動は重要なのか?スウェーデンの生徒会の全国組織のトップに聞いてみた

今回、スウェーデン全国生徒会組合の現在の代表であるリナさんにインタビューをしました。組織のミッション、活動、運営体制などひと通り質問しつくして、視察団が最後に聞いた質問がこちら。「なぜ生徒会の活動が大事だと思いますか?」 するとこんな回答をサクッといただきました。
キャリア・生き方

不確実性の高い時代の根を張らない生き方のすすめ:その1〜ヨーロッパで変わったキャリアの常識

2017年の暮れに、母校である静岡県立大学にて講義をしたので、その講演録をシェアします。キャリア概論という授業で、僕の師匠である教授に招かれての授業でした。 いただいた題目は「根を張らない生き方」。  自
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

被選挙権年齢を下げたその先へー改めて考える若者参加が必要な5つの理由

被選挙権年齢の引き下げを「若者の政治離れの食い止め」「党勢の拡大」に留めないために 先日、自民党内で被選挙権年齢を「20歳以上」に引き下げる案が浮上したことが話題となっている。このタイミングでの被選挙権年齢の引き下げの理由は「若者の政治離
会員限定記事

フリーランスの仕事の報酬はどう決めるか? 海外視察コーディネート・通訳の場合

最近、仕事に関する質問をよくいただく。 その中で、特にフリーで仕事をする上で報酬をどのように決めればいいのか?という質問が多い。私もフリーランスで、コンサル、通訳、視察コーディネート、執筆などの仕事を請け負って生計を立てている
アプリ・ウェブサービス

Amazon Pollyでブログを読み上げ&ポッドキャスト配信する方法|Amazon Polly対応のブログになりました

おわかりいただけるだろうか。ぼくのブログ、「しゃべる」ようになったんです! ちょっとやばい。ブログの未来をみた。。 Amazin PollyっていうWordPressのプラグイン入れたら、ブログの文章勝手に読み上げてくれるようになっ
アプリ・ウェブサービス

インタビューをiPhoneで録音しながらMacBookでメモをとる人が知っとくべし機能がこれ

会議でも取材時のインタビューでも、大学の講義でもそうですが、みなさんどうやって音声録をとっていますか? 最近では、音声レコーダーを使わないで、スマホでとる人も多いはず。iPhoneだったらボイスメモ、Androidだって音声レコーダー
キャリア・生き方

こんな時代にブロガーが有料メルマガをする理由

メルマガ版 Tatsumaru Times ブログでは書けないぶっちゃけ欧州最前線!の配信が始まりました。購読者数もじわじわと増えています!先週配信した記事をこちらでチラ見せします。メルマガ登録はこちらからどうぞ! 私がまぐま
キャリア・生き方

「海外ではフリーランスが多い」は本当か?ヨーロッパのフリーランス人口を調べてみた

個人が事業主となり、自由な働き方をするフリーランスの人口が増えています。 欧米先進国で増えるフリーランス人口 ランサーズの調査によると、2017年の日本では1,122万人と人口の17%がフリーランスということです。これは2016年より5
ユースワークと若者政策

あるヨーロッパの若者のライフスタイルからみる日本でリカレント教育が流行らない理由

メルマガ版 Tatsumaru Times ブログでは書けないぶっちゃけ欧州最前線!の配信が始まりました。「号外」としてリリースした記事をこちらでチラ見せします。 全文を読むにはメルマガのバックナンバーを購読するか、会員限定記事が読め
北欧へ留学する方法

【センター試験のムーミン問題】|元北欧留学生が解いてみた

先日こちらのイベントで登壇しました。 若者と政治家のコミュニケーションについて考える会で、NPO法人YouthCreat が主催です。代表の原田とは7年くらい前から互いに学生団体で活動でしていた仲です。 このイベントのア
アプリ・ウェブサービス

音声版ツイッター「HearMeOut」がカオスで楽しかった!Voicy無理ならこれで練習もあり

Voicy が流行っていますね〜 とても褒められてる。照れるw Voicyなど音声メディアの「未来と楽しみ方」とは? @takeee814?lang=jaさんから — 緒方憲太郎(Voicy代表) (@ogatakent
海外旅行術

一生に一度は経験したい北欧フェリーを自分で予約する方法|これでスウェーデン、フィンランド、エストニアも船で制覇

息をのむ、バルト海クルーズの朝日! 「一生に一度は行ってみたい」場所として選ばれるのが多いのが北欧です。 北欧は夏には白夜にフィヨルド、冬にはオーロラ、と季節により異なる魅力を持つ地域です。一年中息を呑む
海外旅行術

ドイツのアウトバーンで300kmぶっ放し!路上ギターの聖地はシュツットガルトだった!|空路なしのヨーロッパ縦断の旅2017

2017年の5月からシベリア鉄道で北欧入りをし、その後ヨーロッパ縦断の旅へ。今回は、南ドイツの小都、シュツットガルトでの旅のつぶやきをまとめます。
海外旅行術

Norwegian Airではマイルは無理だけどCashPointsがたまるよ!

最近、ようやくマイルを貯めはじめました、たっぺいです。 この11月にスウェーデン入りした時に、Norwegian Airを初利用しました。ノルウェーの格安航空会社(LCC)です。 機内でWifi使えるのは嬉しかったですね〜
スポンサーリンク