#30日デュオリンゴチャレンジ はじめました!|意識低めの目標こそ持続可能。

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

ふと実家のある田舎でジョギングしているときに思いついたのです。

デュオリンゴとは、以下の記事でも紹介している超優秀な語学アプリです。

関連記事

ぼく自身も海外生活を始めて新しいアプリをいろいろと試してきましたが、巷に溢れている語学アプリは、正直くそアプリばかりです。が、出会ってしまいました本物のアプリに。この質で本当に無料なのがどうかしています。

アプリかよ。

いや違うんです。ただの語学系アプリじゃないことは、この記事で証明されています!

そのくらいすごいんです。

僕もスウェーデン留学していた時は、備忘用としてよく使っていたのですが日本に帰ってきてからは全然手つかずだったんです。

しかし、これからもスウェーデンを行き来することもあるし、研究のためにスウェーデン語も、もっとできるようになりたいのです。だからといってスウェーデン語の授業受けるとかちょっと違うし、「教室の授業」が僕は好きじゃないので…腰痛くなるし…

じゃあ一番手軽なアプリからやるか。

ってことでデュオリンゴです。意識低めです..

スポンサーリンク




30日チャレンジとは?

ちなみに30日チャレンジとはこれのことです。

“自分の人生に加えたいといつも思っていたことを取り上げ、それを30日間、試しにやってみるのです”

それだけです。彼は、もともとオタッキーなエンジニアでしたが、30日チャレンジで様々なことに30日トライしてみることで、それを習慣化し自信をつけ最終的には小説を書き上げたり、キリマンジャロの登頂も成し遂げたというのです。

キリマンジャロ登頂しなくてもいいけど、とりあえずやってみて悪くなさそうなのでやってみることにしました。名付けて #30日デュオリンゴチャレンジ

ゴールは、30日間毎日、デュオリンゴをやり続けるだけです。

増える挑戦者!

1人でやるのもあれだし、監視してくれる人がいるといいのでTwitterで呼びかけたところ…

挑戦者続出!

こりゃますます逃げられなくなりました。

そういうわけで挑戦者のリストも作ってみました。完了したら、#タグつけてつぶやきメンション飛ばしてリマインドしています!

言語を決めて、開始日と終了日をカレンダーに書き込むだけ。そしたら ##30日デュオリンゴチャレンジ つけてつぶやいくれれば、リマインド飛ばしますよ〜

クラブもやってるよ

デュオリンゴのアプリ内に「クラブ」という参加者の学習状況がわかるグループがあるのですが、それを作ってみました。残念ながら同じ学習言語でないとジョインできませんが…。

小さな変化こそ持続可能

30日チャレンジを提唱したマット・カッツはこう言います。

small change (小さな変化) = sustainable (持続可能)

小さな変化こそ持続可能であると。

あまりに目標が大き過ぎては、続きませんし習慣になるわけないですもんね。ブロガーのアンチャもこちらの記事で、

「ブログが続かない」のは「歯を磨く」レベルまで落とし込めてないからだ

という名言を残していますが、まさにのその通りでデュオリンゴしなきゃ気持ち悪くて寝れない!レベルに持っていきましょう。

そして30日後はまた新たなチャレンジを。

しかし意識は低めで。

挑戦者まだまだ募集中〜!


※この記事は、Duolingoとのアフィリエイトは一切ありません

関連記事

スポンサーリンク







   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学で必須のサービス3つ!

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。
Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
英文の履歴書がないことにはいくら海外で仕事を探そうにも、仕事がみつかるわけがありません。そんな中、発見したのがこの英文レジュメ添削サービス「My Perfect Resume」だったのです。実際に作成してみて、とてもよかったので紹介します。