北欧留学するまでに受けたTOEFLの点数をすべてさらしてみる

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

2012年1月からストックホルム大学に、学部で私費留学をしました。

北欧でも北米の大学と同じようにTOEFL IBTの点数が必要になります。スウェーデンの大学は、北米の大学ほどに基準点は高くはありませんが、それでも最低80点は必要になります。(交換留学はもっと低くても大丈夫だと聞きました)

スウェーデンの大学入試の窓口は、University Admission から志願します。

僕が志望していたのは、スウェーデンの8つの大学のプログラムでした。その中のTOEFL最低必須点数は72点でした。なので、目標点数は、リーディング(R) 22点、リスニング(L) 23点、スピーキング(S)15点、ライティング(W)20点の、合計スコア(T) 80点。それで最低72点を超えればいいかと。

TOEFL IBTの準備期間は約1年半にも及びました。その間、受けた試験の回数は8回。一回の試験に2万円近くしていたので、とんでもない出費でした。というわけで今回はこれまでの過去に受けたTOEFLの点数を晒してみたいと思います。この点数の推移をみれば、「こんな凡人でもなんとかして北欧留学できるようになるんだなw」「TOEFLって勉強すればするほど本当に点数があがるわけではないなw」とほっこりすること間違いなしです。

 

TOEFL IBTの点数は一定の期間が経つと、スコアを閲覧することができなくらので、過去のメールを掘り出して入手できた点数を確認しました。

続きはこちらのnoteの有料記事で公開しています。

もしくはTatsumaru Timesのプレミアム会員(350円/月)に登録し、ログインすると、全文が読めるようになります。有料会員(プレミアム・サポーター)は、その他の会員に限定公開している記事もすべて読めるようになるようになります。
なお会員限定記事は、転載・漏洩一切禁止しています。

ログインは以下からどうぞ。

この続きを見るには有料会員としてログインする必要があります。会員について

関連記事

スポンサーリンク







   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学で必須のサービス3つ!

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。
Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
英文の履歴書がないことにはいくら海外で仕事を探そうにも、仕事がみつかるわけがありません。そんな中、発見したのがこの英文レジュメ添削サービス「My Perfect Resume」だったのです。実際に作成してみて、とてもよかったので紹介します。