初の単行本『若者からはじまる民主主義ースウェーデンの若者政策』好評発売中!

スウェーデン

ストックホルム

ライフハッカーの「2016年に移住したい世界22都市」でストックホルムを推しておきましたよ!

寄稿をしていたことをすっかり忘れていました。 またまたライフハッカーで今回はストックホルムについて書きました。 2016年に移住したい世界22都市:「ストックホルム」in スウェーデン | ラ...
2017.05.08
アプリ・ウェブサービス

iPhone 5 を1万8千円で落札できたスウェーデンのオークションサイトTraderaの使い方を教えるよ!

ようやくiPhoneを5にしたタツマルです。笑 なんとスウェーデンのオークションサイトTradera(トラデーラ)で約1万8千円でお得にゲットできたのでそのやり方を紹介します。 ...
2016.02.05
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

毎日新聞の特集ワイドでのコメントが掲載されました。

1月21日付の毎日新聞の特集ワイドにぼくのコメントを掲載いただきました。 毎日新聞 |特集ワイド「18歳選挙権」で文科省が新通知 高校生だって、政治に関わりたい! 以下の部分です。...
2021.08.23
メディア掲載

【報告】朝日新聞の記事をお手伝いしました。

1月9日付の朝日新聞のこちらの記事、お手伝いしました。 (18歳をあるく:6)自信持てる、自分の居場所:朝日新聞デジタル 主に以下の部分です。本文より転載。 欧州の国々は、若者の高い失業率が...
2017.02.16
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

まだ18歳で投票してるの?スウェーデンが16歳選挙権を検討する理由6つ

国際的にみて日本は若手国会議員が異常に少ないです。 2014年時点では、日本では722人中のわずか4名が30歳以下、つまり全体の議員数のうちわずか0.6%しか30歳以下の議員がいないのです。ひる...
2019.07.23
若者政策

大学の学費が無料でさらに給付型奨学金ももれなくもらえる社会ってどんだけ若者にやさしいんだか

またまたライフハッカーのこちらの記事をお手伝いしました。  フィンランド人に聞いた「ベーシック・インカム」の実現性 | ライフハッカー[日本版]. といってもフィンランド人の友人を紹介した...
2016.08.04
ストックホルム

スウェーデンと日本の飲食店で働いてみてわかったマナーと働き方の違い

スウェーデンにきて一時、日本食レストランで働いていたことがありました。 日本でも学生時代には居酒屋2件、クラブバー2件で働いていたこともあるぼくからすると、スウェーデンの飲食店でのマナーや仕事の...
2018.05.06
子ども・若者参画

スウェーデンの若者の余暇活動政策における若者参画の発展と実際 – スライドを共有します

今年の5月に静岡の「わかもののまちしずおか」にお招きいただきスウェーデンの若者政策と若者の参加の実践についてのお話をさせていただきました。 盛りだくさんな内容にもかかわらず、多くの人に来場いただ...
2017.04.27
組織・団体紹介

若者を「問題」と考えない愛知県新城市がすばらしい。

静岡で若者による、まちづくりの活動をしている後輩がいい記事を書いています。 新城市の若者議会から考える国内における若者政策の発展 | わかものうぃーくす 愛知県新城市の「若者議会」...
2017.11.02
ストックホルム

ストックホルムの『ミートボール専門』レストランが専門的すぎた!

グルメな日本人は、スウェーデンに来たらとりあえず「ミートボール」を最初に食べようとします。 もう、どこのレストランで食べればいいかもう迷う必要ありません。ここへ行ってください。 その名も「...
2019.09.06
アプリ・ウェブサービス

スウェーデンのクイズアプリ「Pixduel」が北米で空前の大ブームな件

ぶっとばしています。 こちらの記事で、スウェーデンのスタートアップが全世界で5000万ダウンロード突破した雑学クイズアプリ「クイズクラッシュ」を開発したことを紹介しました。 同記事...
2015.12.06
北欧のスタートアップ

海外の就活で年齢がハンデになることがあるか?ITエンジニアの仕事は海外にもあるのか?

ask.fm でこんな質問をいただきました。 はじめまして。準旧帝レベルの国立大で情報科学を学ぶ大学1年目の者です。北欧就職(スウェーデン希望)に興味があります。向こうの大学院への進学を取っ掛か...
2020.12.21
DJ

スウェーデン製の高級感あふれるイヤホン「sudio」がいい感じ!

「北欧のスタートアップがいけている理由」でも触れていますが、世界的音楽ストリーミングサービス「Spotify」を代表とするIT系のスタートアップの興隆は目覚しいものがあります。その流れの中で、今スウェーデンであついのが「イヤホン・ヘッドホン」業界です。
2016.08.04
スウェーデン留学記

TOEFLの必要点数が足りなくても北欧留学する方法

僕が初めてスウェーデンのストックホルム大学に私費留学で来たのは2012年の1月でした。それまで約一年半以上前から留学を決心して、毎日TOEFL IBTの必要点数を獲得するために英語漬けの日々を送ってきました。スウェーデンの大学はTOEFL IBTの最低点数は基本80点が必要でした。
2019.01.06
組織・団体紹介

「御用生徒会」が本物の生徒会になる方法 〜スウェーデン生徒会組合の取り組み〜

スウェーデンの生徒会は、学生自治の度合いがとても高いです。今日の具体的実践や、学生自治会の歴史をさかのぼって、御用生徒会が本物の学生自治会へと進化した過程を紹介しています。
2018.03.05
スウェーデン留学記

スウェーデンで学生ビザを申請する方法と注意すべしポイント

スウェーデンの大学に留学、または修士課程で渡欧した場合でも習得しなければいけないのが、居住許可証 (Residence Permit)です。スウェーデンでの居住を許可している証明証です。これがないとス...
2019.03.12
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

スウェーデンは学校で「政治的中立」をどのようにして保っているのか?

日本では学校で政治について教えられることがありません。それは教育基本法が定める「政治的中立」への過剰な配慮が理由とされています。ではスウェーデンではどのようにして政治的中立が学校で保たれているのでしょうか。具体的にみていきます。
2020.06.15
スウェーデン留学記

スウェーデンで日本人の私費留学生・大学院生が、学生ビザを習得するために必要な書類

スウェーデンの大学に留学、または修士課程で渡欧した場合でも習得しなければいけないのが、居住許可証 (Residence Permit)です。スウェーデンでの居住を許可している証明証です。これがないとス...
2017.05.08
スウェーデン留学記

日本人留学生の学費が有料化したスウェーデンで、それでも僕が無料で大学で勉強できている訳

僕がスウェーデンに来たのは2012年の1月でした。以下の記事にもありますが、スウェーデンは2012年からEU圏以外の留学生の学費を有料化しました。(それまでは無料で、フィンランドとノルウェーは今でも無...
2019.01.06
ストックホルム

スウェーデン ・ストックホルムのおすすめのホテル13選!実際に泊まったホテルを紹介

「トリップアドバイザー」などのホテルサイトは、結局いいところしか書いていないのであまり参考になりません。ということで、これまで自分が泊まったところ・ストックホルムを訪れた友人が泊まったホテル10箇所を徹底レビューいたします。よくないホテルも紹介しますよ。
2020.12.21
アプリ・ウェブサービス

北欧のスタートアップがイケてる理由 – ライフハッカー[日本版]に記事を寄稿しました。

僕も長いこと読み続けているウェブマガジン、ライフハッカーに載ってしまいました。 今回の記事は、僕が大学院の学業のかたわらに、パートで働かせてもらっているモバイルゲーム会社FEO Media ...
2019.04.02
若者政策

比較教育学会に入会しました。

報告です。タイトルの通りです。 日本比較教育学会の会員になりました。お世話になっている先輩に推薦をいただきまして、無事になることができました。学会誌も届きました。 入会した...
2015.12.06
アプリ・ウェブサービス

シリア難民受け入れ、ネットからできる支援先をまとめました。

シリア難民の波がスウェーデンにも来ています。先日も地方都市ヨンショーピンから電車で帰ってくるときに、中央駅で多くの警察官、赤十字、支援団体が駅で待っているところに遭遇しました。 各国の受け入れ数 日...
2015.12.06
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

スウェーデンの若者の投票率が相変わらず高いです。というかさらに上がっています。

若い層の選挙投票率が高いことで有名なスウェーデンですが、先日、昨年のスウェーデンの総選挙の若者の投票率の結果をまとめているレポートを発見しました。改めて、投票率が高い理由をまとめました。
2017.10.30
お得に旅をする方法

スウェーデンで役に立つ旅行者・留学生に必須のアプリ7選

スウェーデンにきたら、スウェーデンの便利なアプリを使いまくって快適に旅して、日本とはまた一味違ったスウェーデンの最先端ITを楽しみましょうよ。
2018.06.27
タイトルとURLをコピーしました