初の単行本『若者からはじまる民主主義ースウェーデンの若者政策』好評発売中!

スウェーデン

北欧へ留学する方法

北欧留学するまでに受けたTOEFLの点数をすべてさらしてみる

今回はこれまでの過去に受けたTOEFLの点数を晒してみたいと思います。この点数の推移をみれば、「こんな凡人でもなんとかして北欧留学できるようになるんだなw」「TOEFLって勉強すればするほど本当に点数があがるわけではないなw」とほっこりすること間違いなしです。
2019.01.06
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

「若者 投票率 上げる 方法」で検索するなら読んでおきたいスウェーデンの若者参加の記事9選

タイトルの通り「若者 投票率 上げる 方法」とネットで検索してくる方に向けて、このブログでこれまで発信してきたスウェーデンの若者参加の記事をまとめました。 このキーワードでネット...
2017.01.09
北欧へ留学する方法

北欧留学を必ず実現する方法をまとめた有料マガジンをリリースしました。

note で有料マガジンをはじめました。 note とは、記事や写真・映像などを切り売りできるブログサービスです。 記事を作品として売るこの機能を使って、「有料マガジン」を売ることがで...
2018.01.31
スウェーデン

【保存版】ストックホルムで夜遊びするならここ!おすすめクラブ25選を徹底ガイド

ストックホルムのホテルのレビューと同じように、星付け評価もしてみます。総合オススメ度、プライス、アクセス、ファンシー度、ヒップ度で評価します。プライスは★が多いほど、高いとします。ヒップなクラブ、ファンシーなクラブ、その他の個性的なクラブという三つのカテゴリー大別しました。留学・旅、仕事でストックホルムを訪ねている人に参考になればと思います!
2019.09.06
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

若者協議会、ユースカウンシルとは何か?スウェーデンの事例から

スウェーデンの若者参加について、今回はなんとスウェーデン人の研究者のジャネットが語ります。スウェーデン第二の都市、ヨーテボリにある若者協議会がこれまで変えてきたこと、若者のための運賃無料化、政治家との議論などなど、...ぼくじゃ語れないスウェーデンの若者参加の今をどうぞ。
2018.06.20
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

【東京新聞に掲載】スウェーデンでは学校で政治的活動ができるって本当? はいこの通り本当です。

2016年夏の参院選の際に、東京新聞からの取材を受けていた記事をシェアするのを忘れていました。 スウェーデンの政党青年部が、学校内でどのような「活動」をしているのかがよく...
2018.05.21

おすすめの本・映画

このページでは、当ブログ編集者の私が読んできた本やおすすめの映画を紹介しています。 読了した本や読書レビューの追加も随時更新していきます。 ◇ tatsumaru.ti...
2017.10.31
メディア掲載

ケアリング8月号で「なぜスウェーデンの若者の政治意識は高いのか」を寄稿しました

寄稿した雑誌が出版されました。シルバーストーンが発行しているケアリングの第16号です。 選挙権18歳がすでに導入されているスウェーデン。その投票率は78%と高い。その大きな要...
2019.05.08
スウェーデン留学記

スウェーデンで就学・就業をしていたのにビザが下りなかった理由と、ビザ申請で気をつけるべきポイント

私は3年近くスウェーデンに住んでいたのですが、2016年の春に居住許可証がおりなくて、日本への帰国を余儀なくされました。 スウェーデンで通っていた大学院にも在籍しながら日本の大学に留学す...
2019.03.15
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

若者はどうすれば政治に影響をあたえることができるのか?スウェーデンの「ユースカウンシル」の代表に聞いてみた

日本では、選挙権が18歳に引き下げられ、未成年の若者が票を投じました。今後の若者の参加のあり方について、多方面で議論が起きています。改めて、若者がどのようにして政治、社会に参加していくことができるのか、スウェーデン全国若者会(SUR)の代表に聞いてみました。
2018.11.16
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

TOKYO FMでラジオ出演しました!アーカイブはこちらから。

初の東京のラジオ番組デビューしました。 そう、TOKYO FMです! 小田嶋隆さんとお送りする今夜の【ストーリー】は『スウェーデンで若者の投票率が高くなる理由』。スウェーデ...
2019.02.01
ストックホルム

ヨーロッパ最高の避暑地がストックホルムであることがわかる写真をはっつけるよ。

5回目のヨーロッパの夏を終えていよいよ帰国です。 ここ4年間、日本の夏に触れていません。 ストックホルム⇨ベルリン⇨ベルリン⇨ストックホルム⇨ストックホルムと、しばらくずっとヨーロッパで夏...
2018.06.27
メディア掲載

信濃毎日新聞の連載「群青の風」をお手伝いしました。

本日を最後に信濃毎日新聞の12回に及ぶ連載が終わったようです。 ぼくの出身地にありぼく自身も通っていたChukoらんど「チノチノ」というユースセンターから、スウェーデンのユースワーク、ユースセン...
2017.04.17
ストックホルム

ストックホルムの高級ホテル『Haymarket』がおしゃれでおすすめ!

どうもTatsumaru です。 大きなお仕事が終わって、パリ行きも終了しようやくストックホルムに根を下ろしてローカルな活動に専念しています。 仕事中に利用したストックホルムのホテルがすご...
2019.09.06
ストックホルム

ストックホルムのベジレストランで、ベジタリアンに恋して下さい。

連日、取材の通訳でバタバタしています、Tatsumaruです。 ストックホルムに来たらぜひ寄ってもらいたい、ベジタリアンレストランがここスーデルマルムにあります。 その名もHermans ...
2019.09.06
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

若者の選挙投票率をあげることを目的にしてはいけない理由

広島県三原市の三原青年会議所(JC)からインタビュー取材をいただき、同法人が発行している新聞「やっさもっさ」新聞に掲載いただきました。許可を得てこちらにも掲載させていただくことにしました。対話形式なの...
2020.06.08
フリーランス

ヨーロッパの企業と取引するのにVAT番号は必要か?こうやって調べました。

スウェーデンの企業から報酬の支払いの際に「VAT番号」があるかどうか聞かれました。というのも、コンサルタントとして仕事を委託していただく契約になり、その際に雇用契約書に契約者としてサインするためにVAT 番号が必要だったからです。VAT番号って何なんでしょうか?はたして必要なんでしょうか?
2018.09.06
若者政策

スウェーデンの学校の「政治的中立」の保ち方 — スライドをアップしました。

先日、ぼくも会員の日本シティズンシップ教育フォーラム(通称JCEF)のイベントにて飛び入りで報告させていただきました。 第3回シティズンシップ教育ミーティングの2日目の第1セッション「学校で...
2016.04.21
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

若い力で民主主義を支えるスウェーデン – 国は予算、制度から政治参画を促す体制整備を

先日、某政党から寄稿をお願いいただき、ザーッと書き下ろしました。原稿が完成し、文書ブログでも公開する許可を頂きましたので、こちらにて本邦初公開いたします。テーマが「政治参加」でかつ政党機関紙なので漢字をゴリッゴリに使って書いてみました。ここでは見出しを入れるなどして、ちょっとブログ調にして読みやすくしてお届けいたします。
2018.12.27
北欧のスタートアップ

価格が下がったら通知を知らせるスウェーデンの優秀アプリ「プライスライザー」開発者が語るスタートアップの秘訣

近年、日本でもシリコンバレーに次ぐスタートアップシーンとして注目をあつめるストックホルム。この街で今、始まったばかりのスタートアップが「プライスライザー(Pricelizer.com)」です。プライス...
2016.10.19
ストックホルム

鬼おしゃれな北欧のレインコート『ストゥッテルハイム』を購入したのでプチレビュー

いやーまさかこうなるとは。 買ってしまいましたよストゥッテルハイムのレインコート! そりゃあだってこのクオリティで、しかも勤め先と同じ通り沿いにフラッグシップストアがあるんですからね。フラッグシップ店はここにあります。サイズはSを選んだらちょどよかったです。ちなみにぼくの身長は173センチほどです。
2020.12.21
スウェーデン留学記

こうしてぼくはスウェーデンから(半)強制送還されることになりました。

正確にいうと、強制送還されないために帰国です。 はい、先ほどチケットを予約しました。この3月15日に日本に帰国いたします。本来なら少なくとも大学院のプログラムが終了する6月までスウェーデンにいる...
2020.12.21
北欧のスタートアップ

ストックホルム新生ヘルスケアベンチャー「Qinematic」が語る、スタートアップ文化の育てかた

はい、ストックホルムのスタートアップ・インタビューシリーズ第2弾です!前回の記事に引き続き、今回もまたスウェーデン、ウプサラ大学に留学中の寺嶋くんからの寄稿です。今回は、医療系のスタートアップ...
2019.04.02
スポンサード記事

北欧発のレインコート「ストゥッテルハイム」が人気な5つの理由-おすすめと注文方法を解説

ファストファッションが人気な一方、機能性とデザインを追求し品質にこだわるスウェーデンのブランドがあります。それが「ストゥッテルハイム)」。人気な理由と、注文方法をわかりやすく解説します。
2020.12.21
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

日本でも参考になる?選挙投票率を高めるスウェーデンの方法がすばらしい。

2014年のTime紙の記事で、「選挙投票率を高めるスウェーデンの方法」という記事がおもしろかったのでシェアします。 The Swedish Way to Boost Voter Turnout ...
2017.11.02
タイトルとURLをコピーしました