〜現在サイト再構築中〜

海外からできる在宅ワークががみつかる求人サイト18選

こんにちは!北欧に4年間住んでいた、たっぺいです。海外で生活するようになってから「どうやって食っていくか?」を意識するようになりました。この記事では、海外在住の人ができる仕事をまとめています。

留学、ワーホリ、海外移住、夫の海外駐在など、海外に身を移して、いざ

と思いたったはいいも、まだ語学力がないのにできることといえば、日本食レストランや、ベビーシッターだったりと、あまり時給の高くない仕事ばかりです。

海外在住におすすめなのはパソコンとネットさえあればできる仕事

しかし今は21世紀。最近では、パソコンとインターネットさえあれば、できる仕事があるのです。例えば

・ライター
・翻訳
・データ入力
・プログラミング
・デザイン
・Skypeで日本語教師

などが思いつきます。

これらの仕事は、パソコンとネットさえあれば、世界中どこにいてもいつでも仕事をすることが可能です。というわけで、翻訳、ライティング、単純作業、プログラミングなどの海外にいてもできる仕事の探すことが可能なサイトを一気にまとめました!

ぜひ活用しみてください。もちろん海外にいない人でも利用できます。

どんな仕事も在宅ワークできるクラウドソーシング系

「クラウドソーシング」とは、ネット上で仕事を外注・受注することができるプラットホームのことです。このクラウドソーシングができるサイトを通じて、さまざまな仕事を探すことができるのです。以下で紹介するクラウドソーシング系のサイトでは、翻訳、プログラミング、ライティングなどに限らず、ありとあらゆる仕事の取引が行われています。まずはクラウドソーシング系のサイトをざっと、紹介します。

クラウドワークス

まずは大御所のクラウドワークス。その前にクラウドソーシングってご存知ですか?クラウドソーシングとは、ネットを介して、不特定多数の人に仕事を依頼したり、仕事を受託することができる新しい仕事の形です。例えば、翻訳やアンケート回答の仕事や、ウェブプログラミングや、デザインなど、記事執筆などの仕事をクラウドソーシングを提供しているウェブサイトに登録すれば、ネット経由で受託できるのです。代表格がこのクラウドワークス。最近ではテレビでCMを流すくらいに大きくなりました。

初心者からプロまで、まずはクラウドワークスから初めて間違いないでしょう。

ビズシーク

「ランサーズ」や「クラウドワークス」に乗じて有名になった、今注目のクラウドソーシング系のサービスがビズシークです。他のランサーズなどと比べてまだまだ登録されている仕事の数は、少ないですが、例えばライディングの仕事を検索してみると以下のようにいくつか出てきました。

基本的にはクラウドソーシング系のサイトを利用して仕事を受注している人は、ランサーズなどの他のサイトにもアカウントを作成しているので、1つのオプションとしてビズシークも登録しておくといいでしょう。

上級者向き:Freelancer

Freelancerは英語圏の大手のクラウドソースサービスで、僕も登録しています。世界最大手級だけあって仕事が多いです!ウェブ開発、データ入力や文字起こし、リサーチ、翻訳・執筆、パソコンでできる仕事ならなんでもあります。英語和訳の仕事もピンキリでブログ記事レベルもあります。自分の得意分野を登録しておくとお勧めとして表示されます。

もともと英語版しかありませんでしたが、最近のアップデートで日本語版も始動したようです。ユーザビリティも格段にあがりました。国外のサービスはまだまだ未開拓なので、登録者が少ないので掘り出し物の案件が多いはずです。

また、「プロジェクト」を立ち上げて、「自分ができる仕事」を売ることが可能です。翻訳や記事作成、ロゴ作成など、自分ができることをプロジェクトにしてしまいましょう。

また、簡単な仕事、例えば英文の校正などから、ソフトウェアの開発などの高度な仕事まで海外のフリーランサーに依頼をすることができるのもfreelancerです。詳細は以下の記事からどうぞ。

参考記事

海外に仕事を発注・依頼するなら Freelancer.comがおすすめ!登録方法を解説 特に、海外に進出を検討している製品、アプリのローカライズ、単純に英文校正、翻訳、通訳、英語記事の作成など、日本人のクラウドワーカーにはできない仕事をやってもらうには、freelancerを利用するといいでしょう。

ランサーズ

実はクラウドソーシングサービスで老舗の、クラウド求人サービスがランサーズです。

参考記事

日本人が海外でインターンシップ・仕事を見つける方法 スウェーデンにきた日本人留学生によく聞かれることなので、北欧の留学生でこれからインターンや仕事を探す人にちょっとでも役に立てばと思いまとめてみます。

上記の記事でも紹介しましたが、利用しやすさ・仕事の豊富さ並びに最高です。会員登録はFacebookまたはGoogleアカウントでできますし、仕事仲介料しかとらないので、会員登録も仕事探しも基本的には無料でできます。翻訳の仕事もピンキリです。ブログ記事執筆などの、日本語でもできる仕事多しですよ。

ココナラ

ランサーズに続いて、ココナラもクラウド経由で仕事がもらえます。ワンコイン(500円)を基準に自分の得意のスキルを売買できるというのが元来のココナラでしたが、新しいココナラでは1000円以上の仕事も発注&受注できるようになりました。

こちらは「自分から仕事を売りにいく」のにいいと思います。例えば~文字の翻訳を5000円でやります、という売り方ができます。Freelancerでも同じように、自分から仕事を売り込むことは可能です。

語学力を活かした翻訳の仕事がみつかるサイト

翻訳の仕事は最初に思い浮かぶ海外でできる定番の仕事です。もちろん単価が高いぶん、

高度なスキルが求められます。しかし、だからといって尻込みせずに自分のできるレベルの仕事に挑戦してみればいいのです。最初はプロだって初心者ですから。

Gengo

クラウド翻訳サービスGengoは、翻訳テストに合格しさえすればプロでもアマでもこのサイトを通じて翻訳の仕事をもらうことができます。ハフポスト日本版の記事でもたまに利用されています。35ヵ国語以上に対応してるので英語以外の言語圏にいる人には特にオススメです。

翻訳者ネットワーク「アメリア」

翻訳の求人の本命。語学力を活かして翻訳系の仕事をみつけるならアメリア(Amelia)はマストです。求人情報数は、常時200件以上で、マッチング成功件数は、年間のべ1,000件以上です。

ホームページの求人案件をチェックすると、以下のように非常に豊富です。

会員限定の仕事情報が配信され、企業側からの仕事のオファーもあるようです。今では翻訳家じゃない学生や留学中の人も、語学力をあげて後々プロフィールに反映すれば仕事もとりやすくなるはずです。翻訳の良案件を探している方、必見です。

記事執筆・ライティング系の仕事

以下で紹介するサイトもまた、クラウドソーシング系のサイトではあります。しかし、ライティング・記事執筆に特化したサイトになります。

サグーライティング・プラチナ

本格的なライター、「プラチナライター」として高単価なライティングの案件が探せるサービスです。

例えば、ライティングの仕事で単価が1件あたり3000円と高単価です。実際、ランサーズなどで見つけることがきるライティングの単価は、1記事500円以下もザラにあります。

それに比べると、サグーライティング・プラチナでは、文字単価が1円以上も多数あり、1ヶ月で稼いだ最高金額が50万円を越えた会員さんもいるようです。またライティングのアドバイスや添削も受けられるらしいので、ライターとして本格的にキャリアアップしたい人は必見です。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、ライターが稼げるクラウドサービスです。現時点で、987,865記事 (2014年 3月末現在)、登録ライター数、146,405人を誇る、ライター系SOHOの大手です。ライターを経験したことがない人でも、自分の得意のジャンルやキーワードで案件を検索すれば、書ける記事があるはずです。

ぜひ、未経験者でも挑戦してみましょう。

ちなみにキーボードのタイピングに自信がない人はTyping Clubで無料でタイピングの練習をするといいですよ。タイピング力が高まれば、ライティングの仕事効率もどんどん高くなり、月に数十万稼ぐことも夢ではなくまります。

簡単!アンケート回答、データ入力、商品のレビュー

以下のサイトは、記事執筆には自信がない人でも簡単にできる、単純作業の仕事がみつかるサイトです。もちろんこちらもネットとパソコン、もしくはスマホだけでもできる仕事ができます。

サグーワークス

文章の作成やアンケートなど、誰でも簡単にできるお仕事をインターネット上できる在宅ワークサービスがサグーワークスです。「リサーチ」といってもアンケートに答えるだけという簡単な案件がメインなようです。ポイント制度を採用しており、それをiTunesカードやアマゾンギフト券や現金に換えることができるということです。初心者でまずは手軽にクラウド経由の仕事をしてみたいという人は、サグーワークスが取り掛かりやすそうです。

infoQ

とってもお手軽なサービスです!「infoQ」は、会員登録してアンケートやクイズに答えたり、ゲームに参加するだけでポイントが貯まります。貯まったポイントは現金やギフト券と交換が可能でになるとのことです。空き時間にサクッと作業して小遣い稼ぎできますね。クラウドサービスに抵抗がある方は、infoQからお試しで始めてみると良さそうですよ!

マクロミル

こちらもinfoQに似ているアンケートタイプのクラウドサービスがマクロミルです。企業やメディアからの依頼を受け、アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、ネットリサーチの国内最大手企業です。24h、「PC」「スマートフォン」「アプリ」からスキマ時間に、 アンケートに答えられるので、サクッとやってみるとよさげです。1ポイント=1円、振込手数料ゼロ、現金のほか、ポイント交換先も豊富で、現在登録者数が毎月3万人ペースで増えている人気のサービスです!

プログラマー・ウェブデザイナーなどのIT系

プログラミングやウェブザインの仕事は、単価が高いだけでなく加えてパソコンとネットさえあればできる、ある意味21世紀最強の仕事です。それらの仕事がみつかるサイトも以下のようにまとめました。

ギークスジョブ

こちらは、フリーランス・フリーエンジニア向けの求人サービスがギークスジョブです。 運営会社であるギークスは12年以上の実績を持もプチ老舗です。こちらは、プログラマー、システムエンジニア、 ウェブデザイナー、デベロッパー、をメインにしています。案件が高額でびっくりしました。しかし、このようなサイトでも「その他」という項目で、ヘルプデスクを探していたりするレアな高額案件を発見することができます。フリーエンジニアは必須です。

以下の記事でも書いていますが、さすがIT系は稼げますね。

参考記事

海外の就活で年齢がハンデになることがあるか?ITエンジニアの仕事は海外にもあるのか? ask.fm でこんな質問をいただきました。 はじめまして。準旧帝レベルの国立大で情報科学を学ぶ大学1年目の者です。北欧就職(スウェーデン希望)に興味があります。向こうの大学院への進学を取っ掛か…

これだけ条件がいいなら、TechAcademy [テックアカデミー]でプログラミング技術をサクッと習得することが、もしかしたら海外で仕事をする最短かつ最強ルートといえるかもしれません。

他にもおすすめのサービスがあったら随時追記していきますので、どうぞフォローをよろしくお願いします。

その他:日本語教える、会計事務処理

文章を書いたり訳したりするよりも、人と対面でコミュニケーションをすることが得意な人は、人に何かを教える仕事をするといいでしょう。それこそ日本語を教えることも立派な仕事です。日本語教師の資格などなくてももちろん登録すればすぐにできます。また、会計の事務処理など既に何かしらの資格を活かして仕事につなげることも可能です。

Preply

Preply(プレップリー)というウェブサービスではSkypeを使って日本語を、日本語を学んでいる外国人に教えることができます。

最も人気のあるチューターとして登録することで、Skypeでいつでもどこでも日本語教師をすることができる素晴らしいサービスです。あるチューターは、45分で$25 (約3000円) という価格設定をしていたりなかなか割りがいいです。日本語を教える資格などはなくてもできそうなので、短時間でサクッと稼ぎたい人はぜひ登録あれですね!

会計事務の経験者は「ジャスネットキャリア」

会計事務所で実務経験があり、在宅ワークを探している人にはジャストキャリアがぴったりです。こちらから請け負うことができる仕事は、領収書等の入力作業、帳簿チェック、給与計算入力業務やデータチェック、監査サポート業務など、自分の経験にあわせて仕事の内容と量を選ぶことができます。

以下資格を保有している人が限定のサービスになります。

日商簿記1、2級、公認会計士、公認会計士試験論文式合格・会計士補、 会計士試験短答式合格、税理士、税理士シングルマスター、税理士ダブルマスター、税理士試験科目合格

このような専門性のある職業に特化したサービスがあるのは素晴らしいですね。競争率も低そうなので、これらの資格がある人はぜひ登録してみるといいでしょう。

学び続けて、自分にしか出来ない仕事を作り出そう

以上になります!他にも新しいサイトをみつけたら随時追記していきますね。最後に、このブログの編集者からひとことです。

海外にいる人は、これらの仕事をすることと並行してとにかく、「語学力」を高めることを怠らないようにしてください。ぼくは北欧の大学院で英語の論文を書くくらいには英語力がありますが、そうなると通訳や翻訳の仕事ももらえるようになります。そのレベルではなくとも、観光案内やデータ入力並みに簡単な英語の翻訳作業なども、少し英語ができるだけでできたりもします。

ただし、海外にいては語学ができることは当たり前になってくるので、並行してもう1つのスキルを高めるといいでしょう。それこそ、デザインやプログラミングなどができると、英語(スキル①)に加えてプログラミング(スキル②)を掛け合わせた仕事ができるようになります。(例えば、日本よりも遥かに単価が高い、英語圏の人からのWebデザインの案件など)

そうなると、海外の人からすると「日本語も英語もできるプログラマーだ!素晴らしい!」

となってあなたの市場価値は上がり、自分にしかできない仕事を作ることができるのです。海外在住の人にしかできない仕事を自分が創り出すことを目指して、頑張っていきましょう。

あわせて読みたい

海外在住の日本人ができる仕事はこんなにある!自分だけの「ナリワイ」をつくりましょうよ。 今回は、日本人が海外にいながらにしてできる「ナリワイ(生業)」にはどんなものがあるのか、そして実際に「ナリワイ」にするためのサービスをまとめてみました。何も現地就職やバイトだけが食い扶持に繋がるわけではないことがよくわかります。 おすすめ フリーランス 仕事 在宅ワーク 日本人 求人 海外 翻訳 駐在妻

タイトルとURLをコピーしました