PR

英語の翻訳・記事作成をオンラインで外注できるおすすめサービス8選

この記事は約2分で読めます。

スポンサード記事 By: Mark Hunter – CC BY 2.0

海外にかんする記事を量産しているメディア多いですが、その中で外注サービスを効率良く利用しているメディアは限られているでしょう。これまでだったら、英語が書けるライターや翻訳担当を雇うのは簡単ではありませんでした。

しかし今では、「クラウドソーシング(不特定多数の人に仕事を外注するサービス)」を通じてこれまでになく簡便に仕事を頼めるようになりました。日英翻訳のみならず、記事の執筆自体も雇用をすることなく単発で仕事として発注できるのです。また、常勤の翻訳者をやはり必要とする場合に、それを助けるサービスもあります。

翻訳・記事執筆が外注できるサービスをまとめたので、ぜひ活用してみてください。

英語への翻訳サービス

1. 翻訳者のスカウトならアメリア

翻訳のお仕事をしている方や、翻訳の学習者に翻訳のお仕事や翻訳関連業務を提供しているサービスが、アメリアです。登録者約10,000名と業界最大級なので豊富なリソースから翻訳者を探すことが可能です。

2. 翻訳代行 一括.jp

翻訳代行を簡単に比較して、一括で問い合わせができるのが、その名の通り「翻訳代行一括.jp」です。料金も一切かからないので、翻訳代行を検討しているメディアにはお勧めです。

3. アイディービジネス

「アイディービジネス」とはオンラインで英文校正・英文翻訳を外注できるサービスです。
24時間、世界中の英語専門家やネイティブがオンラインで英文を校正・翻訳を担当する体制が整っています。

しかも、最短3時間で納品できる業界最速のスピード校正・スピード翻訳サービスも提供しています。1回の利用がわずか363円からなので、小規模のメディア・ブログ運営者も気軽に使ます。医療関係や、アプリ開発などにも利用されているようで幅広く活用できそうです。

英語の記事執筆・ライティング

ここでは翻訳ではなく、サイトやブログの記事自体の執筆を外注できるサービスを紹介します。以下で紹介しているサイトで、和文の記事を充実させて上記の翻訳関連のサービスで英文記事を増やしていくということが可能です。

4. Shinobiライティング

サイトの記事制作でよくあるのが

・記事内容・商材紹介がどれも同じになりがち ・しかしバックリンク・サテライトサイトには費用をかけたくない

・SEOキーワードを意識した記事を効率的に集めたい

タイトルとURLをコピーしました