ストックホルム大学ってどんな大学?

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

ここ最近は、オリエンテーション、各種手続き、住居探し、文献購読などに勤しんでいました。

大学駅を出て目の前にストックホルム大学はあります。

フランスから来てる女性の留学生が、プチキャンペーンをやってました。学生に十分な物件を提供できなかった大学に抗議とのことです。僕もその仕打ちを食らった一人なので共感。友人のテントを借りてこうやってシンボルを作ったらしいです。そのバイタリティに感動。

オリエンテーションの様子。4時間は疲れた。しかしこの会場には500人近くの留学生が。

今期だけでこんなに留学生がいるのはすごい。ニュースでも修士学生の増加が取り上げられています。Foreign applications to Swedish unis rebound

それからガムラスタンのパブに移動し、Pub Quiz night!!

右から出身国、アメリカ、シンガポール、北京、上海。

やっぱ日系ってなんか親近感わくっす。この時点で、まだ日本人見つけられず。この日はビールをさくっと飲んで終わり。

突然ですが、ストックホルム大学の紹介をしたいと思います。

ストックホルム大学は1878 年に設立され、ウプサラ大学や南のルンド大学と比べると新しい大学 ですが、人文、法学、自然科学、社会科学から構成される規模的にはスウェーデン最大の大学です。以下、その規模と数字

  • 約7万人の在学生
  • うち留学生1400人で日本人は20人くらい。
  • 男女比は4:6で女性の方が多く、
  • 25歳以下の学生はわずか25%
  • 1800人の博士課程の学生が在籍し、職員数は5000人を超える。
  • 学部とセンター数は73
  • 修学プログラムは200
  • 英語で履修できる修士課程の数はなんと92
  • ノーベル賞受賞者数4人
  • 2014年度の世界の大学ランキング(上海ランキング)では78位 (年々上昇中)

ということです。ぜひアプライあれですね!

image

関連記事

スポンサーリンク







   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学で必須のサービス3つ!

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。
Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
英文の履歴書がないことにはいくら海外で仕事を探そうにも、仕事がみつかるわけがありません。そんな中、発見したのがこの英文レジュメ添削サービス「My Perfect Resume」だったのです。実際に作成してみて、とてもよかったので紹介します。
スポンサーリンク