学費が安いヨーロッパの大学13カ国をまとめました。

スポンサーリンク

Werner Kunz

スポンサーリンク

北欧では今でも留学生でも学費が無料な国がある。

北欧以外のヨーロッパの大学も、やはり日本と比べたら断然学費は安いです。ガーディアンのこちらの記事でも、日本の学費の高さがイギリス・アメリカに次いで高いとあります。

世間の関心の高さからなのか、昨年最も読まれた記事がこちらの記事でした。

留学するなら北欧?いまだに留学生でも大学の学費が無料な国。
北欧は「大学の学費がかからない」で有名ですが、それは北欧の人だけじゃないんです。留学生でも学費が無料な国があるんです。

 

ノルウェー、フィンランド、そしてドイツではEU、EEA加盟国外出身の留学生、つまり日本人でも学費なしで大学で勉強できることが書いてあります。

その他のヨーロッパの国の学費も安かったので調べてみました

というわけで、いっそのこと北欧だけでなく他のヨーロッパの大学の学費も調べちゃいました。OECDの Education at Glaneを読む元気がなかったので、参考にしたソースはJASSOとこちらこちら

  • なお以下の表でいう学費とは、EU、EEA加盟国以外の出身の学生にかかる学費のことで、EU圏内の学生とは異なります。
  • 学費が「€1,900から€3,850まで」とある場合は下の値を採用します。
  • なお円換算の為替レートは最新更新時の2018年現在の値です。
学費/登録料 (年間) 円換算 備考
フランス €180 ¥23,671 国公立校:無料(ただし別途登録料などで課程・専攻などにより学士181ユーロ~博士380ユーロ以上/年が必要)グランゼコール、専門学校:約500~9,000ユーロ/年、または学校・専攻によりそれ以上
オーストリア €1,460 ¥191,997 総合大学:726.72ユーロ/学期なので年間に換算。
ベルギー €1,900 ¥249,860 学費は€1,900から€3,850までプログラムや大学による
チェコ $0 ¥0 すべての公立大学でチェコ語で修学する場合は学費は無料。チェコ語以外の英語などプログラムの学費は年間0〜$15,000と、大学によって異なる
ギリシャ €1,500 ¥197,258
イタリア €850 ¥111,779 イタリアの私立大学の学費は年間200万円近くかかるところもあるが、公立大学は年間約10万円から13万円程度で収まるところもある。
スペイン €680 ¥89,423 学費は単位数に応じるので大学院レベルでは高くなる。公立大学の学士課程の学費は、年額680~1,400ユーロほど。州によって異なる。
ポーランド €2,000 ¥263,010 学費は2000ユーロから6000ユーロ (約26万〜約78万円)まで大学とプログラムによって異なる。
スロバキア €2,000 ¥263,010 EUの学生は無料であるが、EU圏外の学生は2000ユーロから5000ユーロ(約26万〜64万円)。
ポルトガル $1,500 ¥160,395

(→右側にスクロール可能です)

学費が無料な国もある

チェコの「チェコ語での修学なら無料」ってのはすごいですね。

そのためにはこんな感じでチェコ語で大学の授業を受けるために準備ができるようです。

そして大国フランスがこんなに安いとはちょっと意外でした。ポーランド、ベルギーがちょい高めですね。それにしても、デンマークを除けば一番高くても年間学費に30万円かからないってのは、やっぱすごいですよね。

「でもその国の言語、勉強してないし..」と思うかもしれませんが、ヨーロッパでは英語で学部から修学できる大学も多いというのは知っておいたほうがいいです。

日本語で探すことができるヨーロッパの大学の一般的な情報は、JASSOの海外留学支援サイトが最も信頼できるでしょう。

海外留学支援サイト

ヨーロッパ | 国・地域から調べる | 海外留学情報 | 海外留学支援サイト
海外留学支援サイトは、公的機関である日本学生支援機構(JASSO)が運営する海外留学を考える方への情報サイトです。

いきなり海外への大学への留学はTOEFLの点数なども足りず、英語力も十分ではない人が多い人が多いはずです。さらに本当に海外の大学への留学が合っているかどうかを「試す」ためにも、短期で「お試し留学」をすることがおすすめです。そういう人は、海外の語学学校の情報が調べられる、「ラングペディア」などの比較サイトを有効活用するのも一つの手でしょう。

ラングペディア

語学留学・英語留学なら最低価格保証のラングペディア
語学留学の学校・コース検索ならLangpediaへ。授業料はすべて最低価格保証!キャンペーン情報も随時、更新しています。格安に語学留学の予約ができます。

ちょうどこの時期(1月前後)はヨーロッパの大学の学期の後期が始まる時期で、来学期(9月/10月)から留学を予定する人は各大学への申請をする必要があります。(スウェーデンは1月15日が締め切りですので、申請急ぎましょうね。)

スイス、フランス、みなおしましたね!

追記

Twitterではこんな反応がありました。

記事によるとハンガリーの大学の年間の学費は36万円程度だそうです。プダペストは仕事でいきましたが、本当に綺麗な街で、それでいて物価も安いので若い時に留学できたら本当によかっただろうなと今は思います。

留学関連記事まとめ

北欧へ留学する方法
「北欧へ留学する方法」の記事一覧です。

Comment

  1. […] か知らないであろう。ヨーロッパの大学院の学費は、 日本に比べて非常に安い(または無料)ことは、Tatsumaru Times読者ならご存知 であろうが、実は博士課程も同様である。 むしろ、 […]

  2. […] 大学・大学院は日本から行く場合「EU圏外」からの留学なので、たいてい高額な学費を負担しなければなりません。※ヨーロッパの他国では学費無料や非常に安い国もあります→参考記事:学費が安いヨーロッパの大学13カ国をまとめました。 […]

  3. […] Tatsumaru Times ブロガー系北欧研究者たっぺいの雑記ブログ since 2011 https://tatsumarutimes.com/archives/5574 […]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
投稿を見逃しません