ロリポップからの引越しならエックスサーバーよりもMixhostをおすすめする理由|爆速Times 完成しました!

シェアする・いいねする

ようやくTatsumaru Timesのサーバーの引越しが完了しました…!

どうでしょう。サクサクじゃないですか?

早いサーバーだとこんなにも違うんですね!!! 感動です!今回、ゲキ重だったサイトを軽くするためにロリポップからサーバーを引越ししたのですが、結果、エックスサーバーよりもMixhostに引越しました。その理由をまとめます。

スポンサーリンク

引越し前のゲキ重ぶりが笑えないレベルに..

Tatsumaru Timesはずいぶん前から、シンプルなデザインの割には重くて有名でした。

実際にPageSpeed InsightsというGoogle のウェブサイトの速さを測定できるサービスでもこの数字。

ロードが完全に終了するまでに18秒もかかっていましたw

「ページの表示速度が0.1秒遅くなると、売り上げが1%低下する」

という定説があるので、ページ速度を上げるためにこれまでも色々と試みてきました。WordPressを利用しているのでプラグインで以下の解決策を実施。

  • JavaScriptoを縮小する → JavaScript to Footerで解決
  • 圧縮を有効にする → Autoptimizeで解決
  • 画像を圧縮→ EWWW Image Optimizer で解決
  • WordPressのキャッシュ系プラグインを使用→ ページが真っ白になりました 😆

もしあなたが、HTMLとCSSの違いもわからないコードも書けない「文系ブロガー」だったら本気でキャッシュ系プラグインを使用しないことをおすすめします….

ここまでやったけど相変わらず、「うすのろTimes」だったので諦めていたのですが、あるパートナーメディアさんのCEOに

「Tatsumaru Times遅くないですか?ロードに20秒近くかかっているのは致命的ですよ!」

とご助言を頂きました。.. 😅

そういう訳で、これまで見て見ぬ振りをしていましたが手をつけることにしたのです。

ロリポップ(エンタープライズ)でもキャパオーバー

早速、問題を炙り出すことに。

疑惑は僕が当時使っていたサーバー、ロリポップ(エンタープライズ)のスペックにかけられました。

アフィリエイトに人気のレンタルサーバーさんより

パートナーメディアさんのCTOによると、ロリポップのエンタープライズ版とエックスサーバー(x10)を比較した上の表の真ん中の「メモリ」の容量が他のどの項目よりも、表示スピードに左右するみたいです。ディスク容量と転送量制限は、ドメインが一つしかない雑記ブログならスペックはほぼ関係ないらしいです。実際に使用量を確認してみましたが、ロリポップのスタンダード版でもいいくらいに使用量は少なかったです。

あと、サーバー収容人数がロリポップは不明なのもよくなくて、それはつまりn個のサイトが同時に接続していてサーバーへの負荷が無限大になっている可能性もあるとのことでした。一方、エックスサーバーは170人と限定的なのでそれ以上もないとか。

そういうわけでロリポップからエックスサーバーへの引越しをすることにしました。

エックスサーバーへの引越しでずっこける

そんな感じで引越しが始まりました。バイリンガル化できるサイトのプラグインも消して、引越し荷物を極限まで減らしました。

ロリポップスからエックスサーバーの移行をした人はかなり多いようで、ウェブ上に引っ越しをする方法の記事があふれていました。僕が参考にしたのはこちらの記事。

先日、本ブログのサーバーをロリポップからエックスサーバーへ移転しました。ネットで事前調査の上、移行作業を実施しましたが、色々とつまづき、結局作業が完了したのは2日後でした・・・。そこで本記事では、Macでロリポップからエックスサーバーへサー

記事通りに、ドメイン取得、データベースのエクスポート、インポート、ファイルの書き換え、FTPソフトでバックアップをとって新ドメインにファイルをアップロード。途中、ミスっていたこともあったのでCTOさんに指示してもらって修正。

hostファイルを書き換えて、引越し後のページを開くと….

なぜかエラーで表示されず。

その後、Duplicatorというプラグインを使った引越しも試みましたが、プロの助けも虚しく引越しが完了せず..。

ああもう一生、「うすのろタイムズ」の運命なのか..

Mixhostへの引越しが超簡単!

そんな絶望の中、ベルリンのフリーランスWSBIさんの合同オフ会に顔を出した時に出会った、まじまじパーティーのあんちゃさんにサーバー引越しの話をしたら、「Mixhostがおすすめだよ」とのこと。月に50万人に読まれるまじまじパーティーのホストが、エックスサーバーよりもMixhostをすすめているのだから間違いないだろう…

というわけで早速ググりまくると、どうやらうちのブログのテーマ Simplicityの開発者もMixhostをゲキ推ししていることが判明。

長年レンタルサーバーをいくつも使ってきましたが、その中で最もおすすめできるのはMixHost(ミックスホスト)だと僕は思います。とにかく格安で使えて高性能・高速・高安定、ここまでコストパフォーマンスの良い国内レンタル共用サーバーは無いのでは

他にもエックスサーバーとMixhostを比較している記事を見かけましたが、この時点で僕の関心は、わずかなサーバーのスペック比較よりも「引越しのしやすさ」にありました。

やってみなきゃわからないし、Mixhostは30日間無料キャンペーンもあったのでとりあえず引越し作業をすすめてみました。

ロリポップからMixhostへの引越し手順

参考にしたのはこちらの記事。

プラグインを使ってロリポップからmixhostへサーバー移行当初ロリポップでブログを立ち上げたのですが、無償期間中にmixhostを見つけ乗り換えてしましました。まだ記事は2つしか無かったのですが、いろいろ試してみたかったので挑戦したら、思

同サイトによると手順はこの通り

  1. 「All-in-One WP Migration」のインストール&データのエクスポート
  2. Mixhostの独自ドメインの設定
  3. 「hosts」ファイルを変更
  4. Mixhostにワードプレスのインストール & All-in-One WP Migrationのインストール
  5. データのインポート
  6. ネームサーバの切り替え
  7. 「hosts」ファイルの戻し

これならできそう!

All in one WP Migraiton というプラグインを利用するだけでいいし、FTPソフトも使わないし、ファイルの書き換えも不要!これはロリポップ→エックスサーバーの移管よりもはるかに楽かも…!?

しかもMixhostの公式サイトでも同じ方法で引越し方法が書いてありました。

他サーバーからmixhostに、WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」…

公式サイトで書いているこの安心感….

というわけで、早速着手してみました。FTPソフトも、wp-configなどの書き換え作業もいらないので楽でした。

拡張版プラグインを購入する必要あり

ただ、All in one WP Migraiton というプラグインは、引越しするサイトの容量が512MBを超えている場合は、無料版のプラグインではインポートする事ができません。その場合、All in one WP Migraiton の拡張プラグインである「All in one WP Migraiton Unlimited Extension」を$69 (7800円)を購入する必要があります。

拡張プラグインを利用しない場合は、「FTPソフトからアップロードすればいい」とのことでしたが、ぼくはこれ以上の面倒な作業を増やして失敗したくなかったので、拡張プラグインを購入しました。購入すると、メールが送られそのリンクから拡張版をダウンロードします。ダウンロードしたら、All in one WP Migraitonと~Unlimited Extensionの両方のプラグインを有効化してファイルをインポートします。

注意:トップページがIndex of に表示されてしまった場合

一つミスってしまったのはMixhost上でのWordPressのインストール先。なぜかデフォルトのままダウンロードすると tatsumarutimes.com/wp 下になってしまい、トップページへアクセスするとindex of が表示され、wpを最後につけないとブログページに飛べないようになってしまいました。この点、カスタマーサポートに問い合わせたら以下のように回答いただきました。

弊社で確認をさせていただきましたが、
ドキュメントルートが[public_html/tatsumarutimes.com]に設定されておりますが、
WordPressのインストールを[public_html/tatsumarutimes.com/wp]配下へ実施したことにより、

でしかアクセスが出来ないものと思われます。

大変恐れ入りますが、個別のwordpressの挙動につきましてはサポート対象外となり、
参考情報といたしまして、他所様のサイトとなりますが下記をご参照いただけましたら幸いです。

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88_URL_%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4

ルートディレクトリやURLを変更しようとして、一般設定の中にある「WordPress のアドレス(URL)」や「サイトのアドレス (URL)」を間違って変更してしまい、ログインできなくなった場合の対処方法を2点ご紹介します。…
https://www.fallapple.net/2017/10/07/post-1387/

このような回答となり誠に申し訳ございません。

https://tatsumarutimes.com/にWordPressをインストールされたい場合

/wpがない状態にされたい場合は、一番簡単な方法としては
一旦WordPressを削除していただき、再インストールする方法となります。

詳細につきましては、ヘルプセンターをご参照いただき、
5)セットアップ画面のディレクトリの部分を空欄にして設定ください。

Mixhost.jp/618

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともMixhostをよろしくお願いいたします。

丁寧に解説記事までつけてもらったので、すぐに解決できました。

Jetpackと連携していてログインがうまくいかないとき

この点も質問をしたら、以下のように回答頂きました。

cPanelから「Softaculous Apps Installer」内の「WordPress」を押下して頂き、人型のアイコンからWordPressの管理画面にいけることをご確認いただけますでしょうか。

これで解決!サポートが丁寧で助かります。

こうして引越しを完了させたのでした。

Mixhostに引越してからの爆速ぶり

Mixhostに引越してからサイトのスピードがどう変化したのかみてみると….

PageSpeed Insightでは久しぶりの緑文字!嬉しい!

サーバーの平均読み込み時間は、移行前の11月10日時点では11.96秒だったのが

なんと5.43秒へと2倍近く爆速化!他にも

  • 平均リダイレクト時間:0.10→0.03秒
  • サーバーの平均接続時間: 0.4→ 0.18秒
  • サーバーの平均応答時間: 2.13 → 0.71秒
  • ページの平均ダウンロード時間:0.41 → 0.07秒

と爆速化しました….てか今までどんだけ遅かったんだ…。

ちなみにサーバーレンタル費用もこれまでロリポップ(エンタープライズ版)で月額2000円だったのが、Mixhostのスタンダード版に移行して980円と半額になりました。

上述したカスタマーサポートに加えて、Mixhostがありがたいのが、WordPressへの引越しサービスも受けていることです。1サイト9980円ですが確実にミスなく引越しをしたいならお任せしてもいいでしょう。そのくらい引越しは一大事ですし。ぼくも当初は引越しサービスを検討しましたが、できるだけ早く引越ししたかったので上記のやり方で引越ししました。結果、All in One WP Migrationの拡張機能で7800円払ったので、費用的にはあまり変わりませんでしたね…

そういう訳で、今すぐじゃなくていいから確実に引越しをしたい人には引越しサービスをお願いしてもいいでしょう。

まとめ

今回、引越し作業をしてみて改めて思ったのが「引越し作業のしやすさ」の重要性です。

なぜってそれはやはり僕は、コードもかけないしサーバー周りもよくわからない典型的な「文系ブロガー」であったからです。多くの記事が引越し方法をサラッと書いていますが、突然FTPソフトがなんたらとか、wp-configファイルを書き換えがなんたらとか、書かれてもわからないんです。その度にまたググってるともう日が暮れる。そんなことだったらちょっとお金出してでも早く安全に引越ししたいんですよ…。残念ながらエックスサーバーの記事を読み漁ってもうまくできませんでしたし、それは僕のスキル不足ですが僕のようなブロガーは少なくないと思うんですよね。

その点、Mixhostは引越し作業を極力、簡単にしていて代行サービスもしくれているので助かります。しかもエックスサーバーよりもスペックがいいという比較記事も多くあります。

費用は半額に抑え、速度は2倍以上。そして簡単な引越し作業!ぼくでもしっかり引越しができたMixhost、本当におすすめできます。

Mizhostの公式ページ

そういう訳で皆さん、どうぞ爆速化したTatsumaru Times、「爆速Times」をどうぞお楽しみくださ〜い!また、アドバイスや助言をしてくれた皆さん、本当にありがとうございました 😩

これからもどうぞTatsumaru Timesをよろしくお願いいたします 🙇

関連記事まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする・いいねする

関連記事

 

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。解除はいつでもできます。