【保存版】航空券の予約サイトKiwi.comでお得にチケットを予約する方法

スポンサーリンク

最近、トラベルしてませんたっペいです。

昨年は、シベリア鉄道で北欧入りしたヨーロッパ陸路で縦断したり、アフリカ入りしたりと旅マックスでした。後半はスウェーデンに3回も視察でいきましたし、ノルウェーにも飛びました。

その間、格安航空券を購入することが何度かあったのですが、その中でも圧倒的な低価格のチケットを提供していたのがKiwi.comです。

最近、利用頻度が増えているのであらためて使い方をまとめます。

Kiwi.comとは?

Kiwi.comとは、本社がチェコにあり2012年に創立した、実店舗を持たないネットベースの旅行会社です。LCC航空会社を含めて検索をすることができるので、他のサイトや旅行会社ではみられないような最安値の航空券がみつかることができます。

出発地、目的地、日付など前もって決めておかなかくても、たとえば出発地と日付を設定するだけで、目的地を提案してくれるなど、他にはないような検索オプションが特徴です。最安値のフライトや、世界地図など、知らない場所へいくときでもわかりやすい表示になっているのが魅力的です。このあたりは、スカイスキャナーとさほど変わらないでしょう。

パソコンでも、スマートフォンのアプリでも検索が可能であり、急成長しているインターネット上での旅行会社です。

Kiwi.comでの検索方法

それではKiwi.comの大きな特色である、いろいろな検索方法を詳しくご紹介します。

出発地点、目的地、日付を入力して検索をする方法以外にも、いろいろと方法があるので時と場合に応じて使い分けてみてください。

目的地が決まっていなくてもチケットを検索可能

まず選び方として、片道、帰り、複数の目的地とあります。片道や帰りはどのサイトでもみられますが、複数の目的地を検索できることがKiwi.comの魅力のひとつといえます。

目的地が決まっていない場合は、

  • 地図をみながらい先を決めたい
  • 最安のチケットをみつけたい
  • 所要時間が短いフライトを選びたい

という方法でチケットをとることになると思います。

従来の検索サイトであれば、どこからどこへいついくのかなど、ある程度決めていないと調べることはできないのですが、Kiwi.comでは調べながらいきたい場所を探すことができるのです。

いきたい場所が決まっている人、日付だけが決まっている人、時間はあるけどどこへいくか決まっていない人などさまざまなユーザーのニーズを満たしているのがKiwi.comなのです。

複数の目的地も選べる

例えば、成田発のニューヨーク着、ニューヨーク発ミラノ着という検索ができるのです。

同じ日に乗り継ぎをする場合でも、乗り継ぎをするのがたとえば1か月後でも検索をすることができます。

どこかに連れていって検索ができる

到着地をどこでも(anywhere to go)と設定することもできます。たとえば夏休みに成田発でどこかにいきたいけど、いきたい場所が決まっていない場合、いき先の候補地や金額を提案してくれるのです。

左側に候補の都市の主要風景、最安値の航空券、また右側には地図上でも表記されます。出発地や日付を設定してこの画面をだすことができ、予算内でなおかつチケットをとることができる場所がわかるので、長期休みなどの予定をたてるのも簡単。

たとえば東京を出発地として設定するとこのようにおすすめの行先が表示されます。

いきたい場所を決めていても、チケットの検索をしていると満席とか予算オーバーなど多々ありますが、このサービスがあれば先にいくことができる場所を調べることが可能です。

国を選ぶとお得なその国のチケットを提案

都市名がわからない場合、たとえば「アメリカへいってみたい!」と思ったとしても、どこの空港が主要空港だということを知らない方も多くいらっしゃるでしょう。その場合は国を指定することにより、候補となる空港を提案してくれます。

また出発日を1日だけに指定するのではなく、出発日を4月21日~5月21日など幅広く検索をすることが可能です。

出発地を東京にして、目的地をアメリカ合衆国で検索をすると以下のような画面になりました。

・ロサンゼルス 最安 54,494円

・ホノルル 最安 23,601円

といった具合にアメリカ国内で色々な都市を提案してくれます。

地名を聞いたことがなくても大丈夫。地図にも表記されるので場所を確認することができます。また航空料金の比較ができるので、予算がないからサイパンと思っていたけど、以外とサンフランシスコまでいっても同じ価格でチケットを購入できるじゃん!となる可能性もあるのです。

地図でから指定もOK

だいたいこのあたりのエリアは平気だけど、はっきりとどの国や都市へいくか決まっていないというとき、世界地図に円形を使って範囲を指定することができます。指定すると候補となる都市と航空料金が表示されます。

航空券の予約方法を解説するよ

検索が完了したらいよいよ航空券を購入します。旅の日付、時間、航空会社、料金などが提示されるので確認してください。

内容を確認したら、必要事項を入力していきます。まずは搭乗者の名前などを入力します。パスポートと同じ内容のものが必要です。国籍、性別、旅券番号などを入力します。

連絡先を入力します。日本の国番号81のあとに電話番号を入力してください。

このあと留学生の方など、ビザが必要な方は入力が必要になります。最後に支払いに利用するクレジットカードの情報を入力します。

入力をしようとしたら、価格が変更されましたとポップアップがでる時があります。Kiwi.comでは世界の航空会社の情報を把握しており、価格は常に変動しているのです。

購入したあとに、あとからもっと安いフライトがあったなどと気がつくこともあるのですが、その心配がないということになりますね。

また乗継の便を検索していた場合は、違う乗り継ぎ方法を提示してくれることもあります。さらに同じフライトでも価格が変更になることもあります。予約をして、確定になると基本的に変更はできなくなるので、よく確認の上、予約をするようにしてください。

Kiwi.comで予約を確認する方法

航空券の予約が完了すると、予約完了を知らせるメールが、最初に登録したメールアドレスまで届きます。予約が完了すると、予約番号(Booking number)が表示され、[Booking Status]が[IN PROGRESS]となり、手続きをしていますといった内容になります。また出発までの時間が書かれているので確認をするようにしてください。

チケット内容や時期にもよりますが、数分後にもう一通メールが届きます。それは手配の手続きが終了したという内容で、先ほどのメールではBooking StatusがIN PROGRESSだったのが、[CONFIRMED]、つまり確認されましたという内容に変わり、Eチケットが添付されます。

eチケットは航空会社ごととなっており、乗り継ぎなどで複数の航空会社を乗り継ぎる場合はそれぞれの航空会社のeチケットが届きます。ただLCCなど航空会社によっては、e-ticket numberが[Just being issued]=[もう少々お待ちください]、という表記になることもあります。現在の予約状況はWEBサイトでも確認をすることができます。また乗り継ぎなどで荷物の受け取りの必要がある場合は、それぞれ表記をされるので確認をするようにしてください。

加えて、荷物だけでなく、搭乗までの流れを詳しく記載された書類もあります。「現在支払いが完了しました。」「発券が完了しました。」などわかりやすいものになっています。現状況がどうなっているかがわからなければ不安になるのですが、Kiwi.comでは詳しく表示されるのはいいですね。

なお予約が完了していても、予約をしていたフライトのキャンセル、時間の変更により乗継便に間に合わないなどの変更はいつあるかわかりません。変更があった場合は、Kiwi.comにログインをすると確認をすることができます。

搭乗2日前までに当日のキャンセルがわかった場合は、要望をKiwi.comに伝えればその内容によって判断をするとKiwi.comの公式サイトには記載しています。

オンライン・チェックインとeチケットの違いは?
*eチケットはチェックインが必要です。

航空券の購入が終わると、それぞれのフライトによりオンライン・チェックインができるかどうかにより搭乗までの方法が異なります。

Kiwi.comの素晴らしい点は、オンラインチェックインを自動でしてくれる点です。オンライン・チェックインができるものであれば、Kiwi.comにてチェックインを済ませれば搭乗券がメールで発券されます。オンライン・チェックインはすでにチェックインが済んでいる状態なので、空港でチェックインをする必要はありません。

しかしオンライン・チェックインができないフライトに関しては、eチケットが表示されるので空港でそれぞれの航空カウンターでチェックインをします。eチケットはフライトの予約が確定したというだけのものなので、当日空港でチェックインをする必要があります。当日、eチケットを印刷して持参するのを忘れないようにしてください。

自分の予約を管理する方法

以下の画面から、予約の管理をすることができます。GoogleかFacebook、登録した内容でサインインをし予約番号や出発日、IATAコードなどで予約内容を検索することができます。予約をしたときに予約番号を控えておくと、予約の管理が簡単になります。

アプリでスマートに検索

Kiwi.comはアプリがあるので、スマートフォンからでも簡単に利用することができます。iOSでもAndroidでも対応しています。

検索画面で行き先を検索すると、以下のような画面になります。以下の画面はい先をホノルルで検索したのですが、出発地の候補が名古屋ほか10都市以上候補がでます。

現在の予約状況も確認することができます。他にもフライトの更新状況などがあった場合、メッセージから確認をすることができます。

予約ができない?キャンセルしたい?困ったときはこちらから

問い合わせ

英語での問い合わせは365日24時間対応しているのですが、日本では以下のようになっています。

営業日時 月~金 9:00~17:00

電話番号 03-4580-7554

平日の昼間だけなので、なかなかかけられない人もいるかと思います。今後、日本での需要が高まって週末や夜間も対応するようになるといいですね。本当にやばいときは英語の窓口に電話しちゃいましょう。

やはりこのあたりが、発券サイトの弱みではあります。圧倒的に安いのは人件費を抑えているからです。もし手厚いサポートを望むのであれば、こちらの記事でも紹介している旅行会社を利用して予約するのが安心でしょう。

関連記事

海外旅行の業界のプロが直伝する「海外旅行を安くする超裏技」が目から鱗すぎた
このブログでは節約して海外旅行をする方法を書いています。今回はなんと、旅行会社で働いている業界のプロの方に実際に海外旅行の航空券を安く予約する方法を徹底的に教えてもらいました。知ってますか?PEX運賃とIT運賃の違い、あえて旅行会社に見積もってもらったほうがいい理由。

Kiwi.comの保証サービスは?

Kiwi.comでは以下のような状況の時に、保証サービスがあります。しかし、条件がそれぞれのあるので確認しましょう。

・フライトの遅延により乗り継ぎがでない

・フライトのキャンセル

・フライトスケジュールの変更により乗り継ぎができない

以上のような状況になった場合、すぐにKiwi.comに連絡をしてください。

できるだけ早くKiwi.comが対処をするので、フライトの変更を自分でする前にまずは連絡をとりましょう。自分で判断して違うチケットを購入するなどした場合は、Kiwi.comの保証対象外となる可能性があります。対処方法として他の方法で目的地まで到着する方法を探し、無理の場合は航空券の払い戻しをすることもあります。

また乗継便がキャンセル、大幅な出発時間の変更などにより、他の空港へタクシーなどで移動、次の便が次の日となった場合の宿泊費、4時間以上の遅延で空港で待つ必要がある場合は、食費を負担するなどの保証があります。ホテル代は約5500円(50€)まで、食費は約1200円まで保証してくれます。

フライトのキャンセル

予約がまだ確定でなく処理中になっている時は、予約をキャンセルすることができます。この場合はWEBページの予約の管理からキャンセルボタンをおすことができます。予約が確定してしまうと、基本的にサービスは払い戻し不可となってしまいます。予約が確定したかどうかは、eチケットを受信したかどうかでわかります。

フライトの変更もすることができるのですが、変更をした場合は変更料が発生します。

フライト自体のキャンセルや、乗継便の時間の変更などで予約したフライトを利用することができなくなった場合は、Kiwi.comまで連絡をするようにしてください。この他にも、チケットを受け取っていない、公式WEBやアプリでエラーがでるなど困ったことがあるときは、メールでもしくは上記の電話番号まで連絡をするようにしてください。

スカイスキャナーとKiwi.comの違いは?結局どちらがいいの?

スカイスキャナーもまた格安航空券を探すことができる便利なサイトです。仕様もKiwi.comと似ているので、一見、違いがないように思いますが、大きな違いがあります。

Kiwi.comの担当者のエリカさんにKiwi.comを使うメリットを聞いてみたらこんな回答をいただきました。

スカイスキャナーは、メタサーチを採用しています。つまり、スカイスキャナー上で検索できるのは、航空会社やオンライン旅行会社(online travel agency)が提供している予約可能な航空券で、予約時にはそれぞれのチケットが予約できるページにとぶ必要があります。

これに対してKiwi.comは、オンライン旅行会社なので検索と予約の両方が同時にできます。検索から予約の手続きすべてをKiwi.com上で終えることができます。スカイスキャナーで検索をすると、たまにKiwi.comが結果に表示されるのは、Kiwi.comがオンライン旅行会社であるからなんですよ。

またKiwi.comは、競合他社と比べて28%安くチケットを予約できるというデータもあります。最高では、他社と比べて9割も安くなったケースもあるようです。これを可能としているのは、世界中の700を超える航空会社と提携しており、Air Asia やライアンエアーなどの格安航空会社と、ルフトハンザや全日空などのレガシーキャリア(通常の航空会社)の組合せで航空券を検索可能にしており、このような提携をしているサイトはKiwi.com以外にはありません。

(提供資料: How does Kiwi.com work – for business partners

そういう違いあるんですね..確かにだからスカイスキャナーの検索結果で表示されるわけですね。

 

以上、Kiwi.comを徹底的に活用する方法をまとめてみました。

Kiwi.comのサイト

Kiwi.com

次の旅の検索はこちらから!

 というわけで早速、次の旅の行先をこちらのKiwiの検索窓できるようにしました。

こちらでは、スカイスキャナーの使い方も詳しく紹介しているのでどうぞ活用してください。

関連記事

初心者向け!スカイスキャナーで航空券を最安で買う方法とコツ
スカイスキャナーは1000社以上の航空会社を比較し、格安航空券を簡単に予約できます。今回は、使い方を初めての人でもわかるように、具体例も交えながら丁寧に図で解説。さらに安いチケットを探す裏技も紹介します。

それと必ずしも、格安航空券の検索サイトを使うのがいつだって言い訳ではありません。実際に旅行会社に務めている方からこんな風にアドバイスをもらいました。

関連記事

海外旅行の業界のプロが直伝する「海外旅行を安くする超裏技」が目から鱗すぎた
このブログでは節約して海外旅行をする方法を書いています。今回はなんと、旅行会社で働いている業界のプロの方に実際に海外旅行の航空券を安く予約する方法を徹底的に教えてもらいました。知ってますか?PEX運賃とIT運賃の違い、あえて旅行会社に見積もってもらったほうがいい理由。

そういうわけで、方法を使い分けて旅をお得にしましょう〜

Comment

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
投稿を見逃しません