初心者向け!スカイスキャナーで格安航空券を最安で買う方法とコツ

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

初心者でもわかるスカイスキャナーの使い方

Skyscanner (スカイスキャナー)では、1000社以上の航空会社を比較し、格安航空券を簡単に予約できます。実際に、週末旅行のために予約したときのストックホルムからワルシャワのまでの往復のチケットがなんとたったの

¥2,733

だったのです。

Screen Shot 2015-09-26 at 17.43.03

そして内訳をみるとストックホルムからポーランドへの行きのチケットが脅威の¥847です。

これ、JR静岡・浜松間よりも、高速バスの東京・成田空港間よりも安いです。これ以外にサーチャージ代とかかかりません。こんな安値で予約できたので、今回はどのようにしてこのチケットを予約したのかを画像付きで紹介します。

言語の表示を変える

まず、航空券を横断検索できるSkyscanner (スカイスキャナー) へ飛びます。

Screen Shot 2015-09-29 at 20.52.05

スカイスキャナーのトップページ

日本語の表示なら何もしなくて大丈夫です。もし表示が英語だったらこの画面の右上のイギリスの国旗のマークから言語、現在地、通貨を変えて日本語にしましよう。すると以下の画面になります。

Screen Shot 2015-09-29 at 20.58.22

日本語表示になったスカイスキャナーのトップページ

表示が日本語になりましたね。

格安航空券はここに表示されている

そしたら上記画像の左下の、オレンジと黒の「航空券」と書いてあるとこに注目してください。

Screen Shot 2015-09-29 at 21.00.27

ここには現在地の都市からの格安航空券が表示されています。

「詳細を見る」をクリックすると、さらに具体的な値段がでてきます。

Screen Shot 2015-09-29 at 21.02.03

安いチケットから順に表示されました。ここでは[ポーランド]を選択し、次の画面でも一番安い[ワルシャワ]行きを選択します。すると以下のような画面になります。

Screen Shot 2015-09-29 at 21.06.13

予約可能な日が値段とともに表示される

ここでは月別に購入可能なチケットがカレンダー上に表示されます。9月は1万円代しかないので、出発日「2015年9月」というタブをクリックして月を変更します。

11月は以下の通り。

Screen Shot 2015-09-29 at 21.09.06

月を変えるとさらに予約可能な日が表示される

11月18日がワルシャワまで片道¥843円、その一週間後が¥835とずば抜けて安いです。

ここで決まりです。このカレンダーの[18日]をクリックします。

さらにチケットの条件を絞る

すると以下のような表示になります。

Screen Shot 2015-09-29 at 21.21.18

先ほど選択したチケットが最上部に表示されているはずです。この画面では左側のサイドバーで、出発時刻や到着時刻、旅行時間、乗り換え回数、航空会社に応じて、チケットの検索結果を絞ることができます。早朝の出発が苦手な人は、出発時間を昼にするといいです。

先ほど選択したチケットを再確認したら、「次へ」ボタンを押します。

するとこのチケットの発券会社であるRyanair(ライアンエアー)に転送されて、予約手続きを進めることになります。

Screen Shot 2015-09-29 at 21.28.44

基本情報を記入したら、あとはひたすらContinueボタンを押し続けて、とにかくレンタカーや空港からの電車やバスのチケットなどの追加オプションが大量に出てきますが、全て無視します。

Ryanairのサイトは残念ながら日本語表示がありません。しかし、基本的には日本の旅券の予約方法と同じなので、詳しくは以下のページなどを参考にして予約手続きを進めてみてくださ。

参考記事

すると、スカイスキャナーでみつけた値段で航空券を予約することができます。サーチャージ代なども全て込みです。

スカイスキャナーで格安航空券を最安で買うコツと裏技

裏技1: 地域を変更する

これだけでも十分安くチケットが買えますが、さらに安く買うためのテクニックがあります。その一つが、〔地域〕を変更することです。スカイスキャナーのトップページの右上にある言語や通貨を変更できるを箇所を選択します。すると以下の様な画面になります。

スカイスキャナー, 日本語, 方法, 安く, 航空券, 格安, どうやって

ここで〔国〕を選択して、他の国に設定して同様に検索すると、さらに安いチケットが表示される場合があります。安いLCC(格安航空会社)がある国、例えばヨーロッパだったらスペイン、アジア圏だったら東南アジアの国に設定するといいです。

裏技2: お知らせ受信機能を使う

まあ裏技ではありませんが、便利な機能なので紹介します。

旅行する日程を確定して、チケットを予約する以下の画面の右側に

「料金についてお知らせを受信する」というボタンがあります。

Screen-Shot-2015-09-29-at-21.21.18

こちらのボタン

このボタンを押すと、チケットの値段に変更があったときにお知らせがメールでくるようになります。「今すぐ買うわけではないけど、もしかしたら買うかも」というチケットは全て、通知機能を有効にするといいでしょう。そうすることで、低価格のチケットの買い逃しを防ぐことができます。地味に便利な機能なので有効活用しましょう。

裏技3: 他の航空会社のページから直接購入

スカイスキャナー自体はチケットを販売しているわけではありません。チケット販売会社への紹介料でビジネスをしています。それはつまり仲介のコミッションがコストになるので、当然、スカイスキャナーを介さなかければより低価格でチケットを購入できる場合があります。

ヨーロッパ内では、Ryanair やWizz Airが有名どころの格安航空会社なので、ホームページから直接予約するといいでしょう。また、日本からの長距離のフライトの場合は、フィンエアーエミレーツ航空、を確認するといいです。どちらもLCCではありませんが、質・快適さにおいてトップクラスにもかかわらず、キャンペーン中はかなりコスパの高いチケットを販売しています。

エミレーツ航空もたまにキャンペーンをやっています

しかし、スカイスキャナーは

・登録してある1000以上の航空会社のチケットが横断的に検索できる

・その中で最安チケットが探せる

・日本語、円表示も対応している

という点において、群を抜いて使いやすいです。

ですのでスカイスキャナーで検索をして、安いチケットの時期や航空会社をある程度「品定め」をしてから、それぞれの航空会社のホームページから直接購入するといいでしょう。

裏技4: 航空券が最も安いタイミングを知る

航空券はどのくらい前に予約するのが安くなるのかは誰しもが思う疑問点です。

それに応えるようにしてスカイスキャナーは、「ベスト・タイム・トゥ・ブック(予約に一番の時期)」というツールを開発しました。このツールを使うにはこちらのページに移動して、出発地と目的地を入力するだけです。例えば東京発、ロンドン着と入力してみると以下の結果になりました。

これは、現在の日から何週目の航空券の値段がどれだけ安いかを表しています。赤は直前なのでもちろん価格が高騰しているのがわかります。23週目の緑が最安の時期を表示していますね。今日(6月17日)から23週目とうことは、23週×7日=161日目、つまり今から約5ヶ月後が安いということです。

また、航空券が最も安い月と最も高い月で結果を表示させることもできます。

こちらの方が個人的にはわかりやすいです。2月が最安で8月が最高ということになります。やはい繁忙期である8月が一番高いですね。ぜひこのツールを使ってみて航空券が最安になる時期を調べてからスカイスキャナーで予約をして観てください。

チケット検索はここから

早速、以下のスカイスキャナーの検索窓から格安航空券を探してみましょう。

あとは、ホテルを予約して旅の準備完了です。以下の記事でも紹介していますが、ホテルの予約は、スカイスキャナーのホテル版ともいえる「ホテルズコンバインド(HotelsCombined)」が使いやすいのでおすすめです。

いろんなホテル予約サイトがありますが、結局どこも宿泊代金は似たり寄ったりだそうです。まずクーポン情報のある予約サイトを調べ→その後、横断検索サイトを利用するのが鉄板ですが、さらに裏技があるので紹介します。

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

 

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。解除はいつでもできます。