【吉報】ドイツでも学費無料解禁。

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

別記事「留学するなら北欧?いまだに留学生でも学費が無料な国。」で、ノルウェーの大学が、留学生でも学費が無料だと書き、ドイツも安くておすすめだと書いたのですが、ここに吉報ありです。なんとドイツでも学費が完全に無料になったようです。

スポンサーリンク




ドイツで学費が無料になった経緯

この10月に合意がとれ、学費無料が確定したようです。議員のDrothee Stepelfeldt は決定の理由を、「学費を払うことは経済的に困難な状況にある学生にとって”不当”でやる気をなくさせるものであるから」としています。

実はドイツは2006年まで学費無料だったみたいで、それ以降から学費有料化の動きが進んだようです。もちろんドイツ語を勉強しなければいけないようですが、ドイツ語の授業も大学が用意してくれるようです。英語のコースでは「インターナショナルスタディー」などの国際的な科目を履修できるようです。

物価も安くビールもうまく、国際的でヒッピーな街、ベルリンを「若者ならロンドンよりもパリよりも、今すぐベルリンに移住すべき8つの理由」でべた褒めしたのですが、これから留学決めるんならドイツ熱すぎます。

本気で留学を検討してる方はこちらも参考にしてみてください。

参考: RYOT

関連記事

スポンサーリンク







   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学で必須のサービス3つ!

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。
Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
英文の履歴書がないことにはいくら海外で仕事を探そうにも、仕事がみつかるわけがありません。そんな中、発見したのがこの英文レジュメ添削サービス「My Perfect Resume」だったのです。実際に作成してみて、とてもよかったので紹介します。