〜現在サイト再構築中〜

「社会貢献をしたい!」と若者が忖度しなくてよい社会にするために必要なこと

先日、このようなツイートを拝見しました。

一連のツイート共感しか覚えません。私も、「やりたい!を忖度する若者」についてはこちらの調査報告書の考察部分で書かせていただきました。

社会貢献をしたい!と忖度する高校生をこれ以上再生産しないためには、外発的な動機付け(授業など)で社会参加を促すのを減らし、「無目的が許容される自由な時間と空間」の総量を増やすことがまず、大事なのではないでしょうか。

ちなみに、このような発想に基づいて、子ども・若者にとっての社会参加と余暇の関係を論じた会の報告書がこちらになります。

http://www.niye.go.jp/…/editor/150/File/03tokusyu.pdf

タイトルとURLをコピーしました