PR

18歳で投票できるようになって日本の政治家は若返ったのか?

この記事は約1分で読めます。

[衆院選当選議員を徹底分析!] 18歳で投票できるようになって日本の政治家は若返ったのか?

総選挙が終わり、あいかわらずの低い投票率を嘆く声があちこちで聞こえます。

今回の投票率は、戦後2番目の低投票率で53.68%と報じられています。ちなみに10代の投票率はこの通り。

1歳でこんなに違う!

衆院選:投票率 18歳50.74% 19歳32.34% – 毎日新聞 https://t.co/Rg8qm4xWNd

— たっぺい@スウェーデンの若者政策マニア (@tppay) 2017年10月24日

18歳が投票率は50.74%なのに比べて、19歳は32.34%と大差があります。

その差18.4%です。1歳異なるだけ投票率がこれだけ異なる国って先進国で他にあるのかな..

18歳選挙権が実現したのは昨年2016年の参議院選挙からでした。そういうわけで去年の10代の投票率と今年の投票率を比較してみるとこのようになりました。

10代の投票率は低下。19歳は約10%も

去年も今年も10代全…

View On WordPress

コメント

タイトルとURLをコピーしました