〜現在サイト再構築中〜

なぜある人は北欧礼賛に反対するのか?

スウェーデン

“「毎年一時帰国するたび、日本で、福祉大国の理想郷としてスウェーデンが語られることを苦々しく思っています。税金が高く、『高負担』は確かですが、『高福祉』には疑問点も多く、日本よりはるかに優れた社会という見方には賛同できません”

こちらは『富山は日本のスウェーデン』(井手英策)で紹介されていた、2010年の朝日新聞のスウェーデンの小学校教員からの投書であり、当時、注目を集めたという。さてこの投書のスウェーデンへの「価値づけ」はどこからきているのでしょうか?

北欧礼賛への反発

もちろんそれは、当時の日本でのスウェーデンを持ち上げる風潮でしょう。「約束の地」と日本で賞賛されていた国への、一面的な価値づけに現地の人が違和感を持ったことによる反発とみることができます。北欧を無条件に褒め称える「北欧礼賛主義」と、それに反対するアンチ北欧礼賛主義の構図が見え隠れします。

人間の本能からみる北欧礼賛への反発

一連の応酬はハンス・ロスリングのFactfullnessで紹介している、人間の事実の認識を歪める「本能」に依拠しているのでは?と考えることもできます。

例えば、同書で紹介している10種類の人間の本能のいくつかを、北欧礼賛主義とアンチ北欧礼賛主義に当てはめてみるとこのようになります。

・分断本能(日本と北欧は全く違う世界) ・ネガティブ本能(日本/北欧はどんどん悪くなっている) ・過大視本能(北欧で見聞きしたことを過大評価すること) ・パターン化本能(北欧での1つの経験をすべてに当てはめてしまう) ・単純化本能(北欧/日本が良い/悪いことの理由は〜だからだ)

・犯人探し本能(北欧の治安の悪化は移民のせいだ!/ 日本の格差は〜政権のせいで悪化した!)

タイトルとURLをコピーしました