PR

教育における政治:「文部科学省の通達から46年ぶりの改正」ってもっと議論されてもいいのでは?

この記事は約1分で読めます。

18歳選挙権への引き下げの法案が衆院を通過し来年夏の参議院選挙から導入される見通しとなりました。これに伴い、高校生の政治活動を一部認める方針も検討されていることを以下の記事は伝えています。

 文部科学省は年内に高校生の政治活動に関する通達を46年ぶりに改定する。現在は1969年に出した通達で、高校内外での政治活動を「教育上望ましくない」としているが、校外に限って活動するのを認める。

高校生の政治活動解禁 政府、「18歳選挙権」見据え  :日本経済新聞高校生の政治活動解禁 政府、「18歳選挙権」見据え  :日本経済新聞

僕は、初めてこの文部科学省の通達の存在を知ったのが、静岡で若者支援の学生団体を運営しているときに、日本大学の広田照之教授を招いて講演会を実施したときでした。そのときに「だから日本の若者は社会に関わらないのか!」と思いました。

広田教授は、「AKBには熱狂するけども、投票には行かない。」と現在の若者を憂い、若者の政治的無関心や、投票…

View On WordPress

コメント

タイトルとURLをコピーしました