PR

年齢で生きづらさを抱える若者が多い日本

この記事は約1分で読めます。

キャリア・生き方 By: Kevin Dooley – CC BY 2.0

日本のライフコースは多様化したというが、ヨーロッパと比較すると本当か?といつも思う。年齢という見えない社会規範で生きづらさを抱える若者は多い。

フィンランドでは30代でも5人に1人が学生よ。日本は20代後半以降,地を這う「L字型」。教育を受ける機会が,人生の初期に集中している。だから18歳時の受験競争も過熱する。教育機会の分散,リカレント教育の充実を。 pic.twitter.com/p0wwKGrLoa

— 舞田敏彦 (@tmaita77) January 23, 2019

「ヨーロッパでは30歳で定職に着けばいい」説は舞田先生の他のデータからも明らかになっています。キャリア教育で「どんな仕事につきたいか?」を問うよりも、世界の人々の生き方を教えたほうが、もっと本質的な生き方ができるようになると思う。スウェーデンでは大学入学平均年齢は24歳です。

Partly Edited by 

Takayuki Miyadera

タイトルとURLをコピーしました