ユースワークと若者政策

なぜ若者議会につける予算は1000万円なのか?:若者の政治参画 マイノリティーの声も社会へ ④

先日のこちらの投稿に続き、今回もまたSJF アドボカシーカフェの講演録をアップします。今回は、両角と穂積市長の講演後の質疑応答の時間です。 この投稿は全4回にわけています。 ...
2018.12.10
キャリア・生き方

こんなグローバルな時代にどこで子どもを育てるか悩んでいた友人と考えたこと

先日、地元が同じ旧友とひさびさに会って身の上話しをしていたときのこと。 その旧友は都内の有名企業で働いており、これから海外に単身赴任をする予定です。今後のことを聞くと、子どもがいるのでもしかした...
2018.07.14
ストックホルム

ビジネスにも観光にもおすすめ!ストックホルムのホテル:ベストウエスタン ベントレーズ

ひさびさのストックホルム のホテルレビューです! これまでもストックホルムのホテルにはあちこちと宿泊してきましたが、今回のホテルはかなりおすすめできます。友人が勤めているホテルで、ちょっくらサー...
2019.09.06
ユースワークと若者政策

26歳の市議を輩出した新城市の若者議会はこうしてできた:若者の政治参画 マイノリティーの声も社会へ ③質疑応答

先日のこちらの投稿に続き、今回もまたSJF アドボカシーカフェの講演録をアップします。今回は、両角と穂積市長の講演後の質疑応答の時間です。 この投稿は全4回にわけています。 ...
2018.12.10
お得に旅をする方法

誰でもできる時差ぼけ対策!これで海外旅行も出張も乗り切れる

時差ボケは日本と渡航先の時差を、短時間で飛行機で移動したときに起こります。眠くなったり、逆に早朝から目が覚めたりと生活リズムが狂うので、最悪の場合せっかくのバカンスや海外での仕事をベストコンディションで望めなくなってしまいます。というわけで今回は、時差ボケ対策方法を紹介します
2018.07.03
スウェーデン

北欧最大の水の都スウェーデン「ストックホルム」はどんな街?-人口・治安・暮らし・生活費

スウェーデンの首都ストックホルムに4年間住んだ身として、改めてこの街がどんな街なのかを紹介してみます。 ストックホルムはどんな街? スカンジナビア最大の都市ストックホルムは、「北欧...
2019.09.09
ユースワークと若者政策

「世代間対立」をのりこえる試みが若者議会:若者の政治参画 マイノリティーの声も社会へ ②

先日のこちらの投稿に続き、今回もまたSJF アドボカシーカフェの講演録をアップします。今回は、愛知県新城市で若者議会の取り組みを推進した、穂積市長の講演部分です。 この投稿は全4回にわけてい...
2018.12.10
学校教育

本当に高等教育は「無償化された」といえるのだろうか?

2月12日、政府は幼児教育・保育の無償化と、高等教育機関の「無償化」を閣議決定しました。 政府は同日、低所得世帯の学生を対象に、大学や短大などの高等教育機関の無償化を図る新たな法案も閣議決定した。授...
2019.02.14
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

スウェーデンで教える学校の民主主義とは?ようやく点が線になった

スウェーデンの学校教育のある教材が、この国が理念として掲げて作り出そうとしている民主主義をよく表している。 以下にあがっているものです。 このハンドブックは、Demokra...
2019.01.21
ブログ運営方法

ブログのスパムリンクを一掃する方法

信頼性の低いサイトのリンクがつくと、ページのランキングが下がるで定期的にチェックをする必要があります。特に各方面に記事を配信しているブログならなおさらです。 スパムリンクとは? そもそもスパムリン...
2019.03.18
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

スウェーデンに学ぶ若者参加を支える思想:若者の政治参画 マイノリティーの声も社会へ ①

先日、4月に登壇したイベントの講演録を頂戴したので、いつものようにブログで共有したいと思います。 SJF アドボカシーカフェとは? 今回のイベントは、市民団体の助成事業を行っているソーシャ...
2018.12.10
ブログ運営方法

ブロガー系研究者が思う、ブログと論文の違い

ブログ=すぐ書ける 論文=書くのに半年以上 ブログ記事は集中すれば30分で書けて、すぐに反応もみることができる。一方で研究論文なんてのは書くのに半年や数年かける割には、読む人が少ない。でもなぜ書くの...
2018.06.08
メディア掲載

投票は政治参加の入り口にすぎない|東京新聞にコメントを掲載いただきました

たっぺい 5月25日(金)の東京新聞の「こちら特報部」にて電話取材していただきました。 コメントをしただけですが、かなりの長文が掲載されているのでこちらでシェアします。...
2019.04.04
DJ

Aviciiの秘密の彼女の手紙の和訳を全文掲載しました。彼へのあふれる想いに世界が泣いた

今や伝説となってしまった、スウェーデンのDJ、Avicii。 その彼になんと秘密の彼女がいたことが以下の記事から明らかになりました。 翻訳をしてくれる人を募集したところ、 A...
2018.06.27
キャリア・生き方

フリーランス辞めるって本当?自称「研究者」ではなくなりました。

今日は僕の最近の身の上話をひたすらさせてください。ソーシャルメディアでもフォローしてくれている人ならわかると思いますが、なんとこの度、私、2018年4月から雇用されて働いております。週5日、出勤してい...
2019.01.06
スウェーデン留学記

私はこうしてJICA青年海外協力隊を経てスウェーデンの大学院へ進学しました

今回は、北欧留学系の記事になります。寄稿をしてくれたのは、青年海外協力隊を経て、スウェーデンのルンド大学大学院への進学が決定した飯田さんです。飯田さんがどのようにしてスウェーデンの大学院への進学をものにしたのか、まとめていただきました。
2018.05.20
海外旅行術

音楽は国境と宗教を本当に越えるのか?〜おにぎりまでもらっちゃった!?バスキング武者修行〜灼熱のスペイン編〜

2017年の5月からシベリア鉄道で北欧入りをし、その後ヨーロッパ縦断の旅に出たのは、このブログの編集者たっぺい とギタリスト山下恭平でした。 決めたルールは3つ。 ①空路を使わない②ポルトガルが最...
2018.05.19
いじめ対策

スウェーデンのNGOに学ぶいじめが発生する原因とその解決策|月刊児童心理に寄稿しました

月刊児童心理の5月号に寄稿しました。 こちらのブログから問い合わせがあり、スウェーデンのいじめ対策についての執筆を依頼いただき、完成した原稿が無事、出版されたようです。 出版社からも許可をいただい...
2018.06.08
英語の勉強法

読書が苦手な人こそ試したい!本を早く読む15のコツ

たまたまFacebookのタイムラインで流れてきて、つい見入ってしまった英語の動画です。 タイトルは「1日1冊、本を読む方法」。 そのためにやるべきことを紹介していたので日本語でサ...
2019.05.01
海外旅行術

夏だ!海だ!トレビアーン…!BlaBla美食の南仏編|空路なしのヨーロッパ縦断の旅2017

2017年の5月からシベリア鉄道で北欧入りをし、その後ヨーロッパ縦断の旅に出たのは、このブログの編集者たっぺい とギタリスト山下恭平でした。 決めたルールは3つ。 ①空路を使わない②ポルトガルが最...
スウェーデン

日本の若者に必要なのは「人間性」をとりもどすこと|スウェーデンの新聞に載りました

ETC紙にて:Unga i Japan inspireras av svensk ungdomsdemokrati ただーっ! というわけでスウェーデンの新聞に載りました〜! NPO...
2018.06.08
お得に旅をする方法

格安航空券の予約サイト「Kiwi.com」でお得にチケットを予約する方法|評判、保証は?活用方法を徹底解説

Kiwi.comとは、CC航空会社を含めて検索をすることができるので、他のサイトや旅い会社ではみられないような最安値の航空券がみつかることができます。 出発地、目的地、日付など前もって決めておかなかくても、たとえば出発地と日付を設定するだけで、目的地を提案してくれるなど、他にはないような検索オプションが特徴です
2019.10.01
スウェーデン

現地人がおすすめするストックホルムのベスト観光スポット5選

スウェーデンに在住歴4年の私が、ストックホルムに来たら訪れてほしいお気に入りの観光スポットを5つ紹介します。トリップアドバイザーや「地球の歩き方」には載っていない、コアだけどもスウェーデンを満喫できる場所、間違いなしです。
2019.09.06
ユースワークと若者政策

社会を変えていく日本の若者と過ごしたある日のボヤキと涙

3月は、若者系のイベントづくしであった。国レベルの若者政策のへ参画、地域における若者の教育・余暇活動、そして若者の政治教育という異なる3つのテーマで、うち2つ招待をいただいた。どれも重なりそうなテーマ...
2019.05.06
DJ

スウェーデンの世界的DJ、Aviciiが突然死。彼の何が世界を熱狂させたのか?

2018年4月21日、早朝。ひさしぶりに仮想通貨が高騰し、塩漬け状態だった通貨をいくらか売りさばいてしまおうか考えているとき。スウェーデン在住の友人から知らされたのは、Aviciiの訃報でした。 ス...
2018.06.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました