返信先: 北欧留学について

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188
#8876 返信

Yoshi

北欧留学にもいくつか方法があると思います(スウェーデンのことしかわからないので、北欧の他国に関する留学の情報がもっとあるといいのですが・・・)。

1.日本の大学と提携している大学への交換留学
2.北欧の大学への自費留学
3.コミュニティ・カレッジとしてのフォルケホイスコーレ

北欧留学で、最も経済的なのは娘さんの所属している(日本の?)大学と提携している北欧の大学があれば、所属大学を通して留学するというのが、手続きや(ノルウェーはまだ無料のようですが、スウェーデンでは数年前より、EU外からの学生に高額の授業料を課しているため)経済的な面でも最も簡単ではあると思います。日本の大学での在学期間中に、休学せず相手先の大学に半年、又は1年の留学できます。留学中は日本の大学の授業料の支払いのみで、相手先の大学からは授業料を求められません。場合によっては、相手先の大学で取得した単位を日本の大学の単位に変換することも可能です。そして相手先の大学のある都市の学生寮を探す援助を受けることができます。住宅事情が厳しいスウェーデンでは嬉しいサービスです。ただ英語で提供されている科目は限られているので、そちらも相手先の大学に問い合わせる必要があると思います。こちらは参考までに、スウェーデンの主大学と提携している日本の大学のリストです:http://we-are.jp/study-abroad/1948/

またスウェーデン留学に関して:http://www.ryugaku-voice.com/junbi/select/se_ht-howtose.html

また自費でご留学を計画されているようであれば、様々な奨学金を探すことができます。ストックホルムの薬学カロリンスカ医科大学では、EU圏外からの大学院生(学部生は含まれません)に対して授業料をカバーする奨学金を出しているようです。これには生活費の補助は含まれませんがそれでも、だいぶ助けにはなると思います。またこういった留学を計画されるのであれば、日本の薬学部の学部の卒業証明と、大学の求める英語能力(TOEFLで一定の点数)を志願の際に提示すること、また入学が認められた際にはスウェーデン、または留学先の国の移民局への学生ビザの申請(銀行残高による居住中の生活費の証明を提示する必要がありますが、ビザの申請に関してはスウェーデン大使館のホームページに詳細がかかれています。これはどういった留学をするにしても本人が担当するものです。)そして住居を自分で手配するなどだいぶハードルは高くなると思いますがやりがいはあると思います。

奨学金に関して(英語):http://ki.se/en/education/scholarships
学生ビザの申請に関して:http://www.swedenabroad.com/ja-JP/Embassies/Tokyo/8/4/

また大学留学よりもカジュアルなものであれば、スウェーデン、デンマーク国内のいわゆるコミュニティカレッジのような高等教育機関、フォルケホイスコーレ(folkhögskola)に留学も可能です。ほとんどの場合は学校が田舎にあること、授業は現地語の学校が多いこと、大学の単位としては認められないことなどから、日本で学ばれていることとは関係なく北欧の生活を体験したいという方だけにお勧めします。ほとんどの場合は全寮制のため住居を探さなくていいというメリットはありますが。

参考までに:http://hyggelig-news.com/2014/09/17/13254/

http://tmm058.tumblr.com/post/137904053921/folkhögskolaとは

なにか手がかりがつかめると良かったですが、まずは何を勉強したいかをはっきりさせることが重要かと思います。

スポンサーリンク
広告
広告