返信先: スウェーデン,大学院の合格判断基準

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188
#7894 返信

Yoshi

はじめまして。7年前に日本の大学(言語・社会関係)を卒業後、ストックホルムの大学でジェンダー学で学士、ルンド大学で同分野の修士のプログラムを1年半勉強後、IT関係の職業専門学校(Yrkehsögskola)を通して、同じくスウェーデン南部で就職したものです。

スウェーデンの大学の修士のプログラムは英語で提供され、学部によってスウェーデンで生まれ育った学生と、留学生が混ざってクラスが構成されることが多いのですが、どちらにとっても一番大切な基準は、大学における英語力の証明(TOEFLまたは、IELTS)と、修士のプログラムの関連分野で学士(卒業論文を含む)を終えていることが必要とされます。日本の大学での成績や関連性をどのように証明するかですが、僕はSwedish Council for Higher Educationという政府機関に日本の大学の卒業証明+成績表を送りスウェーデンの大学入学の評価にしてもらいました(僕は日本の大学が同分野であると判断されなかったため、スウェーデンで学士からやり直しましたが)。これはスウェーデンで学士から勉強するときには必須ですが、修士のプログラムであっても関連性の証明の強化にはなるかもしれません。詳しくは次のリンクをどうぞ:https://www.uhr.se/en/start/ (詳しい内容はこちら:https://www.uhr.se/globalassets/_uhr.se/bedomning/informationsblad/engelska.pdf)

またこれが修士プログラム入学に必要なかった場合にも、卒業論文を関連分野で書いていること、そしてその英語版の要約の提出、また担当教員からの推薦状(これは書いてもらいだいぶ役に立ったと思います)などはプラスになるかもしれません。どういった書類を提出するべきか、また必要ないのかは大学や学部によるので、そこは志望学部の担当者次第ですが・・・。こちらもまだ拝見されていないようなら参考になるかもしれません(https://www.universityadmissions.se/en/All-you-need-to-know1/Applying-for-studies/Documenting-your-eligibility-for-studies/Instructions-for-Masters-applicants/)。

またこれが一番ヒントになる答えかもしれませんが、ルンド大学のホームページでは、志願者選考プロセスに関して(これも学士の選考基準を前提に書いてありましたが)、入学資格を持つ志願者が定員より多い場合には、1.高校の成績、2.大学入学資格試験の結果(大学のプログラムに入学する資格を得る、または入学の可能性を高めるために、高校生以上が自由意志で受けるスウェーデン国内で実施されるHögskoleprovetという試験)3.高等教育機関におけるポイント(これには以前の大学の成績なども含まれるはずです)のうちの一つ、またはいくつかを照らし合わせて決められるそうです。詳しくはこちらを:http://www.lu.se/studera/anmalan-och-antagning/meritvardering-och-urval(スウェーデン語)

入学資格や基準、選考に関する情報は学士のものが多いのですが、学士入学に関する基準もいくつかは修士入学に反映されると予想されます。ただ同じくルンド大学のジェンダー学の修士のプログラムもそうでしたが、ボランティア活動、人権擁護活動、NGOでの活動などなにかしら関連分野での経験を持ったクラスメートもいたことは、質問者さんも書かれいるように、高校/大学の成績+が評価基準の一部になっているのかもしれません。はっきりとしない回答も多くなってしまいましたが、なにかのヒントになれば嬉しいです。

Yoshi

広告
広告