返信先: スウェーデンの大学入試選抜基準について

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188
#13783 返信

Yoshi

はじめまして。ストックホルムのセーデルターン大学(Södertörns högskola)で社会科学系の学士(スウェーデン語のプログラム)と、ルンド大学の社会科学、ジェンダー学修士(英語のプログラム)を勉強して、IT技術系(マーケティング/購買)の現地企業に就職したものです。合格基準はどの学校のどのプログラムに志願するかによってもだいぶ変わると思います。私は日本の高校の成績はいまいちでしたが、日本の大学の成績で補足して入学できました。日本の高校を卒業して直接スウェーデンの大学に入学していないので、具体的なアドバイスは難しいですが、もし志願する場合、日本の高校の卒業が3月卒業で、こちらの大学のプラグラムへのネットでのスウェーデンの大学の総合サイトでの志願(https://www.universityadmissions.se/en/All-you-need-to-know1/Finding-out-more/International-and-EUEEA-admission-round/)が4月なのでそこは問題ないかと思いますが、フリームーバーとして来られる場合、ストックホルムでもルンドでも住宅の手配はだいぶ困難です(このことに関してはサイト主さんも何回か話題に出されていますが)。あとここ数年の難民危機で学生ビザの手配(https://www.migrationsverket.se/English/Private-individuals/Studying-in-Sweden/Universities-and-university-college.html)が追い付かず、学期スタートに間に合わないケースも多々あるようです。そこはだいぶ前からいろいろな情報収集をしておくことが求められると思います。住宅に関しては、ストックホルム学生住居(https://www.sssb.se/en/)やルンド大学生住居(https://www.afbostader.se/en/)を見るのもありですが、だいぶ競争率が激しいので、間借りなども検討してもいいかもしれません。

またスウェーデン国内での就職活動に関して、外国人枠などはなくスウェーデン人と全く同じ枠でネットで志願、目に留まれば面接、採用の流れですが、どこの企業や組織でも即戦力を求めているので、大学時代にできる限りインターンや、学生バイト(これも運がないと見つけるのは非常に大変です)、そして現地語をできる限りレベルアップしておくことをお勧めします。エンジニアやIT、医療系の専門職でもない限り英語だけで社会人経験のない外国人が採用してもらえる確率はだいぶ低いです。バイトやインターンであってもスウェーデンの企業や組織でしばらくの間働いたという経歴は、履歴書でも高く評価され、推薦書などを出してもらえればそれだけでも信用度はだいぶ上がります。これは高度な技術者ではなく、スウェーデンの大学を卒業して現地就職をした者(←私)の経験談です。また学生時代にクラスメートや、自分の興味にある分野の関係の人と積極的にかかわっていくことでネットワークを作っていけば、それもプラスです。私の知人、友人のスウェーデン人でスタートアップ関係の仕事をしている人はほとんどそういったコネクションやネットワークを通じて仕事を見つけています。長い道のりになるかもしれませんが、こちらに定住、就職をするところまでくればそれなりの達成感はあると思います。頑張ってください。