翻訳 在宅ワークについて | 海外での就活・仕事について | 掲示板

この掲示板では、北欧留学、海外移住、フリーランスなど、このブログに関連のあるあらゆるテーマについて、質問をし合ったり、情報をシェアすることが可能です。

掲示板の使い方

・この説明部分の下から気になるカテゴリーを選ぶとこれまでの投稿をみることができます
・質問するには以下から該当のカテゴリーを選択後に、[トピックを追加]よりどうぞ
・質問、回答をするにはユーザー登録をしてログインしてください
こちらのページの[トピックを追加]からすぐに質問をしてもらっても問題ありません。
最新の投稿はこちらから確認できます
・リンクの掲載など自由にしてもらって構いません(商業目的、スパム厳禁)
・詳しい掲示板の使い方のこちらの記事からどうぞ
・これまでの投稿やトピックをキーワードで検索するには、以下の検索窓をどうぞ

翻訳 在宅ワークについて  

  RSS

Anonymous
 Anonymous
(@Anonymous)
参加:49年  前
投稿: 0
18/05/2016 2:55 am  

翻訳等の在宅ワークのクラウドソーシングについての記事を読ませて頂きました。
現在エストニアに住んでいるのですが, 日本の銀行口座を持っていません。海外の銀行口座でも支払いの受け取りは可能なのでしょうか?
Paypalでの支払い受け取りもまた可能なのでしょうか?

よろしくお願いします。


返信引用
Anonymous
 Anonymous
(@Anonymous)
参加:49年  前
投稿: 0
18/05/2016 7:51 pm  

イルカさん

どのクラウドソーシングを使うかによって異なるのではないでしょうか。
またぼく自身は日本の銀行口座を使っているので、あまり存じ上げません。
しかし、海外の銀行口座でもSWIFT/IBANを教えれば基本的に送金は可能なはずです。
詳しくはクラウドソーシング会社、自身の銀行に聞いてみるといいかと思います。

両角


返信引用
Anonymous
 Anonymous
(@Anonymous)
参加:49年  前
投稿: 0
28/07/2016 2:39 pm  

初めまして。同じくヨーロッパの大学に留学して、時々仕事をもらって働いてもいる者です。
非常に興味深い記事がたくさんあって、「研究者の鏡」「フリーランサーの鏡」だなと読んでいました。
私も質問も翻訳を在宅ワークとしてする場合なので、この投稿にぶら下がらせてもらいました。

さて、本題。
以下の場合、税金はどこに収めることになるのでしょうか。おわかりになるようであれば教えて下さい。
①雇用関係があり、日本で発生した仕事をメール経由で海外で受け、海外で作業をして、再び日本に納品する
②雇用関係はなく、日本で発生した仕事をメール経由で海外で受け、海外で作業をして、再び日本に納品する
③日本の会社の人がこちらに来て、一緒にこちらで仕事をする
(いずれも日本の銀行口座に給与・報酬が支払われる)

なんだか税法のニッチな問題を提示しているようで、
はっきりしなければ税理士か弁護士に聞くしかないかなとも思っているのですが。それとも税務署?

…というのも、すべて既にしてしまい、日本の確定申告の時期にすべて確定申告・納税したのですが、
現在住んでいるところの確定申告の期限が過ぎてから「本当にそれでよかったのかな?」と不安になり、
必要なら、日本でもこちらでも税務署に出頭して、追納なり対応をとるべきだと思っています。
条文がどうのこうのより、どのような実践がこれまでになされてきているかなのかなと思うので、
他の方の状況をお聞きしたくて、ここに書かせてもらうことにしました。

ちなみに、私は学生ビザで滞在していて、年間の就労時間に制限があるのですが、
受けている仕事は時給制のものもあれば、1件あたりの包括のものもあり、
このあたりもどう解釈すべきなのか不明ではあります。

おわかりになることがあれば、ご回答よろしくお願いします。


返信引用
たっぺい
(@tppay)
管理人
参加:4年  前
投稿: 122
30/07/2016 7:05 pm  

cocoさん
初めまして。投稿ありがとうございます。

ぼくもこの点はとても気になっていたので、この春に地元に帰った時に何度も税務署に出向いて質問をしました。特にどこで税金を納めたらいいのかという点においてです。
税務署の職員さん曰く、税金を払う住民に該当するかどうかの基準は「居住者」であるかどうかで判断が分かれるようです。居住者の定義としてぼくが伺ったのは、その国に一年のうち半分以上住んでいるかどうかです。これに加えて、所定の就労時間・所得を超えた場合です。かなり複雑なので、税務署の方に聞くのがいいですよ。

>以下の場合、税金はどこに収めることになるのでしょうか。おわかりになるようであれば教えて下さい。
①雇用関係があり、日本で発生した仕事をメール経由で海外で受け、海外で作業をして、再び日本に納品する
②雇用関係はなく、日本で発生した仕事をメール経由で海外で受け、海外で作業をして、再び日本に納品する
③日本の会社の人がこちらに来て、一緒にこちらで仕事をする
(いずれも日本の銀行口座に給与・報酬が支払われる)

これもぼくも税務署に質問しましたが上記のケースがどのようになるかは少し複雑すぎてわかりません。
僕の場合は、ヨーロッパの企業から仕事を日本に事業をもつ個人事業主のぼくが請け負い、作業は日本でし、納品を当該企業にして、給料の支払いは日本の銀行口座にするという状況です。この場合でも、まず日本に一年のう半数以上いて、報酬の受け取りを海外から日本の銀行でしているので、税金は日本へ払うことになっています。
以下の記事で書いていますが、JETROにぼくも相談をしました。この程度のことでしたら、無料で相談にのってくれます。 https://tatsumarutimes.com/archives/6968
ぜひ参考にしてみてください。


返信引用
たっぺい
(@tppay)
管理人
参加:4年  前
投稿: 122
03/08/2016 7:33 pm  

イルカさん

そういえば、Paypalの日本版がちゃんと駆動するようになってから、一部の海外からの振り込みをPaypalにしており、何も問題なく受け取りができています。


返信引用
Anonymous
 Anonymous
(@Anonymous)
参加:49年  前
投稿: 0
07/08/2016 10:10 am  

なるほど!
参考にさせていただきます!ありがとうございます!


返信引用
  
動作中

ログイン または 登録 してください