電源

海外旅行術

バンコクスワンナプーム空港で仮眠したいなら空港内ホテルBoxtelがおすすめ

バンコクスワンナプーム空港はハブ空港なので乗り換えをする人も多いはず。長旅はやはり疲れるので、横になって寝たくなったらBoxtelがあることを覚えておくといいでしょう。24時間受付、無料Wifi、電源あり、ふかふかのベッドを3時間3300円で借りれます。
2018.10.10
ポーランド

ポーランドでヒッチハイクを断念したのは格安バス「ポルスキバス」がとんでもねぇからです

これまでシベリア鉄道を経て北欧入りし、ストックホルムからフェリーでポーランド入りをしてグダンスク→ワルシャワ→クラクフ→プラハと移動してきました。 ヒッチハイクで欧州縦断!をあえなく断念 最初はヒッチハイクで欧州縦断!する予定でしたが、あえなく断念しました。
2018.06.08
シベリア鉄道経由で北欧入りの旅

シベリア鉄道で「ゾウ」を目撃した日|シベリア鉄道のりかえ北欧を目指す旅その⑤

シベリア鉄道経由、北欧を目指す旅3日目に差し掛かりました。シベリア鉄道のトイレ・車内食堂・車窓から眺めるシベリアの風景、シベリアであった「象」、などを紹介します。
2017.11.09
シベリア鉄道経由で北欧入りの旅

これが世界最長の鉄道の寝台車!ベッド・収納・電源を写真で紹介。

旅路の報告記事だけではつまらないので、シベリア鉄道ならではのテーマ記事もあげていきます。今回は、ぼくが乗車したシベリア鉄道「ロシア号」の寝台車の内部を紹介します。
2017.10.31
NO IMAGE ストックホルム

電源・Wifi・プリンター完備の『Coffice』なら仕事も勉強も俄然はかどります。

ストックホルムのヒップ街、スーデルマルムの一角にある僕もよく利用するカフェを紹介します。 ベルリンにいた頃によくコワーキングスペースっぽいカフェをよく利用していて、ストックホルムにも似たようなも...
2016.12.10
スポンサーリンク