参考書

サポーター限定記事

留学前に知っておけば良かったTOEFLの勉強法のこと|そもそもTOEFLよりも…

ここで紹介しているのは、実際にぼくがやっていた勉強法と、今から思えばこうやっておけばよかったという勉強法の両方が混ざっています。このように自分なりに勉強法をまとめましたが、今思えばTOEFLの受験中にこれだけはもっと早く知っておけば良かったと思うことが2つあるので紹介します。
2018.03.13
英語の勉強法

現役海外大学院生が教えるTOEFL攻略法:ライティングで使える参考書と活用したいウェブ添削

TOEFL IBTで80点を取るために必要な点数配分の理想は、リーディング 23点、リスニング 22点、スピーキング 15点、ライティング 20点ですが、真っ当に訓練をしていればたいていの場合、日本人はライティングでは20点以上はとることが可能です。しかし、スピーキング、リスニングで点数がとれない場合も考えると、ライティングで20点以上を稼いでおき、25点以上を目指すのが得策でしょう。
2018.05.01
DJ

「DJしてみたい!」けど、何から手をつけていいかわからない人が読むべき鉄板DJ教材

「DJを気軽にやってみたいんだけど、そもそもDJがどんな感じなのかわからないから触りだけでも!」って人のために書きます。素人の僕がDJになるため、もしくはDJになってからも音楽を入手するために活用した教材やウェブサイトも紹介します。
2018.05.06
北欧へ留学する方法

【現役海外大学院生がおすすめする】スウェーデン大学院留学で実際に使って役に立ったTOEFL IBT 英語の参考書 まとめ

アイ・ビーリーグやイギリスの名門校を目指してて100点以上必要って人はもっとすごい人を探してください。しかし、TOEFL超絶初心者だった僕は、右も左もわからないところから始めたので、これから勉強するって人のためにまとめます。
2017.10.31
スポンサーリンク