ユースワーク一覧

もうこれ以上ガラパゴス化はさせない!世界の若者政策のまとめサイトができました。

今回のアップデートは、新たなページ追加に伴う大幅なサイトレイアウトとデザインの変更です。Youtgpolicy.orgは、世界のユースワーク、若者政策に関する調査と研究をし事実に基づいた知識の集積をしているウェブサイトですが、中でも一押しなのが195カ国各国の若者政策に関する情報を収集したファクトシートです。195カ国の全ての国ごとに作っています。

ストックホルム暴動について その2 – ある郊外の「社会的持続性」

前回の記事、ストックホルム暴動について  -スウェーデンのユースワークの日常と歴史に照らして に引き続き、ストックホルム郊外で起きた若者の暴動についてです。本当の原因、そして解決策はなんなのか、今回はある別のスウェーデンのコミュニティで火災報知器が一ヶ月に32回も鳴っていたゲットーがどのようにして、生まれ変わったのかについて書きたいと思います。

ベルリンの国際NGOでインターンが始まりました。

Demokratie&Dialogue という名前のNGOで、Youthpolicy.org というウェブサイトの運営を基本とし、世界のユースワーク、若者政策に関する調査と研究をし事実に基づいた知識の集積をしています。若者政策の体系化と分析、実施、そして評価までに及ぶ知識と情報の統合と生成を行ないます。例えば、世界の国々には若者政策があるのかどうか、というのをまとめた世界地図がこんな感じ

NO IMAGE

政治好きな若者が「増えている」国、スウェーデン

2010年 18歳〜21歳の若者の投票率 79%18歳〜25歳の若者の議員数増加16歳から25歳の若者の3.5%が政党組織所属(過去10年間で変化なし) 2012年の16歳から25歳の若者の政治活動参加率 71%うち50%の若者がインターネットを介して社会的な問題への支持を表明 40%の若者が自分の地域に影響を与えることに興味があり、17%が政治家に意思表明する機会があると感じている。

スウェーデンの若者支援の現場を日本の若者団体が訪問しました。(報告書あり)

「すべての市民の声を聞き、それをきちんとまちに反映させることにより、住みやすいまちをつくるのである。そうして魅力的なまちにしていきカールシュタッド市の人口を増やしていくのが市全体の目的である。」

スポンサーリンク
スポンサーリンク