大好評!ブログでは書けないぶっちゃけ記事を有料メルマガ限定で配信中➡️詳細こちら

2018-03

ユースワークと若者政策

なぜスウェーデンは子どもの権利条約を法制化するのか?|スウェーデン子どもオンブズマンに聞いてみた

子ども・若者の生活状況をよくするために重要な役割を果たす第三者機関として、「子どもオンブズマン」というものがあります。「オンブズマン」という言葉は、もともとスウェーデン語で「代理人」を意味し、市民の権利を行政機関が侵害していないかを「監視」
キャリア・生き方

沈みゆく日本の大学業界をこれからの若手が生き抜いていくには?

この3月上旬、オスロはノルウェーへひとっ飛びしてきました。何気にノルウェー入りは初でちょっとだけワクワクしました。今回、オスロへ旅立ったのは国際学会で発表のためです。Nordic Educational Research Ass
ブログ運営方法

海外では海外では〜はうざい?「海外出羽守」の発信者も批判者も気をつけたいこと。

海外出羽守とは? 海外出羽守(かいがいでわのかみ)とは、「〜の国では」と何かにつけて海外の事例を引き合いに出して語る人のことです。 ぼく自身、ヨーロッパに住んで学問的にも、時にはただの雑感としても多くの海外事例を紹介してきました。し
フリーランス

【秘伝】失敗しない海外視察のコーディネート術を徹底伝授!

日本からスウェーデンへの視察は盛んです。様々な分野から視察団が渡欧するが、私はその中でも、若者支援、教育などの分野で視察のコーディネートをお願いをいただきます。先日もNPO法人わかもののまち静岡という、まちづくり系のNPOの視察のコーディネ
会員限定記事

奨学金も仕送りもなしでこうして北欧留学しきった! スウェーデン留学時の収入を完全公開

有料メルマガの配信から1ヶ月が経とうとしている。 この間、有料記事ではどのようなコンテンツを配信しようか慎重にテーマ選びをしている自分がいることに気づいた。なぜなら、有料メルマガはお金を頂いていること、クローズドであるということ、そし
キャリア・生き方

不確実性の高い時代の根を張らない生き方のすすめ:その2〜「やりたいこと」との向き合い方

2017年の暮れに、母校である静岡県立大学にて講義をしましたのでその講演録をシェアします。キャリア概論という授業で、ぼくの師匠である津富教授に招かれて授業をさせていただきました。題目は「根を張らない生き方」。というわけで今回は前回の講義に引き続き、この授業の後半の座談会の様子をお届けします。
スウェーデンの若者の投票率が高い理由

なぜ生徒会の活動は重要なのか?スウェーデンの生徒会の全国組織のトップに聞いてみた

今回、スウェーデン全国生徒会組合の現在の代表であるリナさんにインタビューをしました。組織のミッション、活動、運営体制などひと通り質問しつくして、視察団が最後に聞いた質問がこちら。「なぜ生徒会の活動が大事だと思いますか?」 するとこんな回答をサクッといただきました。