完全版!日本人でも志願できる海外の奨学金情報サイト50をまとめました(随時更新)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

日本は先進国の中でも大学にコストがかかりすぎる国として有名です。その理由には、

①学費の高さ

②給付型奨学金(返済不要)の少なさ

があげられます。アメリカ、イギリスも確かに学費が高いですが、民間の給付型奨学金が多いので経済的にも困難でも進学がしやすくなっています。対して日本はそれすらも少ない状況なので大学進学が大変なのです。いわんや海外留学をやです。

前回の記事では、海外で奨学金が出るインターンシップ・ボランティア・イベントを探すことができるサイトを紹介しました。今回は、日本人が海外留学で志願できる奨学金サイトをまとめます。こちらのメインブログの記事でもいくつか紹介していますが、ここでは出し惜しみせず紹介します。後日、発見した奨学金情報もここに追加していきます。国内、全世界、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの順に紹介します。そのサイト数なんと50に及びます。

続きは以下のnoteの有料記事をご購入ください。一生懸命まとめたのでどうぞよろしくお願いします!

続きはこちらのnoteの有料記事で公開しています。

もしくはTatsumaru Timesのプレミアム会員(350円/月)に登録し、ログインすると、全文が読めるようになります。有料会員(プレミアム・サポーター)は、その他の会員に限定公開している記事もすべて読めるようになるようになります。
なお会員限定記事は、転載・漏洩一切禁止しています。

ログインは以下からどうぞ。

この続きを見るには有料会員としてログインする必要があります。会員について

関連記事

スポンサーリンク







   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学で必須のサービス3つ!

留学にしろ、海外での就職にしろ必要になるのが「英文の添削」です。 大学への志願理由書や、欧米企業への就活の際に必要なカバーレター 。今回紹介するサービスは、大学や企業への英語の志願理由書の添削に特化したものです。その名もTopAdmit。早速、実際に使った志願理由書を添削してもらったのでそのレビューをしてみます。
Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
英文の履歴書がないことにはいくら海外で仕事を探そうにも、仕事がみつかるわけがありません。そんな中、発見したのがこの英文レジュメ添削サービス「My Perfect Resume」だったのです。実際に作成してみて、とてもよかったので紹介します。