ネットだって出会いの場のひとつ?スウェーデンの恋愛観に納得

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

忘れたくないし、素敵だなと思うのでまとめます。

スウェーデン流の恋愛観です。

ぼくもかつてスウェーデン人の彼女がいましたが、そのときにスウェーデン流の恋愛スタイルについて教えてもらいました。この恋愛観によると、クラブで会った人と「ワンチャン(一晩だけの関係)」も出会いのひとつとして、ありになります。

*スウェーデンのすべての人がここで紹介する同様の価値観であるわけではありません

「付き合ってください」などない

スウェーデン, 恋愛, デートIMG_1400

まず、スウェーデンでは日本の様に「付き合ってください」→「はいorいいえ」で、カップルになるということはあまりない様です。なぜなら、それは「不自然」だからです。お互いのこともよく知らないのに、いきなりプロポーズ的なことをして、関係を「縛り」あって、自分は相手のことを「好き」なんだというマインドセットにすることは、不自然であると。

日本の場合でも、もちろんこれは極端な例でたいていの場合は、初めは友達として知り合って関係を築いて「付き合ってください」が起きます。しかし、「付き合ってください」が起きるときというのは、半ば強引にその時点での「関係性」を定義するという点において「不自然である」ということです。

カップル萌芽期

ではどのようにしてカップルになるのか?

出会いは何であれ「繰り返し・何度も会っているうちに自然にカップルになる」というのが答えでした。

もちろん出会い、きっかけは多様であっていいのです。

クラブで初めて会った人と朝を共に過ごすことも一つの出会いですし、よくいくカフェの定員と客としての出会いとか、学校の同級生だとか、ネットやアプリ(Tinderペアーズなど)で、出会うとかもひとつの「出会い」のきっかけです。

大事なのは、その出会いが一回で終わるのか、その後も何度も続くかです。

あの人いいかも!となったら、自然に会いたくなりますもんね。その繰り返しです。

そして、身体の相性を求める人もいれば、そうじゃない人もいます。知的な会話や、笑いのツボ、リズムやテンポ、空気感、性格、趣味など、自分のこだわりのあるところを潜在的に確認し合う作業が続きます。これが「カップル萌芽期」です。

ロマンチック観

あと、ロマンチック観も違うようです。日本にいたこのスウェーデン人の友人曰く、日本だと「夜景が眺める高層ビルのバーでカクテル」が鉄板ロマンチックということらしいので、とりあえずそうやってデートするのだとか。ロマンチックのルールに右へならえするのだとか。なぜならロマンチックであることが、よくわからないから。

IMG_1097

スウェーデンはもっと自然であると。好きをもっと自然な方法で、好きなときに表現することがロマンチックということらしいです。手をつないでいて突然キスするとか。

カップルであるかどうかを確認する方法

「じゃあどこでカップルという線引きをするのさ!」という疑問が浮かびます。カップルとして自分たちを認めるときというのは「互いに相手をパートナーとして認めているという信頼関係があるとき」なのだそうです。

例えば、最近よく一緒に遊んでいるあなたが好きな「相手」と、友達のパーティーに行ったとします。そして席に隣り合って座っているときに、友人らに「あれ?二人付き合ってるの?」と聞かれたとき、あなたと「相手」が「付き合ってるよ」同時に自信を持って言えている状態ということです。これは何も二人で「はい付き合ってます」と回答しろ、と言っているわけではなくて、自分が相手を彼氏・彼女とみとめ、「相手」も同様に思っているであろうことを、同じレベルで意識している関係性の認識が共有されているかどうかということです。

つまり、あなたと「相手」に友達が「付き合ってるの?」と聞いてきたときに、あなたが「うん。付き合ってるよ!」と答えたとしても、「相手」がその回答に対して違和感がないのなら「付き合っている」ということになります。また「相手」の表情が変わり「いや〜どうかな〜」という顔を少しでも見せたら、「付き合っていない」ということになります。

そのときの関係性の認識のズレは、カップルである条件がどう違うかに起因します。お互いにとって、付き合っているという状態は何かについて最低限の合意があれば、このズレがなくなるということです。

まとめ

以上要約すると、スウェーデン流の恋愛観とは

・出会うきっかけは、クラブでも学校でも会社でも合コンでもネットでも何でもいい

・自然体で「好き」を好きなときに表現するのがロマンチック

・繰り返し二人だけで会い続けていたらほぼカップル

・カップルであることとは何かについて、同じ認識をしていることが「カップル」になることの条件

ということです。

他にもスウェーデンでの恋愛はいろいろ違っていて、当惑することが多いです。例えば、デートのことをデートと呼ばないで「フィーカ(お茶すること)」と呼んだほうがいいとか、ハグのタイミングとか、デートでおごらなくていいとかとか。

これらはまた別でまとめます。

※おまけ

日本だと「ネットの出会い系」というのは怪しい印象が昔はありましたが、最近ではペアーズYCCTinder などの「出会い系アプリ」が若い人の中でとくに一般的になってきました。FacebookなどのSNSでより個人を特定しやすくなったことが、ハードルを下げているのでしょう。

スウェーデンでは、ネットでの出会いがかなり一般的です。最近ではネットとスマホの普及でより利用しやすくなりましたが、その前からもスウェーデンではパソコンから出会い系のサイトで人と知り会うのも一般的だったようです。友達が教えてくれたのは、それはおそらくスウェーデン人が比較的シャイであること、「個人番号」という日本でいうマイナンバーが昔からあることが理由じゃないかということです。「個人番号」がある人は、ネット上で住所がわかるようになっています。つまり、実在する人物かどうかをすぐ特定できるので、怪しいことができにくいということです。最近ではSNSがそれを担保しているのでしょう。

シェアする・いいねする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

 

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。解除はいつでもできます。

コメント

  1. 内野 より:

    こんにちは。県大出身の内野と申します。以前達平さんの講習会に参加させて頂きました。

    「付き合っている」という認識に関しては、留学していたカナダでも似たものだったと記憶しています。いわゆる「告白」のような宣誓をしなくても、一緒に遊んだりする中で自然発生的にカップルになっている、という感じでした。出会いのキッカケをオープンにしているというのもなんだかいいな、と感じてしまいました。

  2. tppay より:

    内野さん
    コメントありがとうございます。カナダでもそうなんですね。アメリカ人の友達は、アメリカでは日本のようにDo you want be my girl friend? 的なことを聞くと、聞きましたが、カナダは違うんですね。隣国なのにおもしろいです。

  3. […] ワンチャンだって出会いのひとつ?スウェーデンの恋愛観に納得 […]

  4. […] ワンチャンだって出会いのひとつ?スウェーデンの恋愛観に納得 […]

  5. 揚げ足タイムズ より:

    日本の恋愛感を持ったままこっちで生活している自分にはとてもよいまとめになりました! ラジオを聴いていると50代でもネットで恋愛を探した経験があるというのをパーソナリティーの方に話していましたし、ややテクノロジーに疎い年配の人は新聞の専用の広告欄?で恋人(勿論友人や趣味友も)を募ったりもしています。社会構造としての福祉は勿論大切ですけど、ちゃんと国民の意識レベルがついていけてるからこその”福祉国家”なのかもしれませんね。

    p.s. 日本では法律上最大一年(!)の育児休暇(父親も)が認められているそうです。 読んだ記事は法律制定自体は大した効力がないとまとめられていてその通りだなぁと思いましたね。