Uberは海外でつかえる?実際に使ってみたら便利だったので使い方を解説!

スポンサーリンク
たっぺい
たっぺい

にわかに注目を集めている個人タクシー配車サービスUber (ウーバー)。海外にいながら、初めて利用してみてとても便利だったので、使い方をわかりやすく解説します。これを読んでおけば次の乗車も問題なくできます。招待コード(割引)も貼っておきますので、ぜひ利用してみてください。招待コード:jjd39w2mue

スポンサーリンク

海外でUberを使ってみた!

引っ越しで荷物を運ぶ必要がありました。場所はストックホルムはスウェーデン。


荷物はこんなもん。多くないんだけど、スーツケースが本の山で重いのと、運びにくい荷物がいくつか。2人だったら電車でもギリギリいけそうな荷物量。これだけの荷物のために引っ越し業者を雇うのは、さすがにだるいかと。

そしたら友人が

Uber使ってみれば?」

と。

ということで、使ってみましたが、その便利さと快適さに感動しました!

海外でUberを使う方法その①:アプリから車を呼び出そう

ユーザー登録をしてアプリをダウンロードして、起動させると早速、配車の画面に。

まずは行き先を入力します。出発点は、自分の現在地が自動入力されます。

行き先を入力するとこのような配車の画面になります。

現在地の周辺で利用可能なUberの車が、地図上に表示されます。

この画面では、配車する車の種類を選べます。Uber Black が標準サイズで、Xが小さめ、LUXがリムジンでパーティー向け。たいていの場合はUber Blackでいいかと思います。

GPSをオンにしておくと、このように自分の現在地に「乗車場所を設定する」というピンが地図上に出てくるので、良ければここをタッチ。

それに合わせて予定到着時間、料金が算出されます。この時点でもう未来感マックス!


海外でUberを使う方法その②:待ち合わせる

地図上にGPSで車の現在地が表示されます。

運転手の電話番号と名前、顔写真も掲載されるので安心です。ぼくは出発地点を間違えてしまったのですが、電話ができたので正確な位置を後々教えることができました。

到着すると、フレンドリーで感じがよい運転手ALIさんが登場。

重い荷物を積むのを手伝ってくれました。

海外でUberを使う方法その③:いざ目的地へ

そして出発。

img_1443-1

行先は伝える必要がありません!なぜなら配車時に既に運転手は知っているからなんですね。言葉が伝わりにくい海外でこれはありがたいですね~

このようにルートが表示されて、出発時間と、到着時間が表示されます。(画像は清算のメールですが似たような表示でした。)

途中、鍵を返す場所に寄ったりする要望にも対応してもらえました。

そして到着。ここでも荷物の運び出しを手伝ってもらいました。

海外でUberを使う方法その④:支払いはカードで自動!

支払いはどうしたらいいかと聞くと、「もう終わってるよ!」とのこと。

なんと、Uberアカウント開設時に登録したクレジットカードですでに支払いが終わっていたのでした!すばらしすぎる。

IMG_1444
乗車時間約20分、走行距離約11キロで、開始料金を含むと合計で、368 SEK (約4500円)。まあ物価の高いスウェーデンなので安くない値段でしたが、今回は初めての乗車で、Uberの招待コード(※以下に僕の招待コードをシェア) を使ったので、なんと最終的に支払った料金は192 SEK (約3000円)ですみました!

これだけの手間で3000円は安すぎるといってもいいくらいです。

海外でUberを使う方法その⑤:評価しあいましょう!

FullSizeRender

乗車後はメールで、決済料金、乗車時間、配車区間などがまとめられて送られてくるのですが、ここで運転手の評価ができます。運転手のALIさんは、荷物運びも、寄り道もしてもらい、車内でも楽しく会話してくれたので、もちろん文句なし五つ星をつけました。おもしろいのは、この評価が運転手から乗客へもできるようです。

つまり、乗客もいい振る舞いをしないといけないということです。当然悪いマナーだと、ドライバーからの評価も低くなるので星の数が少なくなります。以下のGizmodoの記事によると、この星の数は配車の検索時にドライバーにみられるので、乗客としての評価が低いと配車が見つけにくくなるようです。

Uberのドライバーがつけた自分への評価を確認する方法

Airbnbと同じで、面白い工夫ですね。

こうすると、客のマナーもよくなりますし運転手もできる限りのサービスを尽くそうとなりますね。だからALIさん、親切だったのか!

海外でUberを使う方法:まとめ

「個人配車」という響きにおそ、配車、決済、サービス、評価制度、すべてがとても透明度が高く、安心して利用することができました。(ただ、かなりスマホの電池を消耗するので、バッテリー残量には気をつけて下さい。)海外在住者や旅行者も、これなら現地の怪しげなタクシーよりもUberのほうがよっぽど安心して使えるんじゃないかとすら思いました。

これは海外で使えるアプリの殿堂入り間違いなしです。

Uberが利用できる都市

Uberは、本当にどこでも利用できます。ホームページにいくと以下のアメリカの主要都市のみならず、そのほかの世界の主要都市でも利用できます。

ヨーロッパ

アムステルダム、イスタンブル、イングランド、バーミンガム、ウィーン、エディンバラ
オスロ、キエフ、ギリシャ、アテネ、クラクフ、グラスゴー、コペンハーゲン、ジュネーブ
、ストックホルム、ストラスブール、ソチ、タリン、ダブリン、チューリッヒ、ニース、
フィレンツェ、ブカレスト、ブダペスト、ブラチスラヴァ、ブリュッセル、プラハ
ヘルシンキ、ベルファスト、ベルリン、ポズナン、マドリード、マルセイユ、マルメ、マンチェスター、ミュンヘン、ミラノ、ミンスク、モスクワ、ヨーテボリ、リスボン、リヨン、リーズ、リール、レスター、ロッテルダム、ロンドン、ローザンヌ、ローマ、ワルシャワ、ヴィリニュス、ヴォロネジ

中東

アスタナ、アブダビ、アルマトイ、アンマン、サウジアラビア東部州、ジッダ、テルアビブ、ドバイ、ドーハ、バクー、ベイルート、マナーマ、リヤド

東アジア

ソウル、マカオ、京丹後、仁川、台中、台北、東京、香港、高雄、ハルピン、北京、南京、天津

東南アジア

クアラルンプール、シンガポール、ジャカルタ、ハノイ、バンコク、ホーチミン、マニラ、バンドン

オーストラリアとニュージーランド

シドニー、メルボルン、ニューカッスル、オークランド

 

招待コードはこちら

いかがだったでしょうか?Uberは一度使うとタクシーが使えなくなるくらいに便利です。

以下のURLから登録すると、今なら初回の乗車が約1500円割引になりますので、これを機にぜひご登録を。

Uber

すでにUberをつかっている方は、アプリ内の「招待コードを入力」で「jjd39w2mue」を入力すれば割引が使えます。

それでは良い旅を~!

ドライバーになって、隙間時間で働くこともできる!

さらにUberはドライバーになって白タクシーを配車したり、出前をする側になることも可能です。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

海外在住の日本人ができる仕事はこんなにある!自分だけの「ナリワイ」をつくりましょうよ。
今回は、日本人が海外にいながらにしてできる「ナリワイ(生業)」にはどんなものがあるのか、そして実際に「ナリワイ」にするためのサービスをまとめてみました。何も現地就職やバイトだけが食い扶持に繋がるわけではないことがよくわかります。

Comment

  1. […] あずけて、いざ出発。しかし、Nyneshamnというフェリーが出港する場所に到着する電車を直前で逃す。頻繁に出ていないことが明らかになり、間に合わないのでウーバーを召喚することに。 […]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
投稿を見逃しません