北欧への旅行・留学・出張ににおすすめなクレジットカードはこれ

Visaカードでもマスターカードでもいいので、スウェーデン・ヨーロッパに飛ぶ際には、とにかくクレジットカードを作っておくことをお勧めします。

ここでは主にスウェーデンのクレジットカード事情について書きますが、基本的には他のヨーロッパの国も同じような状況だと思っていいでしょう。

ここでいうクレジットカードとは、銀行口座にお金がなくても、次の給料日までに口座にお金を用意しておけば支払いに使えるカードのことです。現金を銀行口座から引き出すデビットカードではありません。

というのもスウェーデンでは、クレジットカードが文字通りどこでも使えるからです。

盛っていません。

カードを使えない場所が思い出せません

クレジットカードが使える場所を列挙すると、

  • スーパー
  • お土産屋
  • ファストフード店
  • デパート
  • アパレル
  • 雑貨店
  • レストラン
  • バー
  • パブ
  • クラブ
  • カフェ
  • 古着屋
  • 家電
  • セカンドハンドショップ
  • コンビニ
  • バス・電車の券売機
  • 自動販売機

自動販売機のカードを読み取る機械 | Source :bjornbrum.

逆にクレジットカードが使えなかった場所を思い出してみると、

  • トイレ(スウェーデンの公衆トイレは有料で5 SEK 〜10 SEK( 約72円〜145円)かかる
  • 露店、フリマ(最近では電話番号とMobile Bank IDさえあれば送金可能なSwishというアプリで送金のやりとりをする場合も増えてきた)
  • 一部のカフェ、パブ (この一年で3件くらい)

くらいです。

本当にこの一年間でクレジットカードが使えなかった場所は思い出せても片手で数えられる程度です。(逆にドイツはクレジットカードよりも、キャッシュが好まれる社会なのでまだまだクレジットカードが使えないところは多いです。)

クレジットカードとデビットカードどっちがいい?

日本人の訪問者は、空港に着いたら円をすぐにスウェーデンクローナに換えてしまいますが、手数料と引き出す手間を考えると、圧倒的にクレジットカードを使ったほうが楽です。

口座に残っている金額分しか使えない安全なカードは、デビットカードといいますが、こちらと比べてもクレジットカードのほうが総合的に便利です。

簡単にクレジットカードとデビットカードの違いをまとめると以下のようになります。

クレジットカード
デビットカード
支払い 後払い(借金をして翌月引き落とされる) 口座にある分だけ払える
年会費 無料(がほとんど) 有料(の場合もある)
発行審査 審査あり 16歳から誰でも所有可能
ポイント還元率 高い クレカの半分以下
海外キャッシング 可能 (金利がかかる) 可能(手数料負担)

僕が使っているのはスウェーデンのSEBという銀行のカードですが、基本的には三井住友VISAカードでも楽天カードでもいいでしょう。最低でも発行に2週間程度はかかるとみて、早めに申し込みをしておきましょう。

短期旅行者にはデビットカードでもなんとかなる

デビットカードのメリットは審査が無いだけに、学生でもすぐに発行できるということです。さらに「口座に預けられている分だけしか使えない」ので、使いすぎるということがありません。なので、これから短期の滞在に出かける人で、クレジットカードを発行するのが手間だという人はデビットカードで十分です。

僕が最初の留学時に使っていたデビットカードは、CitibankJTBのMoneyT Global(マネグロ)でしたが、圧倒的にJTBのマネグロのほうがいいです。

Screen Shot 2015-09-18 at 23.06.24

理由は、

・Citibankの口座でお金を引き落とすことができるのはPlusマークのあるATMのみで、使えない場所も多々ある

・一方でJTBのマネグロはVISAマークがあるとこすべてで使える

・Citibankは口座維持費なのかわからないけど、なぜか口座残高が50万円以下だと手数料が月に2000円ほどひかれる

・他方、JTBマネグロは年会費もかからない。

・JTBマネグロは口座からお金を引き出した数分後には、メールで引き落としの通知と残りの残高が確認できるが、Citibankはそこまで気が効かない

・年齢制限もない

からです。ただしJTBマネグロは、為替手数料が4%、出金限度が1度で10万円であることが結構痛いです。(学費をなどの大金を払う時に困ります)

後々わかったのですが、マネパカードというカードは為替手数料がo.7%と業界最安で出勤限度も1回30万円、1日で100万円ということです。今、必要ならこちらにしていたでしょう。他にもデビットカードはいろいろあるので、用途と目的に応じて選んでみるといいでしょう。

旅行者なら、デビットカード一枚で十分ですが、留学生ならクレジットカードとデビットカードの2枚使いをお勧めします。基本的にはデビットカードでやりくりをするということにして、もし足りなくなったら、万が一のためにクレジットカードを残しておくという方法です。そうすることで使いすぎを防ぐことができます。

Sponsored
広告
広告
更新を見逃さない

メールアドレスを登録すれば、すべての更新を無料でメールにてお知らせします。

※迷惑メールに振り分けられていないか確認をお願いします
※購読の停止はいつでもできます

お知らせ

Valu はじめました | TatsumaruのValuのページ

関連記事