ランクで評価される社会になると人間関係はどうなる?

Netflixのブラック・ミラーの「ランク社会」を観ました。Uberのような評価経済をSNSに適用させて、SNS投稿のみならず、リアルでのコミュニケーションを含む人のあらゆる行動を、他者が5段階評価でランクづけできるというディストピアが描かれています。

目に埋め込まれたチップで誰が何ランクかすぐにわかるようになっており、何か交流があればすぐにスマホを取り出して、5段階で評価し合うようになっています。ランクが高い人にしか乗れない飛行機やマンションがあり、高ランクを求めて人々は振る舞います。ランクを上げるコツは、高ランクの人からの高評価を得ることなので、人々は常にマナーや挨拶、身だしなみに気を使います。

終いには、ポイントでしか人をみなくなった人々は「友情」すらも利用するようになってしまいます。親友もランクが低くなればたちまち縁が切られる。そのディストピアの果てに主人公がみたものは…って感じです。

これはまさに「消費主義の拡大による人間関係の分断」そのものだなと思いました。こんなにエグくなくても、実は今のSNSや実際よ社会でもこういうことは、部分的に起きているんだろうなと思います。こちらのnoteによると中国ではすでにSocial Credit System(SCS)として起きているとのことです。

大衆への大規模な監視を政治的に利用する可能性がよく指摘されますが、「ランク社会」では、評価経済による人間関係の分断も恐ろしさが指摘されました。電子化されたランクづけ社会が人々の分断を加速する可能性があることも十分に考えられます。

Comment

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
投稿を見逃しません
タイトルとURLをコピーしました