フリーランスの仕事の報酬はどう決めるか? 海外視察コーディネート・通訳の場合

スポンサーリンク

最近、仕事に関する質問をよくいただく。

その中で、特にフリーで仕事をする上で報酬をどのように決めればいいのか?という質問が多い。私もフリーランスで、コンサル、通訳、視察コーディネート、執筆などの仕事を請け負って生計を立てているが、この問題はいつになってもつきまとう問題だ。以前読んだ記事では、稼ぎたい年収を想定してそれを一年間の52週で割って、さらに1週間の労働時間を40時間に見立てて時給換算すれば良しとしている。

しかし、

・フリーになりたての場合、どのような仕事が主な稼ぎ口になるか不透明
・1週間40時間を働くことを想定していない
・そもそも今より稼ぎたくてというよりも、時間が欲しくてフリーになった
・副業程度ではじめたに過ぎない
・生業(なりわい)が複数あるし、働く時間も固定ではない

という人からすると、このやり方はあまりうまくいかないことに気づく。

ではどうしたらいいか。今日はフリーランスになって2年目の私自身がどのようにして、報酬を決めているかを包み隠さず書きおろす。

スポンサーリンク

現在の稼ぎ口

まず私の現在の生業をもう一度確認する。

・執筆(寄稿)
・講演
・ブログ
・コンサルティング (企業からの短期的な契約)
通訳 ・視察コーディネート・ガイド
・NPO・若者団体支援
・北欧留学相談

このうち、実際に収入に結びついているのは…

以下の非公開部分は、有料メルマガ(バックナンバー)、noteからどうぞ!
もしくはTatsumaru Timesのプレミアム会員(540円/月)に登録し、ログインすると、以下からすぐに続きが読めるようになります。有料会員(プレミアム・サポーター)は、その他の会員に限定公開している記事もすべて読めるようになります。 なお会員限定記事は、転載・漏洩一切禁止しています。

ログインは以下からどうぞ。

この続きを見るにはサポーター・スポンサーとしてログインする必要があります。会員について

Comment

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
投稿を見逃しません