noteでミニブログ更新中!

あるヨーロッパの若者のライフスタイルからみる日本でリカレント教育が流行らない理由

 

メルマガ版 Tatsumaru Times ブログでは書けないぶっちゃけ欧州最前線!の配信が始まりました。「号外」としてリリースした記事をこちらでチラ見せします。

全文を読むにはメルマガのバックナンバーを購読するか、会員限定記事が読めるTatsumaru Times[全部出し]に登録をしてください。

生き方が多様なヨーロッパの若者を目の当たりした私が考える「日本の若者の生き方を多様にするにはどうしたらいいか?」 を考察するシリーズを数回に分けてお届けしています。

日本の若者の生き方は「多様」なのか?

最近、各地でスウェーデンの若者政策について紹介する機会を多くいただく。

18歳選挙権が実現したことや、学校以外のサードプレイスとしての子ども若者の「居場所」の必要性などが高まっていることを受けて、私が研究してきた スウェーデンにおける若者の「社会参加」 というテーマと合致しているからだ。

まず、スウェーデンの若者の投票率が高いことにを入り口に、社会参加意識の高さ、そして若い政治家の多さ、政策形成過程における若者が参画できていることを紹介する。そして、現場レベルにおける若者団体の取り組みや、若者が集まれるよか活動施設の様子を紹介し、これらを支えるスウェーデンの若者政策や、その歴史的発展、文化、マインドセットなどをつけ加える。

スウェーデンの若者が社会参加できているのは、これらの要素に加えて、彼ら彼女らの 流動的・複線的ライフスタイルを許容できる社会保障政策の充実がある ことは明らかだ。つまり子どもから大人になる「移行期」における若者の生き方が、かつて以上にバラバラなのである。それはちょうどこれまでの人生設計が、電車のレールのように一本線だったのが、自動車道のように「曲がりくねった道」となったように。

ちょうどこんな具合にである。

あるスウェーデンのドイツの若者のライフプラン

こんなことがあった。

私は、ストックホルム大学修士課程に通っているときに現地の教育系アプリを開発するIT会社で、国際部門で働いていた (職務内容はまた後日)。私の就職を助けてくれた国際部門のリーダーのドイツ人のKには大変にお世話になっており、公私を問わずに良い仲であった。

続きは有料メルマガのバックナンバーからどうぞ!もしくはTatsumaru Timesのプレミアム会員(350円/月)に登録し、ログインすると、以下から続きが読めるようになります。有料会員(プレミアム・サポーター)は、その他の会員に限定公開している記事もすべて読めるようになります。 なお会員限定記事は、転載・漏洩一切禁止しています。
ログインは以下からどうぞ。
この続きを見るには有料会員としてログインする必要があります。会員について

Comment

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
投稿を見逃しません