【超節約】フィリピン英語「0円留学」で最安の留学費用を徹底計算してみた

シェアする・いいねする

短期の留学としてフィリピンへの英語留学が人気です。

様々な語学学校がありますが、その中で、ひときわ目だつ留学会社が「0円留学」です。

以下の記事では、実際に0円留学の社長さんにインタビューをしてその仕組みを種明かししてもらいました。

関連記事

本格的な留学の準備のためのフィリピン英語留学が人気です。今回は最近、巷で話題の「0円留学」を徹底分析。果たして本当に0円で留学できるのか、総コストはいくらなのか、代表取締役にインタビューをしその仕組みを徹底インタビューしてみました。

完全に無料というわけではないことはわかりました。学費と宿泊費は無料になるけどもそれ以外は自己負担ということです。それでも十分安いですよね。しかし、実際にいくら費用を確保すれば「0円留学」を使って安く留学ができるのか、いまいち想像ができません。

以下の記事では4週間のゼロ円留学は、188,300円という試算を出しています。

参照記事

スポンサーリンク 学生はお金がない! 格安で留学に行きたい! という人へ。 セブ留学の最安値ではあろうものはこの0円留学です。 0円留学をディスると同時におすすめもしています。少なくとも行って悪影響はないと思っています。 ただ、何のためにセブへ行くのかを考えるとい

ただ、海外旅行保険も航空券代ももっと安く抑えられるはずなので、それらを抑えて最安値をはじき出してみます。ほじくり返すべきは、「渡航費・生活費・海外保険代」そして「その他手数料」です。

一つづつ検証して、最安の留学をプランを徹底的に計算してみました。

スポンサーリンク

フィリピンいき航空券の最安価格

渡航費は、スカイスキャナーで最安の航空券を検索したところ、片道約1万3500円がみつかりました。

スクリーンショット 2016-08-23 13.11.24

スカイスキャナーによると他の月でも、最高が観光のシーズンの8月で約4万円でした。スクリーンショット 2016-08-23 13.11.06

観光シーズンを避けて、11月から1月だと、往復3万円弱でフィリピン行きの航空券を買うことができます。スカイスキャナーで格安の航空券を探す方法はこちらの記事を参照してください。

関連記事

スカイスキャナーは1000社以上の航空会社を比較し、格安航空券を簡単に予約できます。今回は、使い方を初めての人でもわかるように、具体例も交えながら丁寧に図で解説。さらに安いチケットを探す裏技も紹介します。

フィリピンでの1ヶ月の生活費

これはさすがにぼくが現地に住んでいたわけではありませんので、わかりません。しかしブログでまとめているいる人がいたので、以下を参照しようと思います。

参照記事

フィリピンのセブ島に移住した生活費(1ヶ月分)を公開します!海外就職前に外こもり?!生活に挑戦した体験談。家賃、食費、交通費など、今後フィリピン・セブ島に移住を計画中の人はぜひ参考にしてみてください。

上記の記事をまとめたパレコさんによると、家賃を含めた生活費は一ヶ月あたり、

23,040ペソ=59,904円。

※為替レート:1ペソ≈2.6円換算(2015年11月当時)

これには家賃光熱費16,926円、食費 (ほぼ外食)15,600円を含みます。

宿泊料が込みの0円留学だと、同じ食費代だとすると約4万3千円で済む計算になります。

あとは食費・交際費の節約次第でいくらでも安くできますね。

海外保険

海外保険は、最近では海外保険つきのクレジットカードでカバーしてしまう人が多いようです。出国後90日以内がほぼすべてのクレジットカードの保険適応条件であるので、3ヶ月程度の留学だったら、わざわざ海外保険に加入する必要はありません。

海外保険つきのクレジットカードの有名どころは、三井住友VISAカード楽天カード 、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード、エポスカード、ですが詳細は以下の記事がよくまとまっているので、参照してください。

今回は海外旅行保険代を節約したい方のための、フィリピン留学で使える海外旅行保険の補償が厚いクレジットカードをご紹介します。 クレジットカードの海外旅行保険は、実は結構使える! VISAやマスターカードなどのクレジットカードは、種類によっては海外旅行保険代が含まれているものがあります。きちんと補償額が良いカード会

その他手数料

荒川さんがおっしゃっていた「手数料」とはなんだったのか、念のため確認してみましょう。

するとありました。手数料とは、雑費・諸経費そして、Visa延長費用のことのようです。

スクリーンショット 2016-08-23 13.05.02

こちらの雑費・諸経費を表に落とし込み、光熱費を一ヶ月換算し、さらにGoogle Financeの関数で自動円換算をすると以下の通り。

諸経費Php (ペソ)Exchange Rate (2017/9/27)JPY (円)
入学金68002.205723495¥15,000
空港お迎え代6002.205723495¥1,323
SSP代/SWP代10,0002.205723495¥22,057
ACR I-Card代3,5002.205723495¥7,720
ID代2002.205723495¥441
水道・光熱費 (3ヶ月)72002.205723495¥15,881
教材費 (1冊)7002.205723495¥1,544
デポジット5,0002.205723495¥11,029
合計34000¥74,996

Visa延長費用は以下のようになりました。

Visa延長費用Php (ペソ)Exchange RateJPY (円)
4週間02.20628397
8週間3,2302.206283977126
12週間7,5302.2062839716613
16週間9,9602.2062839721975
20週間12,4902.2062839727556
24週間15,0202.2062839733138

すべての費用がでそろったので、ここで合算してみたいと思います。

条件: 0円留学の利用で、フィリピンに3ヶ月滞在、節約生活

・宿泊費・学費=0円

・11月から1月の期間最安の往復航空券 = 約3万円

・3ヶ月の節約生活費 = 約12万9千円

・海外保険つきのクレジットカード = 0円 (実質)

・諸経費  = 約7万6千円

・3ヶ月分のVisa延長費用 = 約1万6千円

合計、25万1千円なり。

ゼロ円留学+その他費用= 3ヶ月:25万、1ヶ月84000円、1週間5万円なり。

0円留学を利用して、3ヶ月滞在は渡航費込みで、最安でこの価格でできるということです。一ヶ月あたり、約8万4千円という計算になります。

これがどれだけ安いかは、明らかです。

例えば以下の記事で紹介している、某学校では1週間の滞在だけで、12万円近くします。安いところでも1週間で約5万円なのです。

参考記事

アメリカやカナダなどの英語圏に英語を鍛えにいくことは、理想的ですが非常にコストがかかります。そこで今注目されているのが、フィリピン短期留学です。 3つの主要エージェントを徹底的に比較してみました。

これに、渡航費がかかります。つまり一ヶ月で20万円近くかかってしまうところをを0円留学は、9万円以下に抑えたわけです。

0円留学は本当に安く抑えられるということが明らかになりました。

結論:もちろん0円ではない。しかし、圧倒的に安く良心的な留学サービス

0円留学は、すべてが完全に0円ではないし、コールセンターでの仕事もあります。そのようなデメリットも踏まえると、単純にコストパフォーマンスの比較はできません。しかし、それでも費用だけをみると、留学費用を低価格に抑えることができることがあきらかになりました。ただし、シーズンを避けて、節約生活をした場合に限ります。

私自身、4年くらい海外にいましたが、留学で大事なのはやはりできるだけ長期で滞在するという点です。というのも語学は、短期間で身につけられるものではないからです。様々なシチュエーションに身を投じて、能動的に新しい言葉を使うことが最も効果的だからです。3ヶ月でも短いと感じてしまいますが、長期留学の準備のための留学なら、十分と言える期間でしょう。

金銭的に余裕がない人にとっては多少多忙でも、留学のきっかけをつかむいい機会になるでしょう。コールセンターでの仕事も捉えようによっては、プラスにもなります。特に若い人にとっては、それこそこれもいい社会勉強の一つになりますし、履歴書にも職務経歴として追加することも可能です。それと学習面においても、座学で学校にこもっているよりも、複数のアクティビティを行き来するほうが私はいいと思っています。そのほうが、短時間の学習に集中できます。

また、生活費が安いのでこれを機に、このブログでも紹介している「ナリワイ」を始めてみるのもありです。

参考記事

今回は、日本人が海外にいながらにしてできる「ナリワイ(生業)」にはどんなものがあるのか、そして実際に「ナリワイ」にするためのサービスをまとめてみました。何も現地就職やバイトだけが食い扶持に繋がるわけではないことがよくわかります。

以上、0円留学の徹底検証でした。

手軽にできる英語留学「セブ島0円留学」では、学費も滞在費もなしの格安費用でフィリピン留学を実現できます!独自の構築プログラムによりコミュニケーション能力を短期間で確立、他ではなかなか実現できない安い費用で本気で学べるの語学留学方式です!

金銭的にな余裕があり、とにかく英語学習だけに集中したい人は以下の記事で紹介している学校をチェックしてみるといいでしょう。

参考記事

アメリカやカナダなどの英語圏に英語を鍛えにいくことは、理想的ですが非常にコストがかかります。そこで今注目されているのが、フィリピン短期留学です。 3つの主要エージェントを徹底的に比較してみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする・いいねする

関連記事

いちおし記事

Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
海外いきの航空券を検索できるサイトはいろいろあります。しかし、ありすぎて逆に何をどのように使ったらいいのかがわからなくなっていないでしょうか。今回は僕がスウェーデンから日本間のチケットを片道3万円以下で予約した方法を、5つのステップに分けて紹介します。
いろんなホテル予約サイトがありますが、結局どこも宿泊代金は似たり寄ったりだそうです。まずクーポン情報のある予約サイトを調べ→その後、横断検索サイトを利用するのが鉄板ですが、さらに裏技があるので紹介します。

メールマガジン

 

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。解除はいつでもできます。