2時間の英語インタビューの文字お越しを5000円で外注する方法

シェアする・いいねする

業務を外注するために、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシング系のサイトを使う人は増えていると思います。実はクラウドソーシング系にはもちろん英語版もありまして、その一つにFreelancers.comというのがあります。こちらで海外のクライアントから仕事をもらうこともできますが、もちろん仕事を外注することもできます。

今回、ある英語のインタビューの文字起こしする必要がありFreelancer.comで外注してみてところなんと5000円で発注することができたのでした。2時間の英語インタビューですよ..普通なら15000円くらいしてもおかしくないのに。

そういうわけでFreelancer.comの使い方を、今一度こちらでまとめます。

スポンサーリンク

Freelancer.comで仕事を外注する方法

まずトップページからログインして、アカウントがない人はアカウントを作成します。

日本語に変更するなら、ページ最下部でスクロールすると[US(International)/English]のタブがあるのでここでJapanを選択すると日本語になります。

次に外注したい案件をMy Projects から作成します。[Post a Project] をクリックすると以下の画面になります。

スクリーンショット 2017 11 07 12 23 01

上から外注したい仕事の詳細を埋めていきます。

僕は以下のように埋めていきました。(下書き保存したやつを後から編集しているので上記のフォームとは若干異なります)。

スクリーンショット 2017 07 31 20 22 57

音声ファイルはUpload Filesからあげてもいいですが容量が大きい場合は、後々チャットからDropxBoxのリンクを送ることも可能です。Skills required (必要なスキル)は、適当にArticle Writing,  Research Writing,  English (UK),  English (US),などにしました。

How do you want to pay?のところで、固定報酬(Fixed price project)か、時給(Hourly project)を選択。

What is your estimated budget?では、今回の仕事の予算範囲を選択します。

オプションをつける必要がなければ[Post My project]をクリックします。

次の画面では入札[bids]が始まります。

スクリーンショット 2017 11 07 12 41 46

世界中のフリーランサーが入札をしてきます。

これまでの業績の評判が星で表示され、入札価格が表示されます。上記のテスト画像では、$250から$750を予算にしたので、TransFluents Professional さんが最低価格の$250で提示してきたということになります。それぞれのアカウントをクリックすると、プロフィールやこれまでの実績、スキルを確認できます。僕は教育や社会科学に通じている人を探しました。

チャットで交渉すべし

[Award]をクリックすると入札が確定されてしまうので、もし細かいことを確認したかったら[Chat]からメッセージを送ることも可能です。入札価格・実績とにらめっこして、3000円でやってくれる人を探しチャットをしたら、以下のように交渉が成立しました!

スクリーンショット 2017 11 07 12 48 08

安すぎとはいわずにやってみるもんですね…!

マイルストーン払いとは?

発注相手が決まったら、Awardをクリックします。ここで支払い方法を選択することになるのですが、多くの人がマイルストーン払い(Milestone Payments)を希望します。マイルストーン払いとは、作業工程ごとに予算を決めて分割払いする方式です。例えば仕事が50%完了したら、50%分の支払いをその時点でするといった具合です。こうすることで、受注者側も報酬が保障されていると安心して取り組めるのです。

スクリーンショット 2017 08 01 11 59 19

なので僕は、Half transcribed (半分文字起こし) で2500円、Complete whole transcription (全訳)で2500円と設定しました。

最後にLet’s get started をクリックして完了です。

作業の進捗は逐一、受注者とチャットをしながらできます。僕の仕事の受注者さんはインド在住だったらしいのですが、聞き取れない単語がある場合はどうすればいいか?など随時相談してくれました。

数日後、半分完成したワードファイルを送ってくれたので、2500円の振り込み[Released]をしました。そして全文字起こしが完了した時点でまた振り込みをして無事完了。

なぜここまで質が高く安く発注できたのか?

今回、Freelancer.comを利用してみて「なぜここまで安く、質の高い」クラウドソーシングができたのか考えてみました。おそらく英語の全世界規模のプラットフォームである点がまずあげられます。

世界の900以上の地域から200万人超という圧倒的な登録者数ということもあり、例えばアメリカ在住者の単価とインド在住者の単価を比べたら圧倒的にインドの方が安くすむのです。そういうグローバル規模の入札制度をとりいれていることが、一つの価格競争を促す原理となっているのでしょう。平均で1時間後には作業を始めることができるというデータがそれを物語っています。あと手数料が3%というのもありがたいです。

英語の文字起こしのみならず、日英翻訳、スペルチェック、英語論文などのプルーフリーディング、デザイン、アプリ開発、ウェブ制作まで様々なプロジェクトにふさわしい人がきっと見つかるはずなので、ぜひFreelancer.comを利用してみたください。

Hire freelance programmers, web developers, designers, writers, data entry & more at a fraction of the cost on the World's Largest Outsourcing Marketplace.

また、こちらの記事でも紹介していますがFreelacer.comから仕事をみつけることも可能です。特にフリーランスで働いている人で、海外からの高単価な案件をみつけたい人はぜひ登録をおすすめします。同じ英語→日本語の翻訳の仕事でもFreelancer.comは和製のクラウドソーシングサイトよりも圧倒的に単価もピンキリなので。

関連記事

海外で自活するようになってからアンテナが高くなったのが、求人サービスです。今回は、翻訳、ライティング、単純作業、プログラミングなどの海外にいてもできる仕事の求人サービスをまとめました。ほとんどが今でも登録してあります。(海外にいない人でももちろん利用できます!)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする・いいねする

関連記事

いちおし記事

Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
海外いきの航空券を検索できるサイトはいろいろあります。しかし、ありすぎて逆に何をどのように使ったらいいのかがわからなくなっていないでしょうか。今回は僕がスウェーデンから日本間のチケットを片道3万円以下で予約した方法を、5つのステップに分けて紹介します。
いろんなホテル予約サイトがありますが、結局どこも宿泊代金は似たり寄ったりだそうです。まずクーポン情報のある予約サイトを調べ→その後、横断検索サイトを利用するのが鉄板ですが、さらに裏技があるので紹介します。

メールマガジン

 

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。解除はいつでもできます。