シベリア鉄道6泊7日の旅を終えてついにモスクワへ到着!|シベリア鉄道のりかえ北欧を目指す旅その⑨

シェアする・いいねする

2017年5月、三十路に差し掛かる男2人(モロズミ、ヤマシタ)で「シベリア鉄道のりかえ北欧を目指す旅」に出ました。出発は東京、目的地はストックホルム。東京(飛行機)→ウラジオストク(シベリア鉄道)→モスクワ(トルストイ鉄道)→ヘルシンキ(フェリー)→ストックホルムという旅程で、総距離8948キロを12日間かけて大移動したので、その様子をブログでまとめています。

シベリア鉄道の記事まとめ

2017年5月、三十路に差し掛かる男2人(モロズミ、ヤマシタ)で「シベリア鉄道のりかえ北欧を目指す旅」に出ました。その時の記事をまとめます。
スポンサーリンク

この日の旅程

5月22日、この日は約980kmを移動。停車した駅は、キーロフ、ヴェトルジュスキ、ニージニノヴゴロド・モスコスフスキー、ウラジミール、そしてモスクワ(ヤロスバヴリ)駅。ついにシベリア鉄道の終着駅に到着したのです。

ワクワクが止まらない

シベリア鉄道、7日間のクライマックスのこの日は特にこれといったことをすることもなく、いつものように朝食をいただき、出発の準備をする。

久しぶりに移動しないベッドで眠れるからなのか、浮き足立つヤマシタ。この100万都市は1221年にウラジミール大公によって築かれたという。

ウラジミール駅ではфД型蒸気機関車が展示されている。

次第にユーラシアの大都市、モスクワに突入。

街並みを車窓から眺める。隣ではアレキサンドロ大佐が、すっかり素面で外の景色を眺めている。避け続けたかいがあってか旅の後半では強引に絡まれることはほとんどなかったことも、今では少し寂しく感じる。

モスクワの街並みをGoProで撮影してみた。

モスクワの無機質なビル群の様子が、昔住んでいた東ベルリンのフリードリヒスハインを思い起こさせる。ベルリンは今でも、東西分断の名残からかロシアに支配されていた東ベルリンは社会主義を彷彿させる無機質なビル群が立ち並ぶ。モスクワは、その東ベルリンの一帯が人口1500万人を超える大都市に拡大したバージョンのようなものだった。

初めて訪れるロシアの首都の景色に心が踊る。

モスクワに到着。

そしてついにシベリア鉄道の終点、ヤロスバヴリ駅に到着した。

この駅は、レニングラード駅とカザン駅、さらに地下鉄のコムソモーリスカヤ駅とが併設するが故に巨大な駅だ。
お世話になった車両とここで記念撮影。

モスクワの地下鉄のエスカレーターに乗ってみた

駅が3つも併設するので、多少混乱したが何とか地下鉄を発見。

モスクワの駅はどの駅では、空港のような持ち物検査のゲートが設置されており異様な雰囲気を醸し出す。これまであったロシア人も皆口を揃えて、地下鉄ではスリに気をつけるように忠告されていたので、気を張らざるを得なかった。

チケットを購入して改札を通ると、大きなホールへと通じる。

さらに抜けると、長いエスカレーターが。照明や内装がスウェーデンや他のヨーロッパとは大きく異なるデザインだった。

いつかNetflixでみた北朝鮮のプロパガンダのドキュメンタリーで撮影されていた、地下鉄とそっくりだ。ソ連式なのだろう。

プラットフォームに降り立ったが、地下鉄の乗り方がわからないので手当たり次第人に聞いて何とか乗車を成功させる。

滞在先のAirbnbへ移動

滞在先はAirbnbで予約したこちらの宿。トヴェルスコイ駅から徒歩10分の場所に位置する。

ロシア・Moskvaの個室。 Big room with a balcony in a 3bd apartment in a 5-minute walk to metro Belorusskaya with good furniture: • balcony • two beds • dresser • working...

安宿ではないのは、久しぶりに動かないベッドで寝たかったからだ。宿の予約は、日本にいるときに済ませてあった。ホストのKarinaは、WhatsApp (Lineの欧米版)で丁寧に移動方法を教えてくれた。

ウラジオストクほど日本車は多くない

ここでもロシアのSIMカードが活躍。Google Mapが問題なく使えたので、滞りなく移動できた。

東ドイツに似ている

滞在先の部屋が入るビルに近づいて、Karinaからもらった番号に電話をすると中年のロシア人女性が出迎えてくれた。Karina自身は、現在は別の国にいるらしく母親がカギの受け渡しなどをしているらしい。

ひさしぶりの動かないベッドだ…

部屋はAirbnbの写真どおり綺麗だった。他の部屋にシモンというスイス人の男性、そして音学専攻の博士課程のアメリカ人女性が泊まっていた。

モスクワの繁華街へ

しばらく休んでから外出することに。

シモンはモスクワに詳しそうだったので、繁華街などを教えてもらった。また2人で行動するなら10枚くらいセットになっているチケットを買った方がいいと勧められたのでそのようにした。

トヴェルスコイ駅

トヴェルスコイ駅から南に2ついった駅で降車し、徒歩で繁華街に向かって歩き出した。

シモンが勧めてくれた繁華街はボリシャヤ・プロンナヤ通りを10分くらい歩いて交差しているマラヤ・ブロンナヤ通りだった。あたりを散策して腹をすかせたので、通り沿いにあったUilliam’sというレストランに入った。

欧米風のレストランで賑わっていた。ひさしぶりの「まっとう」な料理にひれ伏す。

隣に座っていた女性らに、ここのあたりでローカルな面白い人が集まるパブやバーはないか聞く。するとなぜか入場料5万円もするストリップバーとゲイバーを紹介される。

レストランを後にしてさらにマラヤ・ブロンナヤ通りを北に行くと大通りに出た。ボリシャヤ・サドヴァヤ通りだ。

ベルリンのカールマルクス通りをさらに華やかにライトアップして、巨大化したバージョンであり、その荘厳さに驚いた。モスクワは飛んでもなく大きい。

電車以外の移動が多かったのでこのあたりにで帰路につくことに。

何にせよ最初の目的地であったモスクワに無事着いたのは喜ばしいことだ。ここにはもう1日滞在して、2日後の深夜の列車に乗る予定だ。

次の目的地は北欧。

ヘルシンキまで残り、1024km

記事まとめ

2017年5月、三十路に差し掛かる男2人(モロズミ、ヤマシタ)で「シベリア鉄道のりかえ北欧を目指す旅」に出ました。その時の記事をまとめます。

シベリア鉄道の予約方法

ぼくはロシア国鉄のサイトからシベリア鉄道の乗車券を予約したのですが、かなり苦労しました。それに比べてRussian Trainは予約手続きがスムーズにできました。というわけで予約方法を解説します。ついでにロシア国鉄と比べてどちらがお得かも比較してみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする・いいねする

関連記事

いちおし記事

Grammarlyの長所は①イギリス英語のチェックもできる、②大量の英文でも一気に校正できる、③校正の精度が高い、点です。ある程度は無料で使えますし、本格的な研究論文の校正も正確にできます。今回は、初心者でもわかるように使い方を解説します。
海外いきの航空券を検索できるサイトはいろいろあります。しかし、ありすぎて逆に何をどのように使ったらいいのかがわからなくなっていないでしょうか。今回は僕がスウェーデンから日本間のチケットを片道3万円以下で予約した方法を、5つのステップに分けて紹介します。
いろんなホテル予約サイトがありますが、結局どこも宿泊代金は似たり寄ったりだそうです。まずクーポン情報のある予約サイトを調べ→その後、横断検索サイトを利用するのが鉄板ですが、さらに裏技があるので紹介します。

メールマガジン

 

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。解除はいつでもできます。