北欧:美大:フィンランド留学

このトピックには3件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。4 ヶ月、 1 週前 Yoshi さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #9033 返信

    ちゃき

    こんにちは。よく拝見させていただいています。
    よろしくお願いいたします。

    最近、記事にも上げられていましたが、フィンランドも留学生に2017年より、授業料がくわわりましたね。
    フィンランドに来年の受験をめざして英語のスコアを上げるべく勉強していたので、なんだかショックです。涙
    すでに、日本でデザイン業界で数年つとめており、フィンランドのアアルト大学を計画的に目指していましたが、
    学費が今日の時点で170万円(年間)になっており、高いといわれるイギリスより高額になってしまい
    実質的なことを考えると難しくなってきてしまいました。
    改めてイギリスも検討しようかなとか、でもイギリスは物価を考えると結局フィンランドより高くなるのかな、、とか
    ノルウェーの美大等も調べようかとかとか、血迷っておりましたので、ここに思い切って相談させていただいております。

    フィンランドをはじめ北欧の生活費や、奨学金の取り方など、アドバイスいただきたいです。涙
    北欧でいうScholarshipは一般的に返済は含まれるのでしょうか。大学のHPを見ていても書かれておらず、
    免除なのかな、、とか。、。(期待)
    あきらめず、がんばる気持ちは変わりませんが、なにかアドバイスいただけますと心強いです。

  • #9038 返信

    Yoshi

    はじめまして。スウェーデン在住の現地企業の会社員です。フィンランドに関しては、知識がないのでお答えできませんが、スウェーデンで勉強する際の奨学金に関しては、大使館のホームページに情報が載せられていますので、そちらを見ていただけると詳しい情報がみつかると思います。
    http://www.swedenabroad.com/ja-JP/Embassies/Tokyo/8/5/

    またスカンジナビア日本笹川財団でも、北欧に留学する日本人の学生に奨学金を給付しているようです。こちらはフィンランドにも当てはまるかもしれませんね。
    http://sjsf.se/local-pages/japan/%e7%94%b3%e8%ab%8b%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

    また生活費に関してですが、最新の統計があったのでこちらをご覧いただければと思います。
    https://www.expatistan.com/cost-of-living/index/europe

    ノルウェーとデンマークは、スウェーデンやフィンランドと比べても物価が高いのが顕著です。

    たとえばストックホルムに住むのであれば郊外でも、学生アパートを借りるのには列に並ぶ必要があり、交換留学生でもない限り、だいぶ前から住居を用意していないと厳しいと思います。相場はストックホルム郊外、ヨーテボリ市内などでキッチン共用の一部屋が電気代や光熱費、インターネット費など込みで4000クローナ程度です(5万円)。既に誰かが居住しているアパート又は一軒家の一部屋を間借りする(Inneboendeと呼ばれる居住携帯)、またはその他数人と、大きなアパートや一軒家をシェアするシェアハウスのような居住携帯(スウェーデン語ではkollektivboendeと呼ばれるもの)も経済的ですが、場所や相手を選ばないとトラブルになることがあるので注意が必要です。これも相場は同じで光熱費など含め、安くても3000から4000クローナはすると思います。

    また日本より高い食費や(パスタや穀物類、乳製品など安いものもありますが、肉や特に魚は日本の比にならないほど高い)、交通費(バス、地下鉄、近郊電車のストックホルム内の1ヶ月の定期券が790クローナ)、携帯電話の使用料(200-400クローナ程度)などを含めても、月額にして住居費+5000クローナ(6万円ちょっと)程度が節約した生活費として適当かと思います。これは多分物価があまり変わらないフィンランドでも当てはまるのではないでしょうか。

  • #9039 返信

    ちゃき

    Yoshi さん

    ありがとうございます!なるほど。ありがとうございます。リンクみてみます!
    生活費自体は自分が思い浮かべていたものよりは、若干安かったです。ですが、おそらく、美大なので制作費などかかりそうだなーと思いました。Yoshiさんは、英語以外にSwedishなど、現地の言語は堪能ですか?大学は、英語での授業なので心配していませんが、生活面でのことなと、教えていただけましたら、嬉しいです!

  • #9040 返信

    Yoshi

    ちゃきさん

    いえいえ。そうですね、よく聞くのはセントラルヒーティングや住環境の良さ(住居のサイズはまた別の話ですが)という観点からはたとえばロンドンや東京よりは払った分が帰ってくる程度の住環境のよさはあると思います。真冬でも室内は20度以上で、エアコンを使わないためのどや肌にも優しいなど。食費も贅沢をしなければ全然いけます、最近は中都市以上では土日も含め7時から23時まで開いているスーパーも多いので便利ですし(スウェーデンの話で、デンマークでは週末は今でも店はしまっているところが多いそうです)。

    留学生として数年いるのであれば、言語に関してまずは英語はそれなりのレベルが要求されます。美術系であればそこまではとも思いますが、知り合いで数人スウェーデン人、または留学生でストックホルム、ヨーテボリの芸術系の大学、専門学校に行った人を知っています。とにかくパーティーやヴェルニサージュなどを通じてネットワーキングする場が多いのと(これが将来かかわる仕事やプロジェクトに結びついたりするため)、自分の作品を様々な場面でプレゼンできる能力は必要になると思いますので、そういった社交・プレゼンに特化した英語を学ぶことは、北欧の文化・芸術系で勉強するのであれば+であると思います。

    現地語は、もし現地でその後住みたいということであれば必須です。スウェーデン人は若い世代では、ほとんどの人が不自由なく英語を話せますが、スウェーデン人同士の集まりでは、最初は合わせてくれても、いつの間にかスウェーデン語になっています。現地社会によりなじむことが目的であれば、現地語ができるにこしたことはないです。僕は、日本でスウェーデン語を勉強していたこと、こちらの社会科学系の大学、IT系の専門学校の学位も90パーセントスウェーデン語で受けたもので、現在数年している仕事も9割がたスウェーデン語ですが、これは永住を想定しているため、仕事をするのに必須だからです。日本から移住され、スウェーデンの労働市場で活躍されている方々もそこは通る道です。これは、あくまでも現地で就職する場合ですが、目的に合わせて優先順位をつけるのがベストなのではないでしょうか。

返信先: 北欧:美大:フィンランド留学
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

Sponsored
広告
広告