返信先: フォルケホイスコーレについて

シェアする・後で読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188
#7267 返信

ロッタ

横入り失礼します。
当方スウェーデンのfolkhögskola(フォルクホグスコーラ)に一年間通っていた者です。スウェーデン語は日常会話は差し支えなく話せます。スウェーデンとデンマークでfolkhögskolaとfolkehøjskole(フォルクホイスコーレ)の制度は大きく変わらないと思いますが、デンマーク事情については詳しく存知あげないので、スウェーデンのフォルクをベースに話を進めていきます。

フォルクホグスコーラ、直訳して国民高等学校、大学入学に必要な成績を補うテストのために勉強したり、再就職に向けて職業訓練コースを受けたり、定年退職後の趣味探しだったり、大学進学前のモラトリアム期間だったり、など、スウェーデン国内においてもかなり特殊な位置付けで「スウェーデン人のためのスウェーデン人による学校」です。移民や難民のためのスウェーデン語の授業もあります。こういう特色があるからこそ、両角さんのおっしゃる通り、通う生徒はほぼ現地人しかおらず、スウェーデン語で授業が進みます。学生ビザは下ります。私も他の知人何人も学生ビザで行っていますので問題ありません。

トピ主様がどういった理由でスウェーデン、あるいはデンマークに行かれるのかが重要だと思います。学問を学びたいのであれば、高校課程範囲のレベルの勉強しかできない(大学進学に成績が足りない人が集まるので必然的にそうなります)ので、学術的知見を広めたい、単に北欧に行きたいだけなのであれば交換留学が一番手っ取り早いと思いますよ。過去に、どうしてもテキスタイルが勉強したくて、言語が全くできないけれど日本で一から必死に勉強して、とてつもなく苦労しながらフォルクに通っていた日本人の方も知っています。ただ、現地人しかいないため仮に授業になんとかついていけたとしてもネイティヴの日常会話についていくのがかなり大変ですよ。

またスウェーデンもデンマークもそろそろ、フォルク/フォルケ最終締め切りなのではないでしょうか。寮で暮らすとなると急がなければすでに埋まっている学校も多いと思いますよ。

Sponsored
広告
広告