北欧留学への道のり全記録を公開しています>>詳細はこちら

現役海外大学院生が教えるTOEFL攻略法:ライティングで使える参考書と活用したいウェブ添削

最も、日本人が得意で点数が稼げるといわれるのが、ライティングです。

TOEFL IBTで80点を取るために必要な点数配分の理想は、リーディング 23点、リスニング 22点、スピーキング 15点、ライティング 20点ですが、真っ当に訓練をしていればたいていの場合、日本人はライティングでは20点以上はとることが可能です。しかし、スピーキング、リスニングで点数がとれない場合も考えると、ライティングで20点以上を稼いでおき、25点以上を目指すのが得策でしょう。

ぼくがやっていたライティング対策

ライティングは練習した分、それに比例して点数が稼げるようになります。しかしそのために真っ当な練習をする必要があります。まずは、大学受験で使っていた英文法、ライティング、単語、ボキャブラリー、の復習をします。高校や塾の時に使っていたものだけでいいでしょう。

一通り復習を終えたら、TOEFLのライティングの演習に入ります。

基本的には、

①:テキストでひたすら演習

②:文法ミスのチェック

③:①と②をひたすら繰り返し

です。

ぼくは、以下の参考書から、ライティングの演習用の題材を使っていました。

さらにネタがなくなったら、TOEFL IBTに本物のより近い以下のBarron’s の参考書と、

Barron’s Toefl Ibt

中古価格
¥3,794から
(2015/5/3 00:03時点)

こちらの公式ガイドブックでライティングパートをやります。

The Official Guide to the TOEFL iBT with CD-ROM, Third Edition

中古価格
¥2,131から
(2015/5/3 00:08時点)

これらの参考書のライティングパートの課題をひとつ、2 ・3日に1回のペースで、取り組みます。毎日やれるかと思い、やってみましたが、答え合わせ・復習・文法チェックなどもあって意外と時間がかかるので、このくらいのペースが良いでしょう。

ノートに書き下ろさず、パソコンのキーボードで打てるようにしましょう Photo via VisualHunt.com

演習するときには、実際にタイマーで時間をセットして、キーボードでパソコンに打ち込み文章を作成しました。キーボードのタイピングにも慣れる必要がありますので。

英文削に使えるツール・アプリ

そしたらその作成した文章を添削してもらう必要があります。専門学校や大学や塾、高校に通っていれば、英語の先生に頼むといいでしょう。僕も大学の先生に添削をお願いしていました。

そのほかにもWebの英語添削サービスを利用する手もあります。例えば、Lang-8は無料で手軽にできます。Lang-8では、母国語話者に無料で直接添削をしてもらうことができます。しかしその代わりに、相手が学習している、こちらの母国語(日本語)の添削をし返してあげます。そうするとポイントがたまり、ポイントが高い人ほど添削をしてもらえるようになります。例えば、英語を勉強してる日本人なら、日本語を勉強しているアメリカ人の添削をしてあげることができます。そうするとお礼にこちらの投稿した英語の添削をしてもらえます。Webサービスなのでレスポンスも早く、半日以内に添削してもらえることが大抵でした。

これをTOEFLの英作文の連取に応用します。例えば、Independent Writingの課題で、

Do you agree or disagree with the following statement:

People should sometimes do things that they do not enjoy doing.

Use specific reasons and details to support your answer.

という課題文に取り組む場合、Lang-8にアップロードする英文のタイトルを「The reasons why I think people should sometimes do thing that they do not enjoy doing」とすればいいでしょう。Independet WritingもIntegrated Writingも300語以下の短い文章なので、正直、TOEFLレベルもこれで十分でしょう。

しかし、Lang-8ユーザーのネイティブでも文法チェックを全て完全にできるとも限りません。

また、常に添削をしてもらえるとも限らず、こちらも日本語の添削をしてあげないといけません。それにTOEFLは大学レベルの英語なので、大学生レベルのネイティブではないと適切な文法やスペルミスのチェック、論理的な言い回しの指摘などもできません。ですので、やはりプロに英語の添削を頼むのが最も確実でしょう。最近では、最短で3時間で英文添削をしてもらえる、アイディービジネスなどがあるのでこちらを利用すると良いでしょう。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

まだ学校で英文添削してもらってるの?オンライン英文添削でネット時代の恩恵をうけましょうよ!
英文ネット添削が完全に初心者という方は、まずは無料でできるLang-8でお試しをするといいです。それで要領をつかみTOEFLやIELTSなどの試験勉強のために、本格的な英語添削を必要するレベルになったらアイディー、留学して論文などを書くレベルになったらGrammarlyへと移行していくのがいいでしょう。

あとは、添削に基づき、文法・スペルミスをひたすらチェック、別の言い回しがあったらそれをノートに追加するなどします。解説が丁寧なこちらの参考書を利用すると良いでしょう。

その他の、TOEFLのリーディング、ライティング、スピーキングの勉強方法の記事は以下からどうぞ。

「英語の勉強法」の記事一覧です。
Sponsored
広告
広告

シェアする・後で読む

ブログの更新をメールで通知

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

※迷惑メールに振り分けられていないか確認をお願いします
※購読の停止はいつでもできます

関連記事