スウェーデンの若者支援の現場を日本の若者団体が訪問しました。(報告書あり)

シェアする・いいね!する

2012年の6月に日本から若者支援の実践をしている後輩らがスウェーデンの若者参画の視察にきました!僕もやっていたYECと東京で活動しているRRRプロジェクトの共同企画ということで、僕は現地コーディネートと通訳をしました。その報告書(無料)が完成したのでリンクをシェアします。視察先は以下の通り。

YOUNG KRIS

KRISについては何度かとりあげましたがその若者バージョンについては明らかになっていませんでした。そのイメージからは想いもしない活動をしていました。

FRYSHUSET

スウェーデン最大級の民間のユースセンターです。以前ブログでも触れましたが、ここは学校も併設しているので、遊べる学校とでも言ったほうがいいのかな。いやだけど困難を抱えた若者へのプロジェクトもあるからな…。そんなでっかいところです。

   

Andra Hemmet

ストックホルム南郊外にあるの自治体が運営するユースセンター。ここは街の治安はもともとあまりよくなかったのですが、明らかにそんな空気を感じさせない素晴らしいセンターです。論文を書くためにインタビューをしにいったりして何度か訪れましたが、この視察でよりこの地域の自治体の仕組みや、ワーカーの価値観や意思がより明らかになったように思いました。

現在僕はここでDJを教えるインターンシップをしています。

Kristinehamns Kommun

2007年に若者自治体オブザイヤーを受賞(国が毎年表彰)したスウェーデン央に位置する小規模な地方自治体。ここでは若者という枠を超えて、デモクラシー・コーディネーターという職員が市民の声が届くまちづくりをしていました。

まちづくりに興味がある方や行政関係者にはぜひ読んでほしいところです。

Karlstad Kommun

こちらも若者自治体オブザイヤーを受賞したスウェーデン央に位置する地方自治体。ある職員はこんなことを言っていました。

「すべての市民の声を聞き、それをきちんとまちに反映させることにより、住みやすいまちをつくるのである。そうして魅力的なまちにしていきカールシュタッド市の人口を増やしていくのが市全体の目的である。」

人口を増やすための着想がそういうとこなんですね。以下に序文を載せます。

はじめに

 

このスウェーデン若者参画視察報告書は日本での若者参画を推進していくために先進的事例を紹介しているものです。今回我々は5か所の地方自治体やユースセンター、団体などを視察、インタビューし、その結果をまとめ、報告書にしました。

スウェーデンは若者参画について極めて先進的な事例を持っています。そういった先進的な事例が「民主主義」に重きを置いた国民性から生まれ、その考え方がいかに徹底されているかがこの報告書からお分かりいただけるかと思います。我々は当初、スウェーデンの「ユースワーク」について調べようと思い視察することになりました。ところが実際に視察した結果、ユースワークはもちろんですがあまりにも民主主義について考えさせられることとなりました。そして、民主主義の考えによってスウェーデンのユースワークが成り立っていることも分かりました。

日本に暮らしていると民主主義について考えることなどほとんどないと思います。是非、この報告書を読んでいただいて民主主義とは一体何なのか。そして若者参画がなぜ必要なのかを考えていただきたいと思います。

日本においても若者が社会の一員として認められ、参画していくことができるようになっていってほしい。そのような思いを込めてこの報告書を作りました。是非読んでいただき、そのことを皆様のご活動に反映させていただければと思います。

ダウンロードはこちらから

ダウンロード(無料)はこちらから

ダウンロード(無料)はこちらから

Comment

  1. […] 僕が最も感心したのは、一緒にヒアリングにいった大学生が「どうやって、ここまで多くの多様な若者たちをプロジェクトに誘っているのか?」と質問をしたら、「そんなのわからないよ。若者達は口コミでフリーシュフーセットのことを知ってくるんだけど、こっちからアウトリーチ(施設やプロジェクトに誘うこと)はこちらからはしないよ。ただ、常に誰でもウェルカムにしてオープンにしていた結果、こうなったんだ。」と言っていたことです。ここにフリーシュフーセットの理念が現れているように思いました。 この言葉もグッときました。 「子どもにとっての”最善の利益”とは何だと思いますか?時には大人が介入したり与えたりすることも子どもにとって利益であることもあり、私たちは授業でこのことを何度も議論してきたのですが…」という質問に対して、「それは両者のバランスが大事ですが、まずはとにかく子どもに聞くことです。彼らに私たちから心を開き、心を開いてもらいましょう。しかし責任を自覚させることも忘れてはいけません。大人への尊敬は、子どもとのいい関係性からくるものです。」 まだ、現場を目の当たりにしてる訳ではありませんが、それでもこのような言葉がすっと出てくるのは本物のユースワーカーの証だと確信いたしました。ここでインターンするのがますます楽しみになった、フィールドワークでした。 しかし、未だに受け入れの返事返ってこず。果たしてインターンできるのか… 今後に注目!! フリーシュセットについてのさらなる詳細はこちらの報告書を参照ください。 […]

  2. […] 僕が最も感心したのは、一緒にヒアリングにいった大学生が「どうやって、ここまで多くの多様な若者たちをプロジェクトに誘っているのか?」と質問をしたら、「そんなのわからないよ。若者達は口コミでフリーシュフーセットのことを知ってくるんだけど、こっちからアウトリーチ(施設やプロジェクトに誘うこと)はこちらからはしないよ。ただ、常に誰でもウェルカムにしてオープンにしていた結果、こうなったんだ。」と言っていたことです。ここにフリーシュフーセットの理念が現れているように思いました。 この言葉もグッときました。 「子どもにとっての”最善の利益”とは何だと思いますか?時には大人が介入したり与えたりすることも子どもにとって利益であることもあり、私たちは授業でこのことを何度も議論してきたのですが…」という質問に対して、「それは両者のバランスが大事ですが、まずはとにかく子どもに聞くことです。彼らに私たちから心を開き、心を開いてもらいましょう。しかし責任を自覚させることも忘れてはいけません。大人への尊敬は、子どもとのいい関係性からくるものです。」 まだ、現場を目の当たりにしてる訳ではありませんが、それでもこのような言葉がすっと出てくるのは本物のユースワーカーの証だと確信いたしました。ここでインターンするのがますます楽しみになった、フィールドワークでした。 しかし、未だに受け入れの返事返ってこず。果たしてインターンできるのか… 今後に注目!! フリーシュセットについてのさらなる詳細はこちらの報告書を参照ください。 […]

  3. スウェーデン ユースワークの巨匠、アンダーシュさん亡くなる。 « Tatsumaru Times より:

    […] スウェーデン中腹にあるÅreという場所でスノボしてるときに、友人がこの記事を教えてくれました。このブログでも何度も取り上げたFryshusetというストックホルムにあるヨーロッパ最大規模のユースセンターの創始者であるAnders Carlbergさんが亡くなったという記事です。3年前に初めてスウェーデンに来た時にFryshusetを訪問しその規模に衝撃を受け、スウェーデンのユースワークに興味を持つようになりました。留学後も、フィールドワークや日本からの視察で何度か訪問もしました。そのセンターの創設者が亡くなった事はなんとも悲しいことです。お悔やみ申し上げます。 […]

  4. […] スウェーデン中腹にあるÅreという場所でスノボしてるときに、友人がこの記事を教えてくれました。このブログでも何度も取り上げたFryshusetというストックホルムにあるヨーロッパ最大規模のユースセンターの創始者であるAnders Carlbergさんが亡くなったという記事です。3年前に初めてスウェーデンに来た時にFryshusetを訪問しその規模に衝撃を受け、スウェーデンのユースワークに興味を持つようになりました。留学後も、フィールドワークや日本からの視察で何度か訪問もしました。そのセンターの創設者が亡くなった事はなんとも悲しいことです。お悔やみ申し上げます。 […]

  5. […] スウェーデン中腹にあるÅreという場所でスノボしてるときに、友人がこの記事を教えてくれました。このブログでも何度も取り上げたFryshusetというストックホルムにあるヨーロッパ最大規模のユースセンターの創始者であるAnders Carlbergさんが亡くなったという記事です。3年前に初めてスウェーデンに来た時にFryshusetを訪問しその規模に衝撃を受け、スウェーデンのユースワークに興味を持つようになりました。留学後も、フィールドワークや日本からの視察で何度か訪問もしました。そのセンターの創設者が亡くなった事はなんとも悲しいことです。お悔やみ申し上げます。 […]

  6. […] 僕が最も感心したのは、一緒にヒアリングにいった大学生が「どうやって、ここまで多くの多様な若者たちをプロジェクトに誘っているのか?」と質問をしたら、「そんなのわからないよ。若者達は口コミでフリーシュフーセットのことを知ってくるんだけど、こっちからアウトリーチ(施設やプロジェクトに誘うこと)はこちらからはしないよ。ただ、常に誰でもウェルカムにしてオープンにしていた結果、こうなったんだ。」と言っていたことです。ここにフリーシュフーセットの理念が現れているように思いました。 この言葉もグッときました。 「子どもにとっての”最善の利益”とは何だと思いますか?時には大人が介入したり与えたりすることも子どもにとって利益であることもあり、私たちは授業でこのことを何度も議論してきたのですが…」という質問に対して、「それは両者のバランスが大事ですが、まずはとにかく子どもに聞くことです。彼らに私たちから心を開き、心を開いてもらいましょう。しかし責任を自覚させることも忘れてはいけません。大人への尊敬は、子どもとのいい関係性からくるものです。」 まだ、現場を目の当たりにしてる訳ではありませんが、それでもこのような言葉がすっと出てくるのは本物のユースワーカーの証だと確信いたしました。ここでインターンするのがますます楽しみになった、フィールドワークでした。 しかし、未だに受け入れの返事返ってこず。果たしてインターンできるのか… 今後に注目!! フリーシュセットについてのさらなる詳細はこちらの報告書を参照ください。 […]

  7. […] 僕が最も感心したのは、一緒にヒアリングにいった大学生が「どうやって、ここまで多くの多様な若者たちをプロジェクトに誘っているのか?」と質問をしたら、「そんなのわからないよ。若者達は口コミでフリーシュフーセットのことを知ってくるんだけど、こっちからアウトリーチ(施設やプロジェクトに誘うこと)はこちらからはしないよ。ただ、常に誰でもウェルカムにしてオープンにしていた結果、こうなったんだ。」と言っていたことです。ここにフリーシュフーセットの理念が現れているように思いました。 この言葉もグッときました。 「子どもにとっての”最善の利益”とは何だと思いますか?時には大人が介入したり与えたりすることも子どもにとって利益であることもあり、私たちは授業でこのことを何度も議論してきたのですが…」という質問に対して、「それは両者のバランスが大事ですが、まずはとにかく子どもに聞くことです。彼らに私たちから心を開き、心を開いてもらいましょう。しかし責任を自覚させることも忘れてはいけません。大人への尊敬は、子どもとのいい関係性からくるものです。」 まだ、現場を目の当たりにしてる訳ではありませんが、それでもこのような言葉がすっと出てくるのは本物のユースワーカーの証だと確信いたしました。ここでインターンするのがますます楽しみになった、フィールドワークでした。 しかし、未だに受け入れの返事返ってこず。果たしてインターンできるのか… 今後に注目!! フリーシュセットについてのさらなる詳細はこちらの報告書を参照ください。 […]

  8. […] 国際交流事業と青少年指導者及び、青少年と関わる人のための研修事業を融合させた海外視察研修事業の実施。具体的に言うならば例えば、英国やスウェーデンなどの若者政策、若者参画の先進国(ユースワークもシティズンシップ教育も英国が発祥)へ、静岡で青少年と関わる仕事をしている人々全般が参加し、現地の実践の事前調査委、訪問インタビュー、そして静岡への施策への具体的な提言等を含む成果報告会を実施するということである。着想は、内閣府が実施している青少年社会活動コアリーダー育成プログラムや、その他NPOによる取り組み(NPO法人Rights, YEC等が実施)である。これは一部の、海外に興味を持ち、ある程度経済的余裕がある人が参加する形だけの「海外研修」ではなく、実際に青少年と現場で関わっていたり、青少年施策の意思決定に関わる政策決定者、政治家、ひいては子ども若者自身が、現地の取り組みを見聞きし肌で感じ、それを静岡における取り組みへと還元することで、静岡の取り組みを発展させることを目的とする。実施する際には金銭的な負担はできる限り自治体が負担し、子ども・若者の参加はもちろん無料で提供する。また、視察は海外に限定せず国内の取り組みに対しても有効である。さらには、視察先団体や実践家との関係を継続できる仕組みを構築することによって、時には静岡に招いて勉強会を実施したり、静岡の取り組みを紹介することも有効だろう。 […]

  9. […] スウェーデン中腹にあるÅreという場所でスノボしてるときに、友人がこの記事を教えてくれました。このブログでも何度も取り上げたFryshusetというストックホルムにあるヨーロッパ最大規模のユースセンターの創始者であるAnders Carlbergさんが亡くなったという記事です。3年前に初めてスウェーデンに来た時にFryshusetを訪問しその規模に衝撃を受け、スウェーデンのユースワークに興味を持つようになりました。留学後も、フィールドワークや日本からの視察で何度か訪問もしました。そのセンターの創設者が亡くなった事はなんとも悲しいことです。お悔やみ申し上げます。 […]

  10. […] でした。 しかし、未だに受け入れの返事返ってこず。果たしてインターンできるのか… 今後に注目!! フリーシュセットについてのさらなる詳細はこちらの報告書を参照ください。 […]

  11. […] に、どの団体の代表も若かったのだ。全国生徒会、全国若者会、政党青年部だけでなくYOUNG KRISやその他のNGO, スポーツ団体もこの助成金に申請できる。LSUは助成金の補助だけでなくこれ […]

  12. […] つの部門に別れており、このユースセンターは子ども若者・余暇活動課に属し、自治体から全面的に資金が出ている。Fryshusetは民間のNGOであり私立学校であるのでこの点が大きく異なる。 […]