鬼おしゃれな北欧のレインコート『ストゥッテルハイム』を購入したのでプチレビュー

シェアする・後で読む

IMG_0241いやーまさかこうなるとは。

買ってしまいましたよストゥッテルハイムのレインコート!

そうです、この当ブログでも以下のように記事化したのですが、気付いたら買っていましたね。

スウェーデン発のレインコート「ストゥッテルハイム」が人気な理由を5つ -おすすめと注文方法を徹底解説するよ!
ファストファッションが人気な一方、機能性とデザインを追求し品質にこだわるスウェーデンのブランドがあります。それが「ストゥッテルハイム)」。人気な理由と、注文方法をわかりやすく解説します。

記事化した本人が惚れ込んでしまったということです。w

店の場所

そりゃあだってこのクオリティで、しかも勤め先と同じ通り沿いにフラッグシップストアがあるんですからね。ここです。

地下鉄ではMedborgarplatsen駅が最寄駅ですね。Åsögatan という、日本人が経営している日本食料理屋Blue Light Yokohamaのある通りと同じです。

IMG_0238

この通りをずっとまっすぐ行くと….

IMG_7619

ありました。フラッグシップ店は30平米くらいで、とても小さいです。

オリジナル版と格安モデルの違い

中に入ると、壁に例のレインコートがずらりと並んでいます。

IMG_0239

右の棚に飾ってあるのがオリジナルモデルで、手にとった瞬間惚れ込みましたね。

IMG_0240

こちらがオリジナルなんですが、オリジナルは襟も肩の部分も縫ってあるのでしっかりしています。ゆえに、価格も高めの約4000kr =5万4000円ほど。

さすがにこれは衝動買いでは済まされないと思ったので、妥協して格安モデルのストックホルムグリーンを選びました。

IMG_0241

肩の部分の縫い目が違うのがわかりますね。こちらは1995 kr = 2万6000円ほど。

サイズはSを選んだらちょどよかったです。ちなみにぼくの身長は173センチほどです。欧米人体型に合わせて作ってあるから、袖が長いかなと思いましたが、どうやらレインコートなので体型に関わらずそのような仕様になっているようです。というわけで、購入してしまいました。これでスーデルマルムのヒップスターの仲間入りです。

実際に着てみて

もうお気に入りすぎてほぼ毎日着ています。寒い日にこれ一枚だと寒いですが、薄いジャケットやセーターを下に着ていれば、全然大丈夫です。そして最近はストックホルムも天気が悪いので大活躍です。ゲットしてから天気が悪い日こそ、外に出たくなるようになりました。ただ、ゴム製なので完全に密封された状態になるので通気性はよくないです。これで自電車とか乗ると最悪です。

ストゥッテルハイムの取扱店は多いようで、日本からも送料なしで買えてしまいますが、ストックホルムのヒップ街SOFOエリアに位置するフラッグシップ店から買うのは、また味わいのある体験となりました。ストックホルムにお越しの際は、ぜひお店に顔だしてヒップ感を味わってみてください!また、日本からのネット上での注文方法は以下の記事でまとまっているので、ぜひご参考ください。

スウェーデン発のレインコート「ストゥッテルハイム」が人気な理由を5つ -おすすめと注文方法を徹底解説するよ!
ファストファッションが人気な一方、機能性とデザインを追求し品質にこだわるスウェーデンのブランドがあります。それが「ストゥッテルハイム)」。人気な理由と、注文方法をわかりやすく解説します。

東京で着てみて <追記 (2016.12.30)>

こちら追記です。

東京に移住して、現在ストゥッテルハイムのコートを着まくっています。梅雨が多い夏に出番かと思いましたが、さすがに熱帯の東京では夏に着ることはありませんでしが。

しかし、秋・冬にかけては大活躍です。

まず、圧倒的に注目を浴びます。このような質感とボディラインは日本のコートに珍しいようで「かっこいいねこのコート。どこの国の?」と聞かれることが多いです。レインコートなので、天候が悪い時にはあいかわらず大活躍です。傘をささないでフードをかぶるだけで完全に防水と化します。コート自体が濡れ濡れになっても、ゴム製なので水分が染み込こまないのは頼もしいです。雨がやたらと多い地方などでは本当におすすめです。

ただ、長野県や北海道などの真冬はこれ一つではきびしいでしょう。下に着てもゴム生地からの冷たい質感はあまり嬉しいものではないです。この場合、他のモデルを購入することを検討するといいでしょう。

Sponsored
広告
広告

シェアする・後で読む

ブログの更新をメールで通知

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

※迷惑メールに振り分けられていないか確認をお願いします
※購読の停止はいつでもできます

関連記事