現役海外大学院生が教えるTOEFL攻略法:ディクテーションを練習しやすくすることがリスニング力向上の鍵である理由

シェアする・後で読む

以前の記事では、TOEFL IBT対策をしている時に実際に活用した参考書を紹介しました。

今回は、TOEFL学習法に苦しんでいた昔の自分へのアドバイスです。留学をした今だから思う、これだけはやっておけばよかったというTOEFLの勉強法です。

まずはリスニング編です。

TOEFLのリスニングの比重は高い

TOEFL IBTではリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの点数比は、それぞれ30点です。IBTで80点を取るために必要な点数配分の理想は、リーディング 23点、リスニング 22点、スピーキング 15点、ライティング 20点と言われていますが、正直このリスニングの22点が大変です。しかも、TOEFLではリスニング力が問われる問題は、スピーキングセクションでもでてきます。つまり、実際には22点以上に比重が高いのです。

結論からいうとリスニング対策には、ディクテーションが有効です。ディクテーションとは、聞き取った音声を、聞いたままに書きおろすあの訓練のことを指します。(ディクテーション自体のやり方はTOEFLテスト 一発で合格スコアをとる勉強法 を参考にしてください)

ここでは僕独自の具体的なやり方について書きます。そしていかにして練習に取り組みやすくできるかを解説します。(明日から使えるくらい本当に具体的に)

ディクテーションは、文法力を向上させる

イギリスの小学校に通っていたとき、授業でディクテーションの時間がありました。先生が教科書を読み、みんなでそれを書き取るのです。スペリングが合っているか、前置詞がちゃんとわかっているかといったチェックをされました。

引用は、同時通訳者の関谷英里子さんの著書「あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中」からです。ネイティブの学校でもディクテーションはこのように英語の訓練の一環でやられているのです。そうです、ディクテーションは、リスニング力をつけるだけでなく、文法の理解を確認することも助けます。例えば、ディクテーションをして、いつも定冠詞・不定冠詞が抜けていたり、不要な複数形のSをつけていたらそれは、聞き取りのミスではなく「文法上の間違った思い込み」によりそのように書き下ろしているからなのです。

最速でネイティブ並みになるのはリスニング力

関谷さんも以下の本で語っているのですが、「リスニング力は実は『リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング』という4つの英語技能のうち一番短期間でネイティブ並の力に近づけます」と言っています。

理由を「リスニングは受け身(passive、受動的)な学習でひとりでもできるので、続ければ飛躍的に伸びます」と述べていますが、本当にそうです。要は、ある段階までいくと、テレビや映画を垂れ流ししているだけで、楽しんでできるようになるのです。ぼくも、最近ではNetflixの洋画を垂れ流しにして、自然な英語を聞き取っています。これはもはや「息抜き」しながらできるのです。しかし、そのある段階にまで持ってくのが大変でした。この段階まで持っていくためにディクテーションをがっつりやる必要があります。

ではどうやるか?

Photo via Visual hunt

タイピングの練習にもなります。

Macユーザーならポッドキャストやインタビュー音声を、iTunesに同期して、iTunesで再生しながら手元のキーボードで文字起こしをするといいです。再生、一時停止も、ご存知簡単にできますね。WindowsユーザーならTranscribeという、文字起こしツールが素晴らしいです。ウェブブラウザで利用できる無料ツールで、音声をアップロードしたら、そこで再生し、文字起こしも同じ画面でできます。また、再生ボタンの割り当てもできます。そして起こされた文字は、その場ですべて自動保存されるのも安心ポイントです。

なのでTOEFL勉強に適用するならば、リスニング問題に特化した参考書を購入し(【CD3枚付】TOEFLテストリスニング問題190 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)など)、音声をiTunes または Transcribeにアップロードし、キーボードで一文一句すべて文字起こしする、という手順になります。これで10個、トランスクリプション作るだけでもかなり力はつくでしょう。

アルクが提供している1000時間ヒアリングマラソンなどで一気にガーッとやってしまうのも有効でしょう。レベルは高いですが、ヤバい経済学のポッドキャストもトランスクリプションがあるので、これで練習するのもいいでしょう。

朝の通勤・通学中に英語ラジオ「Freakonomics」がおすすめ
おはようございます。今日は、なぜか早起きです。 最近、通学中に聞いている英語ラジオがとてもいいので、おすすめします。 その名も「Frea...

以上です。

TOEFLのその他のリーディング、ライティング、スピーキングの勉強方法の記事は以下からどうぞ。

Sponsored
広告
広告

シェアする・後で読む

ブログの更新をメールで通知

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

※迷惑メールに振り分けられていないか確認をお願いします
※購読の停止はいつでもできます

関連記事