ポーランドでヒッチハイクを断念したのは格安バス「ポルスキバス」がとんでもねぇからです

シェアする・後で読む

こんにちは。チェコ共和国の首都、プラハより更新です。 これまでシベリア鉄道を経て北欧入りし、ストックホルムからフェリーでポーランド入りをしてグダンスク→ワルシャワ→クラクフ→プラハと移動してきました。

ヒッチハイクで欧州縦断!をあえなく断念

最初はヒッチハイクで欧州縦断!する予定でしたが、あえなく断念しました。 なぜって、ポーランドはヒッチハイクフレンドリーな国ではなかったのです…。 実際に、グダンスクからヒッチハイクを試みたのです。

そう、幸先は良かったんですよ。そして下車したガソスタで作戦会議。

いざボードを構えてヒッチハイク再開。 しかし、前回のようにつかまるわけがなく時間だけが過ぎていく。 1時間、2時間、3時間、場所を3回ほど変え、声をかけたり、ボードを隠してヒッチハイクしたり、「南へ」とポーランド語で書かれた紙を提示するも全く引っかからず。

そして限界を感じた僕は、ヤマシタに提案。Bla Bla Carかバスでワルシャワ入りを目指そうと。まだ間に合いそうだったので。

ポーランドでヒッチハイクの敗因

「スティーブアオキ砲」とは、マシタの髪型と髭面に激似のSteve AokiというDJのことで、グランスクでは多くの人に「Hey Steve Aoki!」と声をかけられていたのです。しかし、運転手にはそれも届かず。。 しかたなくBla Bla Carというカーシェアリングのアプリで配車をしてワルシャワに向かったのでした。

とんでもねぇ移動手段「ポルスキバス」を発見。

そうこの赤いバスがそのどんでもねぇ移動手段です。その名は、「ポルスキバス」。あのヨーロパの最安の格安航空会社Ryanairのポーランドのバス版ともいわれているこのバスは、そりゃもう格安でして。 例えば、GoEuroというアプリを使ってワルシャワからクラクフまで料金を調べると。。

なんとクラクフまでたったの約1300円しかしないんです。

格安だけじゃなくて設備もいいんです。

予約も簡単。

そしてとにかく赤い。

ポルスキバスの中はネットと電源があったので暇を持て余して、こんなことしていましたw

そうなんです、テーブル無いんですよ。

これは旅人には嬉しい。 そしてもちろんトイレも完備です。ヤマシタが動画中継しました。

こんな至れり尽くせりなバスをみつけてしまったので、以降、ワルシャワ→クラクフ→プラハの移動手段は、ポルスキバスにすることにしたのでした。 このバスはポーランドから国外行きなら利用可能ですが、逆はなくもちろんポーランド外の国間では運行していませんのご注意を! 東欧をまわるときは、クラクフを起点にしてポルスキバスにお世話になる方法が良さそうです。

ぜひ覚えておいてください。

Buy tickets online starting from 1 zł - take advantage of our promotions. Travel fast, cheap and comfortably. Bus travel - Poland & Europe. Welcome aboard!

関連記事

【保存版】海外旅行先のホテルを一番安く予約する方法と裏技
いろんなホテル予約サイトがありますが、結局どこも宿泊代金は似たり寄ったりだそうです。まずクーポン情報のある予約サイトを調べ→その後、横断検索サイトを利用するのが鉄板ですが、さらに裏技があるので紹介します。
海外旅行で最安の格安航空チケットを買う5つの方法と裏技
海外いきの航空券を検索できるサイトはいろいろあります。しかし、ありすぎて逆に何をどのように使ったらいいのかがわからなくなっていないでしょうか。今回は僕がスウェーデンから日本間のチケットを片道3万円以下で予約した方法を、5つのステップに分けて紹介します。
Sponsored
広告
広告

シェアする・後で読む

ブログの更新をメールで通知

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

※迷惑メールに振り分けられていないか確認をお願いします
※購読の停止はいつでもできます

関連記事