おすすめの本・映画

シェアする・後で読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 188

このページでは、当ブログ編集者の私が読んできた本やおすすめの映画を紹介しています。

読了した本や読書レビューの追加も随時更新していきます。

期間 : すべて
登録数 : 101 件
沖野 修也 / DU BOOKS (2015-01-09)
登録日:2017年02月01日
米田 智彦 / ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-01-26)
登録日:2017年01月24日
中野佳裕 , ジャン=ルイ・ラヴィル / コモンズ (2016-10-14)
登録日:2017年01月17日
出口 治明 / ポプラ社 (2016-01-13)
登録日:2017年01月05日
バーナード クリック / 法政大学出版局 (2011-09-08)
登録日:2016年11月30日
小玉 重夫 / 勁草書房 (2016-08-30)
登録日:2016年11月30日
岡本 裕一朗 / ダイヤモンド社 (2016-09-08)
登録日:2016年11月30日
Amazon (2016-07-20)
★★★★★ 登録日:2016年11月28日

もし、このKindleを留学前に持っていなかったら、
・ヘルニア再発しまくっていたでしょう。
・英語がもっとできなかったでしょう。
・進撃の巨人の最新刊が読めなかったでしょう。
・不眠症になっていたでしょう
・「エドワード・スノーデンって誰?」だったでしょう。
・成績が悪かったでしょう。
・岡本太郎に励まされていなかったでしょう。

今でも大事に使っています。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

シルバーストーン (2016-09)
登録日:2016年11月19日
「なぜスウェーデンの若者の政治意識は高いのか」の章を執筆しました。
岡本 太郎 / 青春出版社 (2013-11-25)
★★★★★ 登録日:2016年11月19日
何となくつまらなくなっている時の、メンテナンスに。
自分自身への期待を「裏切り続ける」というアンビバレントな勇気をあたえてくれる岡本太郎の言葉であふれています。
末木新 / 末木新 (2014-01-07)
登録日:2016年11月19日
友人の不幸がきっかけで読みました。
基礎的なことが多いように思いますが、きちんとまとまっています。
ニール・ ストラウス / パンローリング株式会社 (2012-08-07)
登録日:2016年11月19日
広井良典 / 筑摩書房 (2009-08-05)
登録日:2016年11月19日
高橋源一郎 , SEALDs / 河出書房新社 (2015-09-24)
登録日:2016年11月19日
古市憲寿 / 講談社 (2015-10-20)
登録日:2016年11月19日
松枝史明 / PHP研究所 (2004-12-02)
★★★★☆ 登録日:2016年11月19日
こちらの本は、ドイツのブロガーWSBIさんから勧められた一冊です。ちょうど、単行本を一冊出すことになり、これまではブログは書いてきましたが「本」書いたことがなかったので何か参考になる本はないか探していたのでした。さすがプロのライターが執筆しただけあって、この本自体がいい例になるとても読みやすくかつ実践的です。ブログライティングとは一味違う、表現の方法を知るにはもってこいです。
水木 しげる / KADOKAWA / 角川書店 (2015-03-25)
登録日:2016年11月19日
池田 信夫 / ダイヤモンド社 (2009-10-09)
登録日:2016年11月15日
神野 直彦 / 岩波書店 (2010-04-21)
登録日:2016年11月15日
堤 未果 / 岩波書店 (2008-01-22)
登録日:2016年11月15日
竹内 洋 / 中央公論新社 (2003-07)
登録日:2016年11月15日
恒吉 僚子 / 中央公論社 (1992-03)
登録日:2016年11月15日
宮田 律 / 集英社 (2001-06)
登録日:2016年11月15日
吉村 正和 / 講談社 (1989-01-17)
登録日:2016年11月15日
鈴木 隆祐 / 学習研究社 (2008-01)
登録日:2016年11月15日
川喜田 二郎 / 中央公論社 (1967-06-26)
登録日:2016年11月15日
阿部 謹也 / 講談社 (1997-05-20)
登録日:2016年11月15日
前山 亮吉 / 静岡新聞社 (2008-07)
登録日:2016年11月15日
ロナルド・ドーア / 中央公論新社 (2005-04-25)
登録日:2016年11月15日
内田 義彦 / 岩波書店 (1985-01-21)
登録日:2016年11月15日
E.H. カー / 岩波書店 (1962-03-20)
登録日:2016年11月15日
デイヴィッド シールズ , David Shields / 集英社 (2001-12)
登録日:2016年11月15日
養老 孟司 / 筑摩書房 (2005-12)
登録日:2016年11月15日
青木 保 / 岩波書店 (2001-07-19)
登録日:2016年11月15日
加藤 哲夫 / ひつじ書房 (2002-09)
登録日:2016年11月15日
米倉 誠一郎 / 岩波書店 (1999-11-19)
登録日:2016年11月15日
マイケル・サンデル / 早川書房 (2010-05-22)
登録日:2016年11月15日
佐々木 卓也 / 有斐閣 (2009-04)
登録日:2016年11月15日
外山 滋比古 / 筑摩書房 (1986-04-24)
登録日:2016年11月15日
ロジャー・ハート / 萌文社 (2000-10-10)
登録日:2016年11月15日
高橋 亮平 , 小林 庸平 / 現代人文社 (2008-10-30)
登録日:2016年11月15日
ジョセフ・ジャウォースキー , Joseph Jaworski / 英治出版 (2013-02-22)
登録日:2016年11月15日
サミュエル・P. ハンチントン / 集英社 (1998-06-26)
登録日:2016年11月15日
レグランド塚口 淑子 / ノルディック出版 (2012-02)
登録日:2016年11月15日
大澤 真幸 / NHK出版 (2011-01-06)
登録日:2016年11月15日
高島 昌二 / 晃洋書房 (2007-01)
登録日:2016年11月15日
シャッド・マルナ / 明石書店 (2013-07-23)
登録日:2016年11月15日
柏木 吉基 / 日本実業出版社 (2013-05-11)
登録日:2016年11月15日
クリエイツかもがわ (2011-10-25)
登録日:2016年11月15日
阿部 彩 / 岩波書店 (2008-11-20)
登録日:2016年11月15日
Qagemoto
登録日:2016年11月15日
飯田 卓 , 原 知章 / せりか書房 (2005-09)
登録日:2016年11月15日
宇都宮 京子 / ミネルヴァ書房 (2009-02)
登録日:2016年11月15日
伊藤 洋志 / 東京書籍 (2012-07-02)
★★★★☆ 登録日:2016年11月15日
なんとなく私たちの頭の中には仕事をするということは「毎月固定の給料が出る会社で働く」という考え方がありますね。しかしそうではなく、仕事はもっと多様で、もうなんでもいいから、仕事にしてしまえと、それで意外と食ってけるよ、ってことなんですね。しかも自分が得意で好きなことなら尚更、機会費用を考えると一石二鳥じゃないかと、著者は提案しています。「ナリワイ」は単に経済的にも楽になるだけでなく、新たな生き方を見出し、これまでみていた景色を変えてくれます。副職や転職、起業、開業、新しい食いぶちを探している全ての人の背中を押してくれる書です。
立石 京平 / リットーミュージック (2012-11-16)
★★★★☆ 登録日:2016年11月15日
仕事の合間を縫って、個人事業主として、例えば確定申告でしなければいけないことなどを確認していたとき読みました。この本は、「そもそも税金って何?確定申告って何?」という、初心者にいいです。フリーランスに限らず、何か事業をやる可能性がある人にとってもいいですよ。
大澤 真幸 / NHK出版 (2011-01-08)
登録日:2016年11月14日
大澤 真幸 / 岩波書店 (2008-04-22)
登録日:2016年11月14日
湯元 健治 , 佐藤 吉宗 / 日本経済新聞出版社 (2010-11-19)
★★★★☆ 登録日:2016年11月14日
北欧などの福祉国家は一昔前の社会主義国みたいなイメージがあり、経済成長なんて「水と油」かと思っていましたが、もうそうじゃないんですね。この相容れないと思われていた「高福祉・高負担・高成長」という3つの要素が共存するという「矛盾(パラドックス)」。その解明を試みようとうのが本書です。
マイケル・ムーア / ジェネオン・ユニバーサル (2010-05-26)
★★★★★ 登録日:2016年11月14日
空前の格差が拡大するアメリカ社会の闇の原理である「超資本主義」の闇を照らすドキュメンタリー。印象的だったのは、某大手金融会社の内部文書で、選挙の一人一票が社会変革の「脅威」だとされていたこと、奨学金を負担してまで入学した学費の高いアイビーリーグの卒業生が金融会社で学生ローン返済とあわせて消耗されていること、そして、戦後アメリカに再建されたドイツと日本にはある国民皆保険制度などの社会保障が整っており、アメリカにはその実現にはいたらなかったこと、など。傑作です。
サフィア・ミニー , ヴァンダナ・シヴァ /
★★★★☆ 登録日:2016年11月14日
今、世界中で猛威を振るわせている大手ファストファッション業界の闇に迫ったドキュメンタリーです。ファストフードのように服を買い回す先進国の消費者と、生死をわける劣悪な労働環境下の途上国の労働者。後半の、化学製品を用いたファストファッションが、身体にもたらす影響にはさすがに驚きました。これをみてから、あの安価なファストファッション店にいくこともためらうようになりました。
マイケル・ムーア / ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016-10-12)
★★★★★ 登録日:2016年11月14日
日本も、欧米といえばアメリカ、イギリスをフォローする傾向にあります。しかし、アングロ・サクソン系の国とそれ以外のヨーロッパや北欧は大きく異なります。だから、日本人もこの映画をみると「そうだったのか!」となりますし、スウェーデンの話をすると「目から鱗だった」という人が多いのは、やはり「ヨーロッパ」のことを知らないからです。「ヨーロッパ社会事情の入門編」としておすすめです。
児美川 孝一郎 / 筑摩書房 (2013-06-05)
★★★☆☆ 登録日:2016年11月14日
「正規vs 非正規雇用」っていう構図では、ますますキャリアに対する見通しが暗くなる。
本書ではそのことも含めた社会の在り方についての議論はしなかったけども、読んだいち若者としては妙な無理ゲー感と「キャリア教育」の嘘っぱち度は整理できました。「やりたいことをやって生きていきましょう!」という一面的な見方にメスを入れたい方はぜひ。
パウロ・フレイレ / 亜紀書房 (1979-05-30)
登録日:2016年11月14日
ケンジステファンスズキ / 合同出版 (2008-02)
登録日:2016年11月14日
奥村 隆 / 有斐閣 (2014-12-13)
登録日:2016年11月14日
佐藤 学 , 北村 友人 / 明石書店 (2009-04-03)
登録日:2016年11月14日
田中 治彦 , 萩原 建次郎 / 東洋館出版社 (2012-04-14)
登録日:2016年11月14日
アーネ リンドクウィスト , ヤン ウェステル / 新評論 (1997-05)
登録日:2016年11月14日
宮本 みち子 / 洋泉社 (2002-11)
登録日:2016年11月14日
宮本 みち子 , 奈良 由美子 / 放送大学教育振興会 (2015-03)
登録日:2016年11月14日
マーヴィン・ワイスボード , サンドラ・ジャノフ / ヒューマンバリュー (2009-05-14)
登録日:2016年11月14日
ダイアナ ホイットニー / ヒューマンバリュー (2006-09-22)
登録日:2016年11月14日
ギデオン・クンダ , 金井 壽宏 / 日経BP社 (2005-08-26)
登録日:2016年11月14日
舘岡 康雄 / 新曜社 (2006-04)
登録日:2016年11月14日
小玉 重夫 / 白澤社 (2003-11)
登録日:2016年11月14日
P・F. ドラッカー , G.J. スターン / ダイヤモンド社 (2000-12)
登録日:2016年11月14日
斎藤 兆史 / 中央公論新社 (2000-05)
登録日:2016年11月14日
タルヤ ホンカネン , ヘイッキ マルヨマキ / 明石書店 (2011-04-15)
登録日:2016年11月14日
トニー・ジャット / みすず書房 (2010-10-22)
登録日:2016年11月14日
イケダ ハヤト / KADOKAWA / 中経出版 (2013-06-27)
登録日:2016年11月14日
イアン・K. クロンビー / 金剛出版 (2007-09-25)
登録日:2016年11月14日
Tony Judt / Penguin Books (2010-03-18)
登録日:2016年11月14日
グレン・グリーンウォルド / 新潮社 (2014-05-14)
登録日:2016年11月14日
関谷英里子 / 祥伝社 (2013-04-01)
登録日:2016年11月14日
苫野一徳 / 講談社 (2014-03-20)
★★★★★ 登録日:2016年11月14日
これまで「若者政策」や「シティズンシップ教育」、「ユースワーク」というキーワードで色々学んできましたが、このどの言葉も使わないで市民参加型の民主主義社会の礎となる、教育のあり方に通じる考え方を論じている本でした。
稲葉陽二 / 中央公論新社 (2011-11-25)
登録日:2016年11月14日
中山元 / 筑摩書房 (1996-06-20)
登録日:2016年11月14日
大澤 真幸 / KADOKAWA / 角川書店 (2014-08-10)
登録日:2016年11月14日
東浩紀 / 幻冬舎 (2014-08-01)
登録日:2016年11月14日
ケリー・マクゴニガル / 大和書房 (2012-10-18)
登録日:2016年11月14日
伊藤洋志 / 東京書籍 (2012-07-02)
登録日:2016年11月14日
村井誠人 / 明石書店 (2009-05-01)
登録日:2016年11月14日
モーリー・ロバートソン / ブックウォーカー (2013-03-28)
登録日:2016年11月14日
佐々木俊尚 / 佐々木俊尚 (2015-06-09)
登録日:2016年11月14日
おときた駿 , 4人のギャル男たち / ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016-06-16)
登録日:2016年11月14日
三浦 展 / 光文社 (2012-02-10)
登録日:2016年11月14日
ちきりん / イースト・プレス (2013-12-20)
登録日:2016年11月14日
山田ズーニー / 河出書房新社 (2012-04-04)
★★★★★ 登録日:2016年11月14日
実はぼくは、山田ズーニーさんのことは、大学受験に失敗した18歳の時から知っていました。進路の決め方に疑問を持っていたぼくは、山田ズーニーさんの「大人の進路教室」をポッドキャストで聞いて、この「意志ある選択」という言葉に出会い、中学の時の国際交流の経験を軸にして進路を決めたのでした。今でも、岐路に立ったら読み返します。
一生、読み続けていきたいです。
竹崎 孜 / あけび書房 (2005-09)
登録日:2016年11月14日
堤 未果 / KADOKAWA / 角川書店 (2016-04-09)
登録日:2016年11月14日
日本財団子どもの貧困対策チーム / 文藝春秋 (2016-09-21)
登録日:2016年11月14日

Sponsored
広告
広告

シェアする・後で読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加